夏休みの旅行に行くならここ! 穴場スポットで、特別な思い出をつくろう!

夏休みの予定はもうお決まりでしょうか。夏休みに家族で人気の観光地を訪れた結果、たくさんの人で混み合って、ゆっくり過ごせなくては残念です。そこで今回は、夏休みの穴場スポットをご紹介し、家族揃って素敵な思い出を作る方法をご紹介します。

混雑回避の穴場は、大自然系スポットにあり?

夏休み期間中の観光スポットは、どこも家族連れなどで混雑してしまいがちです。そこで、人気の旅行先を把握して避けること、そして自然豊かな場所を中心に調べることで、ゆったりとした家族の時間を過ごすことができます。

1.人気の旅行先は要注意、事前チェックを

家族とゆっくり過ごすことが夏休みの目的ならば、混みそうな人気の観光スポットは避けたいところ。まずは、人気の旅行先がどこなのかを把握しましょう。ユニークなリサーチ方法ですが、多くの人が訪れそうな観光スポット、テレビや雑誌などで話題となっている場所を日頃からチェックしておけば、リラックスしたい時のお出かけ先候補から外すことができます。

2.自然豊かなスポットに焦点を当ててみよう!

自然に囲まれた観光地は、広さがあるため混雑は比較的起きにくいものです。中でもおすすめは、夏の暑さをしのげる森林や、湖の近くです。自然にあふれた場所で、周りの観光客の目を気にすることなく、こどもものびのび普段見慣れない動植物と触れ合うことができます。ハイキングや散歩は家族の会話が増える場面でもあるため、日頃はなかなかこどもと話す時間を取れない方も、貴重なコミュニケーションの機会になるはずです。

穴場スポット1 避暑と同時に癒し効果も! 森林浴ができる場所

自然に満ちた場所のなかでも、森林浴ができるスポットは特におすすめです。森林浴は特別な道具も必要なく、リラックス効果があると言われているため、手軽に気分をリフレッシュできるからです。

1.穴場として、森林浴をおすすめしたい理由

実は森林浴は日本発祥の文化であり、今では海外でも「Shinrin-Yoku」と呼ばれて高く注目されています。ここでは森林浴を楽しむことのメリットをご紹介します。

心身共に健康になれる

森林浴には以前から高いリラックス効果があると言われ、最近ではその効果を科学的に立証しようという研究もされています。森林を歩く、森林でヨガをするなどのアクティビティを通したセラピーも多く行なわれており、森林浴はアメリカや中国など海外でも注目を集めているようです。もちろん、森林浴をするなかではウォーキングをすることにもなるので、普段の運動不足を解消することもできます。

家族団らんの時間になる

森林浴はゆったりとした時間を家族全員で楽しめるアクティビティです。非日常的な光景が広がる環境で、珍しい動植物を発見したり、綺麗な景色に見とれたりするなかで家族の会話が一層はずむでしょう。森林浴には特別なグッズや服装を揃えておく必要がない点も、ママ・パパには嬉しいポイントです。何もなくとも自然の中には遊び道具がたくさんあります。こどもが何か見つけたら写真を撮っておいて、帰宅してから色々調べてみるのも楽しみの一つです。

2. 森林浴のおすすめスポットは?

休暇を過ごすのにぴったりな森林浴。人波を避けて大人もこどもものびのびと過ごせるおすすめスポットをいくつかご紹介します。

白神山地

青森県から秋田県にかけて広がる山岳地帯である「白神山地」は、家族で過ごす休暇にぴったりの場所です。手つかずの豊かな緑が残されているブナの原生林は、日本で初めて世界遺産に登録された場所でもあります。約13万ヘクタールにも及ぶブナ林は、映画「もののけ姫」の制作に際しても参考にされたことで有名です。広大な山地のため、訪れる際はどこのスポットに行くのか、あらかじめ目星をつけておくのが良いでしょう。
いくつかの散策コースがありますが、そのなかでも特におすすめなのは「青池」を見ることのできる十二湖散策コースです。厳しい上り下りがない上、足元も整備されているところが多く、1時間半程度で回れるコースのため、家族一緒に散策するには最適なコースです。「青池」は非常に透明度の高い池であるため、コバルトブルーに輝いて見えます。季節や時間によっても見え方が変わるため、その変化を求めて何度も訪れる方が多いようです。

西沢渓谷

山梨県に位置する西沢渓谷は、大きな花崗岩が侵食されてできており、原生林を流れる渓流がいくつもの神秘的な滝を作っています。季節によってさまざまな景色を見せてくれる西沢渓谷ですが、夏には青々とした森林とすぐ近くに流れる滝の音に癒やされます。少し傾斜があったり、ぬかるんでいたりするところもあるため、こどもを連れて行く際には歩きやすいトレッキングシューズを履くようにしましょう。滝が多いため、橋を渡ったり、水辺を歩けたりと、普段できない体験を家族揃って味わうことができます。西沢渓谷の入り口には道の駅のほかに市営の無料駐車場などもあり、アクセスも良好です。

穴場スポット2 のんびり静かに楽しめる湖

夏休みの穴場スポットとして、湖があります。夏というと真っ先に思い浮かぶのが海ですが、夏の旅行をのんびりと過ごしたいのであれば、海よりも湖の方が何倍も楽しめるのです。その理由とおすすめのスポットをご紹介します。

1.穴場として、湖をおすすめしたい理由

なんといっても湖は海より落ち着いており、のんびりと過ごせます。湖をおすすめする理由は3点あります。

湖水浴ができる

湖水浴という言葉を耳にすることは少ないかと思いますが、実は泳ぐことのできる湖はたくさんあります。海のように海水でベタついたり、細かい砂が携帯電話に入ったりするなどの心配がないため、気持ちよく過ごせます。また、人で溢れる海と異なり、ゆっくりした時間を過ごせます。

アクティビティが多くある

湖ではボートやスタンドアップパドルボード、遊覧船に乗るなど、たくさんのアクティビティがあります。海では波があって挑戦できないようなアクティビティも、湖では安心して取り組むことができます。

キャンプができる

湖の周りには、コテージやキャンプ場が併設されているところも珍しくありません。そのため、そのままテントに泊まることやBBQを楽しむことなどができます。

2.湖のおすすめスポットは?

湖の中でもおすすめなのが「琵琶湖」です。琵琶湖は滋賀県に位置する日本一大きな湖で、対岸が見えないほど大きいため、まるで海のようにも見えます。水の透明度も高く、たくさんのアクティビティが楽しめます。面積が広いため、都市部から10分ほどでアクセスできる大津市や、湖に浮かぶ鳥居をスタンドアップパドルボードでくぐれる高島市など、家族に合わせた旅行先を選べるのも魅力です。

気になる夏休みの穴場スポットは見つかりましたか?

今回は夏休みの穴場スポットをご紹介しました。上記で紹介できたのはほんの数ヶ所ですが、日本には素晴らしい場所が他にもたくさんあります。旅行は、どこへ行くかと同時に、誰とどんな時間を過ごすのかがとても重要となってきます。せっかく家族で過ごす夏休みならば、みんなでゆったりできる場所を探して、密度の高い時間を過ごしてみてはいかがでしょうか? 事前準備と早めの予約をしっかりして、良い休暇をお過ごしください。

関連記事