こどもが喜ぶドライブに出かけよう! 車に乗っていつもと違う休日を!

いつの時代も車で出かけるドライブは休日の定番です! 気軽にちょっとそこまでお散歩ドライブ、高速道路を使ったロングドライブ、どちらもそれぞれ違った楽しみがあります。せっかくの休日ドライブをこどもも大人も楽しむためのポイントをご紹介します!

エンタメ派? 自然派? ドライブで何を楽しむ!?

まずはドライブのおすすめ目的地をご紹介していきます。行き先が決まっても、あえてこどもには目的地を隠し、到着したら大好きなスポットに到着! といったサプライズをしてみると喜ぶかもしれません。

ドライブの定番目的地! エンタメ系スポットに行こう!

地元の遊園地、動物園などは定番のドライブスポットですが、せっかく家族でドライブに出かけるのですから、自宅から距離があるスポットを目指してみると車中も家族で楽しめます!
エンタメ系のドライブスポットとして、関東近郊の場合は山梨県の「富士急ハイランド」、九州なら「ハウステンボス」が有名です。「富士急ハイランド」や「ハウステンボス」は都市部からほどよい距離のドライブが楽しめます。

人がいないところへ行こう! 家族で自然を満喫!

せっかくの休日だから人ごみの少ない場所へ行きたい! そんなドライブには、テーマパークとは違った素敵な楽しみがあります。水平線に夕日が沈むタイミングを見計らって、午後から出かけるのんびりドライブなども非日常を味わえることでしょう。日本は海・山・川と自然を満喫するスポットには事欠きません。例えば、東京都心からでも中央自動車道で1時間走れば相模湖周辺にたどり着けます。相模湖ではボートを借りることができるので、釣りや湖上からのんびり自然を眺める事ができます。また、ドライブの聖地、北海道では信号も無いような道をひた走る、そんなドライブ自体が素敵な目的になります。

思い切ってキャンピングカーを楽しむ!

レンタルキャンピングカーで何もかも車で楽しむというのもひとつの選択肢です。普通の車ではない、大きな変わった車でのドライブ、さらにその車の中で寝るのですから、こどもはきっと大興奮するはずです。キャンピングカーのためのRVパークという施設があるので、こちらを利用するとキャンピングカー初心者でも安心して家族で車中泊を楽しめます。車で寝食する経験は大人になってからもなかなか経験できることではないので、こどもにとっては一生の思い出になることでしょう。

ドライブ旅行は、移動時間の充実もポイント!

目的地までの移動時間を楽しむのもドライブの醍醐味です。スマートフォンやゲームがあると、車でこどもが夢中になってくれますが、せっかくの家族でのドライブですから家族の絆を深める機会にしてみませんか?

ドライブといえば音楽!

こどものころにカーステレオから流れていた曲というのは記憶に残っているものです。流行りの音楽だけでなく、こどもが生まれる前にママ・パパが聞いていたCDや音楽プレイヤーのプレイリストを、ぜひこどもたちに聞かせてみてはいかかでしょうか。もちろん、こどもの好きなアニメのテーマソングなどのプレイリストを用意しておくことも忘れずに。大好きなアニメで車内カラオケ大会は盛り上がることでしょう。

移動時間も楽しむ遊びあれこれ!

しりとりやなぞなぞは、幼いこどもでも楽しめる定番の遊びです。ドライブの車内という閉ざされた非日常の空間では、このような簡単なゲームでも盛り上がります。また、車中から外に目を向けて、オリジナルのゲームを家族で考えるという遊びもおすすめです。例えば、「追い越していく車のナンバープレート足し算早押し対決」、「目的地までにあるコンビニ、どこが一番多いか当てる選手権」などはいかかでしょうか。こどもにとっては新鮮な体験になるようなゲームで、移動中の車内でも退屈しないような工夫をしてみましょう!

窓の外に目を向けてみよう!

ドライブでは、普段の生活圏から離れて今までにない景色がどんどんと流れていきます。見たことのないお店の看板、初めて渡る長く大きな橋、道路に覆いかぶさるような木が生い茂る森の中の道など、車窓から見るいつもと違う景色は、きっと記憶に残り素敵な思い出になるのではないでしょうか。

渋滞対策で、快適ドライブに!

八坂IC、大和トンネル、竜王IC、鳥栖JCT・・・・・・。これらは、日本全国の高速道路の有名な渋滞発生エリアです。ドライブの天敵はなんといっても渋滞です。せっかくの家族全員で出かけられる休日なので、渋滞対策も怠らずに出かけるようにしましょう!

飲み物と食べ物は万全の準備が必要!

思った以上に長時間の渋滞となってしまうと、昼食の時間などが予定よりも遅れてしまい、お腹が空いてしまうこともありますよね。また、ドライバーは糖分と水分の補給を怠ってしまうと、判断力が低下してしまい思わぬアクシデントに遭遇してしまう恐れがあります。出かける前にあらかじめお菓子や食べ物を用意し、帰りはお土産のおやつを購入しておくと良いでしょう。飲み物を準備するときには、利尿作用が高い成分を含んだものは避けるようにしましょう。コーヒーやコーラ、ウーロン茶、煎茶などは利尿作用の高い飲み物の代表例です。眠気覚ましだからといってコーヒーをたくさん飲むのは避けましょう。

いざという時のために! 便利なドライブグッズ!

ここからは渋滞中のトイレ問題や、運転の疲労軽減と事故防止に役立つドライブグッズをご紹介します! 
まずは、トイレ問題を解決する車内用の簡易トイレです。車内用簡易トイレはホームセンターやamazonなどで購入することができます。匂いが車内にこもらないように工夫された製品、トイレ後すぐにゼリー状に固まり、燃えるゴミとして処理が可能な製品など、品ぞろえが豊富です。災害時にも役立つので、トランクやダッシュボードに備えておきたいアイテムです。
また、帰りのドライブでは西日が直接目に入り運転の妨げになってしまいます。サングラスもそんなときのために車内にひとつ置いておきたいドライブグッズです。前方が見えづらい日差しの中でも車のブレーキランプをしっかりと視認できるようになり、渋滞の最後尾に追突してしまう事故の防止に役立ちます。また、紫外線をカットすることで眼精疲労を軽減し、疲れが原因の事故を未然に防ぐことができます。

渋滞回避のテクニック! 抜け道を検索してみよう!

観光地からの帰りの渋滞を覚悟して出かける前に、抜け道や裏道がないかを調べてみると、渋滞を回避できることがあります。遠回りになってしまう抜け道や裏道でも、車が全く動かないストレスに比べれば気持ちははるかに楽になるはずです。

親子のドライブで素敵な思い出を作ろう!

いかがでしたか? ご紹介した目的地や移動時間や渋滞時の過ごし方などが、家族全員で楽しめる素敵な休日ドライブの参考になれば幸いです。計画をしっかり立てておくと長時間のドライブは、さらにこどもの記憶の中には楽しい思い出として残っていくはずです。

関連記事