こどもが喜ぶ旅行はコレ!オススメのスポットを紹介

こどもと一緒に旅行に行くとなると、「いったいどこに行けばよいのか、なかなか思いつかない!」という方も多いかもしれません。家族みんなが旅行を楽しむためには、日帰り旅行であっても、宿泊を伴う旅行であっても、観光や食事など、大人のやりたいことばかりを優先するのはおすすめしません。プランニングをするときは、こどもが喜ぶような場所に立ち寄ることがポイントになります。この記事では、どこに旅行し、どんなことをするとこどもは喜ぶのか、アイデアをお伝えしていきます。

実は、体を動かしたいなら「屋内スポーツ施設」がおすすめ

「せっかくの旅行だから、こどもには元気いっぱい体を動かして遊んで欲しい」と思う方は多いのではないでしょうか。すぐに思いつくのは、自然のある環境での遊びだと思います。ですが、そんな方におすすめしたいのは、屋内スポーツ施設での遊び。こどもも親も納得の、屋内スポーツ施設の魅力を紹介していきたいと思います。

屋内スポーツ施設は、遊具がとても魅力的

最近の屋内スポーツ施設は、こどもがよく遊び、学ぶための仕掛けや工夫が多く凝らされているものがあります。ただ楽しいだけでなく、こどもの教育や成長を念頭においた施設も登場し始めています。カートやボールプールなど、屋内施設ならではのカラフルでスケール感のある遊具は、こどもの好奇心をかきたてますし、家では絶対できない体験ができます。旅行ならではの特別感も楽しめるに違いありません。

天候に左右されないのも、旅行では大事

当然のことですが、屋内施設は天候の影響を受けることがありません。日常の公園遊びならまだしも、せっかくの旅行です。天候のせいで台無しになってしまうことは避けましょう。小さな気配りですが、旅行プランを考える時点でこういった点を検討できると、こどもが喜ぶ確率もきっと上がるでしょう。せっかく組んだ予定を調整し直すような必要もなくなるのが、屋内スポーツ施設の大きなメリットです。
ここからは最近話題の親子で利用できるスポーツ施設をいくつかご紹介します。

トランポリンのあるスポーツ施設

日常生活ではトランポリンを体験することはめったにできませんが、専用施設なら思う存分楽しむことができます。ただトランポリンを使って飛び跳ねるだけでなく、ドッジボールやバスケットボールなどほかのスポーツとトランポリンを組み合わせた遊びが体験できる施設もあります。小さなこどもでも安心して楽しめるよう、小さなこども限定エリアがある施設もあり、大人からこどもまで飽きずに楽しめる工夫が盛りだくさんです。

ボルダリングを体験できるスポーツ施設

木登りが大好きなこどもに対して、日常生活では危ないために禁止せざるを得ない場合があります。でもこどもが何かに登りたいと思うのは自然なこと。そんなときはボルダリングを親子で体験してみてはいかがでしょうか。ボルダリングは壁に埋め込まれたホールドと呼ばれる石に手足をかけながら壁を上までよじ登っていくスポーツです。木登りは落下すると怪我をするリスクがありますが、ボルダリング施設では床が柔らかかったり、ハーネスと呼ばれる安全ベルトの一種を着用できたりと、安全な工夫がされています。こども用の比較的簡単に登れる壁が用意されている施設もあるので、ぜひ一度親子で遊びに行ってみませんか。

動物園でかわいい動物と触れ合う

動物好きなお子さんは多いと思います。そんなお子さんなら、かわいい動物と触れ合えたらすばらしい思い出になります。続いて動物園の魅力をご紹介します。

動物たちの名前を確認しながら歩いてみよう

動物園は、こどもの知的好奇心を育むのにぴったりの場所です。「可愛い!」「かっこいい!」など、動物の見た目だけを楽しむのではなく、興味を持った動物について、一緒に名前を確認しながら園内を回ってみることもおすすめです。名前や、展示されている各動物の生態についてのわかりやすい説明が用意されていることが多いので、見学をしながらいろいろな会話をして、こどもたちの好奇心を刺激してあげましょう。

ふれあいコーナーの動物たちと触れ合おう

動物園では、直接動物と触れ合えるコーナーがあることも大きな魅力です。直接抱っこしたり、餌をあげたり、体感できるような機会が多く用意されています。日頃、動物に触れるチャンスがなくても、こうした場所で生き物に直に触れ、心臓の鼓動やぬくもりを感じることで、命の大切さを感じることができます。動物園毎に、季節に合った催しや、工夫を凝らしたさまざまな体験イベントも用意されているので、親子で楽しみたいもの、お子様が好きなものを比較しながら探してみて下さい。
ここからは、子連れで利用しやすい動物園のポイントをご紹介します。

公園や遊具併設型の動物園

どんなに動物好きのこどもでも、動物ばかり見ていては飽きてしまうことがあります。そんなとき、自分で体を動かせる遊具や公園が併設されていると、こどもが自由に遊べるだけでなく、大人もベンチなどで休息を取ることができます。

無料で楽しめる動物園

家族が多いと、レジャー施設の入場料が思った以上に負担になることもあります。全国の動物園のなかには、公営であるなどの理由から無料で運営されている動物園もあるので、ぜひ利用してみましょう。無料だからといって設備が整っていないということはなく、小さなこども連れには嬉しいおむつ交換台や授乳室がある動物園もあります。

水族館で海の生き物を観察しよう

「海の生き物を見たい!」とこどもに言われたら、どこへ行きますか? 川や海辺で魚を取ることもできますが、定番はやはり水族館でしょう。水族館ほど、多くの海の生き物を見られる場所はほかになかなかありません。

大きな水槽で美しい海の生き物に出会う

水族館では、美しい海の生き物を間近で見ることができます。その醍醐味と言えば、やはり大きな水槽の存在です。自然の海を体現したようなスケール感や、多種多様な生き物たちの生活をじっくり見ることができる大水槽は圧巻です。水族館によっては、サメやエイといった珍しい生き物の共存を見ることができるところもあります。圧倒的なスケール感や多彩な魚の生活を見れば、自然とこどもとの会話も弾むはずですし、こどもも飽きずに生き物たちの魅力に引き込まれていくことでしょう。

大迫力のショーは見逃せない

水族館の見どころといえば、賢い生き物たちのショーを外すことはできません。迫力のイルカショー、思わず笑顔になってしまうアシカショー、ベルーガショーなど、水族館によってプログラムはさまざまです。規模や派手さ以外の魅力もたくさんあります。ショーを演じてくれた動物たちと実際に触れあえるようなプログラムも多くありますし、海の動物たちに関するトレーナーの解説にもユーモアが多くちりばめられており、親子ともに笑顔で楽しめるチャンスがたくさんあるはずです。

水族館をもっと楽しむためには?

ここからは、こどもと一緒に水族館をもっと楽しむためのポイントをご紹介します。

親子で事前に見られる生き物を予習しておく

いざ水族館に行き、知らない生き物ばかりだと、感動も薄れてしまいがちです。事前に本や動画を通して、その水族館で見られる生き物について学んでおけば、より一層親子で盛り上がることができるでしょう。きっとお気に入りの魚や生き物が見つかるはずです。

貴重な生き物が見られる水族館を選ぶ

せっかく親子でお出かけするなら、大人もこどもも楽しめる水族館に行きましょう。こどもは初めてでも、大人が見たことのあるような水族館だと、一緒になって生き物に興奮することができません。だからこそ、大人も存分に楽しむために、今まで見たことのない、貴重な生き物が見られる水族館を選んで行きましょう。きっと童心に帰って夢中になれます。

まとめ

こどもが喜ぶおすすめのスポット、その魅力についてご紹介してきました。皆さんは最近、こどもと一緒に出かけていますか? これはいいかもしれない! とヒントを得て頂きましたら、ぜひ家族でこどもを連れて旅行に出かけてみてください。今回ご紹介した3つのスポットは、いずれもこどもがドキドキ・ワクワクできる施設です。こどもを連れて行ったら、喜んでくれること間違いなし! きっと、家族のすばらしい思い出になると思います。

関連記事