こどもの誕生日、どう過ごす? おすすめのお出かけスポットや楽しみ方

こどもにとって誕生日は好きなおもちゃを買ってもらえる楽しいイベントですが、ママ・パパにとってもわが子がこの世に生まれてくれた大切な記念日です。単にプレゼントをあげて終わりではなく、家族みんなで楽しく過ごして、すてきな一日にしたいですよね。

今回は、こどもの誕生日を楽しく過ごすためのアイデアをご紹介します。

誕生日特典のあるスポットに行く

こどもが大好きなテーマパークや遊園地などのなかには、誕生日やその前後に訪れると特典のあるところがあります。せっかくの機会ですので、お得に楽しんではいかがでしょうか。例として、いくつかご紹介します(2019年2月時点)。

テーマパーク一日券のプレゼント

屋内型遊園地「東京ジョイポリス」の一日券は、次のように、誕生日当日に訪れた場合は無料、誕生月に訪れた場合は割引になります。

  • 小学生~高校生の通常料金:3,300円
  • 誕生日当日:無料
  • 誕生月の誕生日当日以外:2,800円

栃木県にある「那須ハイランドパーク」の一日券は、誕生月の1ヶ月間は無料です。

  • 3歳~小学生の通常料金:3,900円および中学生以上の通常料金5,600円
  • 誕生月:無料

三重県にあるテーマパーク「志摩スペイン村」では、お誕生日当日に訪れると一日券が無料になります。

  • 3~11歳の通常料金:3,500円および12~17歳の通常料金:4,300円
  • 誕生日当日:無料

誕生日を満喫できる「バースデーシール」

東京ディズニーリゾート(R)(千葉県)やユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)(大阪府)、ハウステンボス(長崎県)などでは、誕生日を満喫できる「バースデーシール」というアイテムがあります。

園内でバースデーシールを貼っていると、シールに気づいたスタッフやキャラクターが誕生日をお祝いしてくれ、特別な一日を一層盛り上げてくれます。

誕生日の記念品やデザート

小さいこどもの誕生日におすすめしたいのは、横浜や神戸、福岡などにある「アンパンマンこどもミュージアム」。誕生日の記念にバースデーカードやメダルをもらったり、年齢のボタンが入ったブレスレットを作ったりすることができます。

また、富士急ハイランド(山梨県)内にあるトーマスランドでは、バースデープランが用意されています。トーマスのお皿に盛られた料理やトーマスのイラストが描かれたケーキ、トーマスのバースデーグッズなど、トーマス尽くしのバースデーパーティーを満喫できるプランです。ただし有料でネット予約が必要ですので、注意してください。

ご紹介したのはあくまでも一例で、ほかにもさまざまな施設がユニークな特典を用意しています。また、レジャー施設だけではなく、デザートやキャンドルサービス、記念撮影などで誕生日を祝ってくれるレストランもありますので、ぜひチェックしてみてください。

こどもにとっての「特別な日」を演出する

次にご紹介したいのが、こどもにとっての「特別な日」をママ・パパが演出するというアイデアです。

「特別な日」というとハードルが高く聞こえますが、例えばカラオケや映画館などこどもがあまり行ったことがないスポットに出かける、自転車やペダルのない二輪車、アスレチック、料理などこれまでしたことのない体験をするといったことでも喜んでくれるでしょう。

さっそく、いくつかのアイデアをご紹介します。

家でいつもと少し違う時間を過ごす

特別な日の演出といっても、必ずしもお出かけをする必要はありません。例えば、色紙や画用紙を使って家族で一緒に誕生日の飾りつけをする、ママがスポンジケーキを焼いてパパとこどもでデコレーションする、ちらしずしのトッピングのように料理の仕上げを担当してもらうなど、ちょっとした工夫で、こどもにとっての「特別な日」になります。

また早めの準備が必要ですが、遠くに住んでいるおじいちゃんおばあちゃんや引っ越したお友だちなど、サプライズゲストに来てもらうのも、すてきな演出です。

美術館に行く

美術館は大人が楽しむ場所というイメージがあり、多くのこどもにとってはなじみのない場所かもしれません。

しかし、最近では、大人だけでなくこどもも楽しめる美術館が増えています。普段は行かない場所だからこそ、誕生日という特別な日に出かけてみてはいかがでしょう。

例えば石川県の「金沢21世紀美術館」のキッズスタジオでは、週末にこども向けの創作活動イベントが開催されています。このような体験型のイベントがある美術館では、普段とはひと味違う一日を楽しむことができます。

また、徳島県の「大塚国際美術館」は、古代壁画から西洋名画まで、1,000点以上のレプリカを展示する美術館。絵画に触ったり写真撮影したりも自由で、こどもの美術館デビューに最適です。

ミュージカルやコンサートに行く

ミュージカルやコンサートなどの鑑賞も、特別な日のアクティビティーに適しています。ステージのキャストとともに歌ったり身体を動かしたりする参加型のプログラムなら、小さなこどもでも、最後まで飽きずに楽しめるでしょう。こどもが少し大きくなったら、名作といわれるミュージカルや劇、クラシック音楽などにも積極的に触れさせてはいかがでしょう。大人が集まる場でのルールを知ることもでき、ひとつお兄ちゃんお姉ちゃんになったこどもにとって、いい学びの機会となるはずです。

仕事体験をする

大人の仕事を体験できるスポットに出かけることも、誕生日のよい記念になるでしょう。

キッザニア東京やキッザニア甲子園(兵庫県)は、100種類以上の仕事からこどもの興味に合わせて仕事体験ができる人気スポットです。大人の仕事を体験することによって、こどもがママ・パパの仕事や社会のしくみに興味を持つようになるかもしれません。

キッザニア東京やキッザニア甲子園のような専用の施設でなくても、マクドナルドではハンバーガーやポテトの作り方を学べたり、ドミノピザではピザ作りを体験できたりするなど、仕事の体験ができるスポットは探せばいろいろあります。わが子が興味を持ちそうな仕事の体験ができるスポットを、ぜひ見つけてみてください。

記念写真を撮る

こどもの成長はあっという間です。誕生日という節目ごとに写真を撮って成長の記録を残しておくことも、誕生日の有意義な過ごし方としておすすめです。

こどもの年齢やそのときどきの状況によってさまざまな撮影の仕方が考えられます。ひとつずつ見ていきましょう。

フォトスタジオで撮影

フォトスタジオでの写真撮影は、さまざまな衣装に着替える楽しみがあります。ドレスやスーツに着替えて大人の気分を味わったり、着ぐるみを着て動物やキャラクターになりきったり、こどもが好きな衣装で成長の記録を残しましょう。

また、普段着のままナチュラルな写真を撮るスタジオも人気です。自宅にいるようなリラックスした雰囲気のなかで撮影が進むので、赤ちゃんや小さいこども、写真を撮られるのが苦手なこどもでも安心です。

プロのフォトグラファーによる出張撮影

元気いっぱいのこどもの写真撮影では、出張サービスを利用した屋外での撮影もおすすめです。季節感のある公園やその地域ならではのフォトジェニックなスポットでは、のびのびとした雰囲気の自然体の写真が期待できます。

屋外での撮影はスタジオ撮影とは違って天候や光の加減が写真の仕上がりに影響します。朝や夕方のやわらかな光の時間帯を狙い、その日の空気感が伝わってくるような写真を撮ってもらいましょう。

お気に入りの場所でパパやママが撮影

誕生日の記念撮影は、必ずしもプロのフォトグラファーにお願いする必要はありません。ママ・パパが撮るわが子のふとした瞬間の写真には、親の温かな眼差しが反映される良さがあります。

こどもの誕生日には、家族みんなで思い出の場所やお気に入りのスポットに出かけてみてください。そこで何気なく撮った写真の一枚一枚が、かけがえのない日の記録になるでしょう。

まとめ

こどもの誕生日は年に一度の特別なイベントです。今回ご紹介した内容を参考に、家族みんなが笑って過ごせる、誕生日のすてきな一日を計画してみてください。

関連記事