これで安心!赤ちゃんとの旅行での持ち物リスト一覧

赤ちゃんと旅行に行くときは、何を持っていけばいいか悩みますよね。ここでは、必須アイテムはもちろん、あると便利なグッズをご紹介しますので、赤ちゃんと旅行するときの持ち物リストとして使用してみてください。また、荷物の減らし方の工夫についても触れているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

必須アイテム

最初に、必須アイテムについてご紹介します。

  • □着替え、おむつ、おしりふき
  • □健康保険証、母子手帳
  • □ビニール袋
  • □粉ミルク(必要に応じて)
  • □離乳食(必要に応じて)
  • □おむつ替えシート(使い捨てできるとベスト)

大人でさえ、実際に旅行してみて、「これが足りなかった!」となることは多いですよね。赤ちゃんに必要な持ち物は量や種類が多いのに加えて、衛生面でも注意しなければなりません。普段は気軽に手に入るものでも、旅行先で購入できるとは限らないので、念入りに準備しておきましょう。それでは詳しく説明します。

着替え、おむつ、おしりふき

赤ちゃんは、環境の変化によっていつもより多めに汗をかいてしまうことがあります。また、授乳(ミルク)や排せつのときに衣類を汚してしまうことも多いでしょう。そのため、普段よりも着替えを多めに持っていくことをおすすめします。また、外や宿泊施設内の寒暖差に対応できるように、厚手から薄手のカーディガンや肌着や下着を用意しておくといいでしょう。宿泊施設によっては、赤ちゃん用の衣類を置いているところもありますが、置いていない可能性が高いです。事前に調べておいて、置いていない場合は、部屋でくつろげる衣類を持って行ってあげることも大切です。

健康保険証、母子手帳

忘れてはいけないのが、健康保険証と母子手帳です。赤ちゃんは、旅行先や、移動中に急に体調を崩してしまうことがあるからです。さらに、お薬手帳・常備薬があれば、持ち物に加えましょう。すぐに診てもらえそうな病院をチェックしておくことも欠かせません。また、日頃の様子や前日の体調面などを、医師に伝えられるようにしておきましょう。いざというときのために、冷却シートや体温計、イオン飲料を準備しておくと発熱時や熱中症対策が必要な時に役立ちます。

ビニール袋

スーパーのビニール袋のような、透けにくく大きいビニール袋も必須アイテムです。使用済みのおむつを持ち歩いたり捨てたりするときに、ビニール袋があると役立ちます。赤ちゃん向けサービスが充実している宿泊施設以外では、おむつ用のゴミ箱は用意されていないことが多いので、ゴミ袋に入れて出す必要もあります。ビニール袋は、ごみ袋としての用途以外にも、移動中のおもちゃにもなります。膨らませたり、カシャカシャ音を出して遊んであげたりすると、赤ちゃんも喜びます。

粉ミルク(必要に応じて)

ミルクのみ飲ませている場合や、母乳とミルクを混合で飲ませている場合、赤ちゃんは旅行先で飲み慣れたミルクしか飲みたがらない可能性があります。そのときのために、いつも飲んでいる粉ミルクを小分けにして、多めに持って行った方が安心です。もともと小分けにされて売っているものを利用するのもよいでしょう。

離乳食(必要に応じて)

離乳が進み、離乳食を食べるようになっている場合は、旅行先で手に入るものを買って食べさせるよりも、普段から食べ慣れているものを持って行く方が安心です。

おむつ替えシート(使い捨てできるとベスト)

万が一、おむつ交換台が汚れていたときのために、使い捨てのおむつ替えシートを用意しておくといいでしょう。たとえ汚れていなくても、衛生面で安心できるというメリットもあります。また、おむつ替えのときに交換台などを汚す心配もなくなります。おむつ替えシートの代用品としては、バスタオルや、授乳用ケープ、ふとんシーツ、ペットシーツなどもあります。わざわざ購入したくないという方や、持っていくのを忘れてしまった場合は、代用品でも大丈夫です。

あると便利なグッズ

次に、移動するときに必要なグッズや、持って行くと安心な持ち物をご紹介します。

  • □音が鳴らない長時間遊べるおもちゃ
  • □ボディーソープやスキンケア用品
  • □車移動ならサンシェード
  • □離乳食用のスプーン

以下で、詳しく説明します。

音が鳴らない長時間遊べるおもちゃ

車で移動するときはにぎやかにしても大丈夫ですが、電車やバスで移動するときは、他の乗客への配慮が必要です。そこでおすすめできるのは、音が鳴らない長時間遊べるおもちゃです。布製のしかけ絵本のように、あまり荷物にならなくて、散らばらないものがいいですよね。移動時間が長い場合は、いくつか持って行くとよいでしょう。新しいおもちゃを取っておいて、旅行のときに出してあげると、赤ちゃんが退屈せずに遊べます。ただ、お気に入りのものがある場合は一緒に持って行ってあげてくださいね。

ボディーソープやスキンケア用品

赤ちゃんの肌は、とてもデリケートです。ボディーソープやスキンケア用品は、普段使っているものにしましょう。旅行先にある薬局などで取り扱っていない場合もあるので、小分けにして持っていくと安心です。赤ちゃんと一緒に温泉に入る予定のある方は、肌荒れ用のクリームやローションを持っていくこともおすすめします。赤ちゃんの肌に温泉が合わなかったときに、すぐに対処できるようにしておきましょう。

車移動ならサンシェード

車で移動する場合は、赤ちゃんのためにサンシェードを用意してあげるとよいでしょう。長時間の移動は赤ちゃんにも負担がかかるので、車内での時間を快適に過ごせるようにしてあげましょう。サンシェードは、窓ではなくドアなどに直接取り付けて、サンシェードを付けたまま窓を開けて換気ができるタイプを選ぶのがおすすめです。赤ちゃんが車酔いしてしまうといけないので、日差しを遮りながらも、できるだけ換気してあげましょう。赤ちゃんが喜びそうなキャラクターものや、カラフルなサンシェードにしてあげてもよいかもしれません。

離乳食用のスプーン

離乳食用のスプーンは旅行先で用意されていないことが多く、用意されていても使いづらいことがあります。慣れているスプーンで、スムーズに食べられる方がよいですよね。洗剤とスポンジを一緒に持参するようにすれば、宿泊施設で洗うことができるので、清潔さを保てます。ただし、6ヶ月未満の赤ちゃんが使う哺乳瓶や食器類は、こまめに消毒した方がよいので、注意が必要です。

荷物の減らし方

赤ちゃんとの旅行は、荷物が多くて大変ですよね。そうは言ってもどれも必要なものが多く、なかなか減らせないかと思います。そういうときは、ちょっとした工夫をしてみましょう。ここでは、荷物を減らす方法をご紹介します。

かさばる荷物は事前に宿泊施設に送っておく

かさばる荷物を事前に宿泊施設に送っておくと、飛行機や電車やバスでの移動が楽になります。予備の着替えやおむつ、旅行先で使うおもちゃなどは、行きも帰りも宅配便を活用すれば、かさばる荷物を持たずに移動できます。ただし航空機による輸送が必要な場合は、配送できない物もあるので、事前によく調べてから送ることをおすすめします。

旅行先で確実に買えるものは、旅行先で買う

旅行先に大きな薬局やスーパーなどがある場合は、おむつやおしりふきなどを旅行先でも買える可能性が高いです。万が一普段使っている商品がなくても、他の商品でも問題がなさそうなら、旅行前に無理に買いこまず、旅行先で現地調達する方法も考えられるでしょう。ほかにも赤ちゃん向けのサービスが充実した宿泊施設を選んでおくと、おむつなどがそろっていることが多いため、荷物を減らすことができます。有料のものもありますが、無料で提供してくれる所もあるので、確認してみてくださいね。

まとめ

せっかくの旅行ですから、赤ちゃんと一緒に楽しみたいですよね。赤ちゃんを連れて行くこと自体も、持ち物が多いことも大変ではありますが、工夫次第でいくらでも快適な旅行になります。赤ちゃんと楽しい旅行の思い出をたくさんつくってくださいね。

関連記事