普通のホテルじゃ物足りない! こどもが楽しめるホテル・宿の選び方

家族旅行で訪れたい旅行先は決まったけれど、こどもを喜ばせるために、どんな宿泊施設に泊まれば良いか迷うことはありませんか? 魅力ある宿を選んで、こどもの満足度もアップしましょう。この記事ではこどもが楽しめるホテル・宿の選び方をご紹介します。

ユニークな「部屋」から考える、こどもが喜ぶホテル選び

まずはこどもが喜ぶ「部屋」を目的にしたホテル選びのヒントになるようなホテルの例をご紹介していきます。

1. 帰りたくない! こどもが喜ぶワクワクする「お部屋」があるホテル!


2段ベッド付きのこども部屋と謎解きにチャレンジできるホテル

すべての部屋に「TVと2段ベッドを備えたこども部屋」があるホテルがあります。2段ベッドを家で体験できないこどもにとっては、宿泊先で冒険気分と非日常感を満喫できます。また、この客室では探検気分で謎解きにチャレンジすることができるようです。客室の中にある暗号を解くことで、こども部屋の中にある宝箱を開けてグッズを持ち帰ることができる仕掛けもあります。

部屋の中にキャラクターがたくさん待ち受けているホテル

こどもが好きなキャラクターは何でしょうか? ホテルによっては、客室内にたくさんのキャラクターが待ち受けているホテルがあります。キャラクタールームは、内装・ファブリックなどに至るまで、特定のキャラクターの世界観が表現してあるお部屋です。そして、キャラクターごとにいくつかのバリエーションが用意されていることもあり、好きなキャラクターがいるこどもならもう一度来たくなってしまうはずです。

広い客室でボルダリングが遊べるホテル

最近のトレンドスポーツの一つ「ボルダリング」で遊べるホテルがあります。ゆったりした広さを誇る大きな客室内に、こども向けにボルダリングの壁が設置されているようです。床から天井に近いところまでの大きさがあり、室内にいながら、のびのびと運動を楽しむことができます。段差が少ない広い洋室タイプですから、幼児期から小学生のこどもまで安心して楽しめる客室です。こども用トイレが併設されたトイレスペースも広々としています。

2. 部屋にキッズアメニティが用意されているホテルも!

部屋にキッズアメニティが用意されているホテルもあります。ママ・パパの分だけではなく、自分専用の小さな歯ブラシやスリッパなどがあると、こどもも一人前の気持ちになれるものです。洗面台にはこども用の踏み台があるので、一人で歯磨きにチャレンジするきっかけになるかもしれません。

美味しく! 楽しく! 「食事」から考える、ホテル選び

大人にとってもこどもにとっても美味しい食事は旅行先での楽しみです。ここからは、そんな「食事」から考えるホテル選びをご紹介します。

1. 大好物が好きなだけ食べられる「キッズバイキング」があるホテル

大好物を好きなだけ食べられる「キッズバイキング」を用意しているホテルに行ってみましょう。キッズバイキングのコーナーで料理が並ぶテーブル台は、こどもの背丈に合わせてあり、自分で好きな料理を取ることができます。赤ちゃんのために離乳食やこども用の麦茶も用意されており、家族皆で食事を楽しむことができます。そして、お祭りの屋台でおなじみの「わたあめ」が食べられ、食事が一層楽しくなります。スタッフがフワフワのわたあめ作りを手伝ってくれます。

2. 家では実現できない食事体験ができる宿泊施設!


朝食のピザ作りや、パン作りが体験できる宿

ご当地グルメの他に、家では実現できない食事体験ができる宿もあります。朝食のピザ・パン作りが体験できる宿では、宿のシェフが直々にレクチャーしてくれる手作りパン教室も開かれており、「湯だねパン」を作ることができます。焼き上がるまでの間は、香ばしい香りを楽しみ、周囲の自然を眺めながらゆったりとした時間が流れます。作ったパンは持ち帰ることもできます!

こどもでも本格的な和食膳が楽しめる宿

こどもに和食の良さを伝えるべく、こども向けの和食膳の提供を始めた宿があります。こどもが本格的な和食膳を楽しめる機会はなかなかありません。素材・出汁へのこだわりはもちろん、扱う食器も九谷焼や山中漆器と、本物であることにこだわっています。通常のこども向けの食事ではなかなか味わえない、本格的な味や季節感はこどもにもその良さが伝わるかもしれません。こどもにとって楽しく美味しく忘れられない思い出になるでしょう。

バイキングでオリジナルキッズ弁当が作れるホテル

こどもが楽しく食事をできるように、ユニークな食事体験メニューを取り入れているホテルもあります。あるホテルのバイキング形式のレストランのキッズコーナーでは、バイキング形式で選んだ料理を詰め込んで「オリジナルキッズ弁当」を作ることができます。さまざまな料理が並べられているカウンターはこどもの背丈に合った高さなので、安心して料理を選んでもらうことができます。色とりどりのお弁当箱に好きな料理を詰め、完成したオリジナルのお弁当と写真を撮れば、忘れられない一枚になることでしょう。

体験で思い出をたくさんつくる! 普段体験できない「アクティビティ」から考える、ホテル選び

ここからは、宿泊しながら楽しいアクティビティや珍しい非日常的な体験が楽しめるホテル選びをご紹介しましょう。

1. 思い切り体を動かして遊べる施設があるホテル


定番! プールがあるホテル

宿泊施設内のプールで楽しむことを旅のメインイベントとするのも一つのアイデアです。天候に左右されずに通年楽しむことができますし、体を休めたくなったらすぐに部屋に移動することもできます。ホテルを選ぶ際には、こどもの年齢に合ったプールや設備があることを事前に確認しておくと良いでしょう。具体的には、未就学児ならば水深が浅いプール、小学生以上のお子様であればウォータースライダーなど少しアクセントのあるアトラクションがあるとより一層楽しめます。

キッズルーム完備のホテル

旅先で出会う困りごとの一つに、悪天候があります。観光地やアウトドア体験など屋外がメインであればあるほど、天候のリスクは高くなります。このような場面を想定して、こどもが大好きな遊具や設備が整ったキッズルーム、キッズスペースが完備されたホテルを選ぶことで、晴れていても雨の日でもこどもが存分に楽しめる機会を用意することができます。

2. 非日常的なアクティビティが体験できる宿!


サル、ヒツジ、ブタなどたくさんの動物とふれあえる宿

動物が大好きなこどもであれば、動物とのふれあいのチャンスはとても貴重なものです。次の家族旅行では、かわいい動物たちとの自然の中でふれあえるコテージをチョイスしてみてはいかがでしょうか? 日中は、動物にえさやりをしたり、ガイドツアーに参加したり、季節によっては味覚狩りにチャレンジすることもできます。夜はシャワー・トイレ完備のコテージでゆっくり家族の時間を過ごしましょう。

思い出に残る焚き火を囲んで星空観察できるホテル

こどもの思い出に残るような夜のアウトドアとして焚き火や星空観察はいかがでしょうか? ホテルによってはこどもが参加できるプログラムとして、澄んだ空気の冬に、焚き火を囲んで満点の星空ウオッチングができる機会を提供しています。温かいドリンクと焚き火で焼いたおやつを手に、身体を暖めながら星空を眺めてみましょう。家族にとって忘れられないひとときになりそうです。

魅力あるホテル選びでこどもの満足度もアップ!

いかがでしたでしょうか? ユニークな「部屋」、美味しくて楽しい「食事」、普段体験できない「アクティビティ」という3つの視点から考える、こどもが楽しめるホテル選びをご紹介しました。家族旅行だからこそ、こどもが楽しめるホテルを選びたいものです。旅行の計画を立てる際にぜひ参考にしてみてください。

関連記事