家族で川遊びを満喫する方法と注意すべきポイント

家族で楽しむ自然体験はこどもにとってかけがえのない思い出になります。特に川遊びは、日常ではなかなかできない体験であり、こどもにとっては魅力的な冒険でしょう! この記事では、親子で川遊びを存分に楽しむ方法と注意すべきポイントを、ご紹介していきます。

安全が一番! 年齢や場所によって注意点はさまざま

こどもたちにとって、暑い季節の川遊びはとても魅力的ですが、ママ・パパにとっては心配・不安もあるでしょう。「どこの川で遊べるの?」、「川遊びには何を持っていく?」、「川は危なくないの?」という疑問を抱くのも当然です。まずは年齢別・場所別に注意したいポイントを解説します。

1. こどもの年齢に注意!

川遊びに「何歳から大丈夫」、「何歳ならば大丈夫」などの決まりは特にありません。こどもの成長に応じて親が判断する必要があります。事前の準備をしっかり整えて出かけましょう。

0歳~1歳ごろ

自然の中に遊びに行くので、日焼け・虫除け対策が重要です。授乳やおむつ替えができるスペースは周辺に少ないため、厚みと広さのあるレジャーシートや授乳ケープ・ミルクの準備も忘れずに持っていきます。また、こどもを抱っこなどで連れていく場合、足場が悪いと転びやすくなるため、ママ・パパも歩きやすいスニーカーで行くことを忘れないでください。

1~3歳ごろ

ひとりで歩き回れるようになり、川の浅瀬であれば足を浸す、水を触るなどの遊びができます。とはいえ、ほんの数センチの水深でも溺れる危険があり、急な流れや深みにはまることも考えられます。万が一のときにすぐに対応できる距離で、こどもから目を離さないようにしましょう。こどもが履く靴についても、踵とつま先がある運動靴やマリンシューズにしましょう。

4~6歳ごろ

アクティブに川で遊べるようになる時期です。浅く緩やかな流れで泳いで、生き物も探せるでしょう。年齢を問わず、足元は運動靴やマリンシューズなどの脱げにくいものにしましょう。必要であれば、ライフジャケットもこどもに合ったサイズで着せます。

2. 川遊びの場所に注意!

川遊びにちょうど良い川とはどのような場所でしょうか。川遊びに向いている場所・不向きな場所について、それぞれ例をあげてご紹介します。

おすすめ! 川遊びに適している場所とは?

川遊びに向いているのは、「流れがゆるい・水深が浅い・河原が広い・辺りを見渡せる」場所です。広い河原で休憩場所を確保し、こどもを見守れるようにしましょう。浅くても流れが速いと足を取られてしまいますし、膝より深くなれば、流れによる圧力が大きくなって転倒しやすくなりますので、十分気をつけましょう。

近寄らない! 川遊びに不向きの場所とは?

流れの速いところ・水深が深いところ以外にも、避けたい場所があります。例えば、渦のような循環流が起こる「堰堤」、増水時に取り残されて逃げられなくなってしまう「中州」、流れが複雑な「橋脚などの人工物」、吸い込む力が強い「取水口」及びその周辺は、危険なため避けるようにしましょう。

川遊びグッズのMUSTとWANTを一挙公開

ここからは川遊びに必須なグッズ・あると楽しいグッズをそれぞれご紹介します。

1. これは持っていこう! 必須グッズの紹介

自然が相手の川遊びは、安全を確保して楽しみたいものです。前もって入念な準備を整えて出かけましょう。日焼け止め、虫よけグッズなど、マストアイテムからご紹介します。

ライフジャケット

泳ぎが上手なこどもや大人であっても、ライフジャケットを必ず着用しましょう。水難事故のリスクを遠ざけ、命を守るためにも、マストアイテムとしてください。よく目立つカラフルなものを選べば、緊急時に見つけやすくなります。

マリンシューズ

水場での転倒を防ぎ、石や突起物から足を守るためにも、脱げにくく足を覆ってくれるシューズを履きます。石や人工物に引っかかると危険なので、靴のひもは内側に入れておきましょう。

日焼け止め・虫除けグッズ・救急セット

ドラッグストアや、すぐに受診できる医療機関が周辺にあるとは限らないため、自然の中で遊ぶ際には救急セットは必ず用意したいアイテムです。

日除けタープ類

河原で樹々が陽射しを遮ってくれるならば安心ですが、難しそうな場合はタープのような日除けに使えるものを持参しましょう。熱中症のリスクを下げることができます。

救命具

万が一の時に備えて、ロープやホイッスルなど、助けられる・助けを呼べるアイテムを準備しておきましょう。

母子健康手帳・健康保険証

急な体調の変化や、ケガをして現地の医療機関にかかるときには必要です。

2. これがあるともっと楽しい! おすすめグッズの紹介

続いて、自然の川だからこそ持って行きたい、川遊びに使えるグッズをご紹介します。

シュノーケル

川に住む魚をはじめとする水生動植物を観察しやすくなります。息継ぎの仕方は大人が教えてあげましょう。

魚捕り用の網・バケツ

網で捕まえた生き物をバケツに入れて観察もできます。持ち帰ることを想定して、持ち運びやすい小さめのサイズで、ふた付きのバケツを用意しておくのもおすすめです。どちらもホームセンターなどで手に入ります。

水中スコープ

箱メガネとして使ってみましょう。バケツ代わりに、捕まえた生き物も入れられます。

お砂場スコップ・バケツ・じょうろ

砂のような河原で役立つのがこれらのアイテムです。川の水で冷えた体を暖めながら砂遊びができます。

BBQセット

お弁当を河原で食べるのも楽しみの一つですが、場所によってはBBQができる場合もあります。家族みんなで「アウトドア飯」にチャレンジしてみましょう。

ロケーション優先か、アクティビティ優先かを決めよう!

自然の中で遊ぶ際、ロケーションとアクティビティ、どちらを優先するかで川遊びの候補地も変わってきます。国内の川の中からいくつかピックアップして、その楽しみ方をご紹介します。

1. 景色や水の綺麗さで選ぶ!

日本国内の川は千差万別の風景を見せてくれます。美しい景色や清流に囲まれながら川で遊びましょう。

美しい景色の中で遊ぼう

東京都の秋川渓谷では、水の綺麗さは言うまでもなく、渓谷美を満足いくまで楽しめます。埼玉県入間川の源流域である上名栗地域では、岩場の渓流から流れのゆるやかな河原まで、多様な川の景色を楽しめます。バラエティに富んだ景色の中で川遊びをしましょう。

清流で遊ぼう

水が綺麗な手つかずの自然を遊びつくしましょう! 神奈川県の愛川町を流れる中津川は水の透明度が非常に高く、魚捕りやシュノーケリングにはもってこい。辺りには川ガニも生息しています。岐阜県の長良川では水中メガネを使い、鮎・アマゴの姿を観察してみましょう。高知県四万十川の支流も、手長エビなどの生き物が数多く生息する自然の宝庫です。

2. アクティビティで選ぶ!

山梨県の道志川本流のほとりにあるオートキャンプ場では、親子そろってアウトドアを楽しめます。こどもがジャンプして川に飛び込めるスポットがあり、家族でキャンプ・BBQをしながら自然を堪能できます。岐阜県の清流の一つ、秋神川のほとりにあるキャンプ場では、虫捕り・山菜取りからイワナの掴み取り・アナゴ釣り・BBQなど、川遊びならではのアクティビティを堪能できます。

ポイントを押さえて楽しく安全な川遊びを!

いかがでしたか? 親子で川遊びを心ゆくまで楽しむ方法と、押さえるべきポイントをご紹介しました。川遊びを通して水に慣れたり日常ではできない体験ができたりと、家族の楽しい思い出を残すことができるでしょう。こどもも満足して喜べる川遊びをするためにも、「安全」を忘れずに出かけましょう!

関連記事