こどもも大人も楽しめる! 冬こそ家族で楽しみたい雪遊び

雪遊びという言葉を聞いたとき、どのような遊びを思い浮かべるでしょうか。降雪量の多い地域出身の方はたくさんの遊びを思い浮かべることができるかもしれませんが、雪が少ない地域で育った方は、ピンとくる遊びが少ないでしょう。そこで今回はそんな方に向けて、大人もこども楽しめる雪遊びをご紹介していきます。

雪が降ってきたら近所でも楽しめる人気の雪遊びは?

年によっては、普段降雪量の少ない地域でも、雪が積もって外で雪遊びができることがあります。そんなときはここでご紹介する雪遊びを試してみてください。

少しの雪があれば楽しめる遊び

まずは少しだけしか雪が積もっていなくてもできる遊びをご紹介します。

雪うさぎ作り

雪だるまを作るのも良いですが、もっと手早く簡単に、そして少ない雪でも作れるのが雪うさぎです。雪うさぎの作り方はとっても簡単です。まず、おにぎりより少し大きい程度に雪を丸めていきます。このとき少し縦長に丸めるのがうさぎに見えるポイント。丸め終わったら、葉っぱで耳を、木の実や石で目を作って完成です。たくさん作って家の前に並べるのも可愛いですし、うさぎの親子のように1つか2つの大きなうさぎとたくさんの子うさぎを作るのも一つのアイデアです。

雪にお絵かき

雪の上にお絵かきする方法があるのをご存知でしょうか。絵の具を水に溶かして紙コップに入れておき、外の雪に絵の具に浸した筆で絵を書くと、それだけで楽しいお絵かき遊びになります。絵の具は、万が一こどもの口に入っても大丈夫なように、食用の着色料を使うと安心して遊ぶことができます。

たくさん積もったらやってみたい雪遊び


かまくら作り

雪がたくさん降ったら作ってみたいのがかまくらです。親子で協力しながら作れるため、家族の絆も深まります。作り方は単純ですが、少々時間がかかります。まず、大きな雪の山を作ります。このとき上から叩き、固めながら雪を積んでいきます。大きな山ができたら、スコップを使って中をくり抜き、入り口と中の空間を作って完成です。大きくて固く作る分、崩れると大変ですので、作成中も遊んでいるときも大人が見ていると良いでしょう。

宝探しゲーム

ある範囲を決めて、その範囲の雪の中に大人が宝物となる果物やペットボトルを隠します。その後こどもを呼んで隠したものを探してもらう遊びです。万が一見つからない場合の事も考えて、本当に大切なものは隠さないようにしましょう。こどもが好きな果物などを隠すと、見つけたときの喜びが大きく、楽しくなるでしょう。

おすすめの家族でお出かけ雪遊びスポットは?

ここからは、雪遊びをもっと本格的に堪能したいという家族に向けて、おすすめのスポットをご紹介します。

小さなこどもでも楽しめる施設はどこ?


六甲山スノーパーク・スノーランド

六甲山スノーパークにある「スノーランド」はスキーゲレンデとは完全に分かれた、そり遊び・雪遊び専用のゲレンデです。そのため、こどもの年齢が低くても安心して遊ばせることができます。必要な防寒着はその場でレンタルすることができるため、荷物を大幅に少なくすることができます。また、ゲレンデのすぐ近くには休憩室、授乳室、おむつ替え室が完備されており、子連れに優しい配慮がたくさんあります。

Baboon

岐阜県郡上市にあるダイナランドには、親子で遊べる雪山アクティビティ施設の「Baboon」があります。そり遊びや雪遊びができるキッズゲレンデが完備されているほか、託児所が付いた屋内施設の「Play Baboon」が併設されているため、天候があまり良くないときや、まだ雪遊びができないこどもでも楽しむことができます。

大人も楽しめるスノーリゾートの特徴

こどもが楽しめるのはもちろんですが、大人も楽しめたほうが家族全員で満足できます。ここでは大人も楽しめるスノーリゾートの特徴を紹介します。

ベビーシッターや託児所が完備されている

もちろんこどもと一緒に雪遊びするのは楽しいですが、大人だけで自分の好きなゲレンデで思う存分スキーやスノーボードをするのも違う楽しさがありますよね。だからこそ、ベビーシッターや託児所が完備されている施設を選ぶことで、大人もこどもも自分がやりたいアクティビティを存分に楽しめます。

こどもと一緒に滑れる初心者コースがある

こどもがある程度大きくなったら、一緒にゲレンデを滑りたいものです。コース幅が広く、スピードの出にくい斜面が用意されていれば、初めてスキーやスノーボードを経験するこどもと一緒でも、親子のペースで滑ることができます。初心者コースにも慣れてきたら、一緒に中級、上級者向けのコースにチャレンジしてはいかがでしょうか?

雪遊びで気をつけたい! 服装や注意点

雪遊びは正しく遊べば素敵な思い出になりますが、同時に危険も伴います。しっかりと雪遊びに適した服装を用意し、注意点を理解したうえで楽しむようにしましょう。

雪遊びに適した服装は?

スノーリゾートではウェアのレンタルもできますが、自宅付近で雪遊びをする際はどのような服装が適しているのでしょうか。たくさん遊んだ後も風邪を引かないよう、正しい服装をチェックしておきましょう。

スキーウェア

上下ともにスキーウェアを着ておきましょう。こども用のスキーウェアには、上下がつながっているジャンプスーツタイプと、上下が分かれているセパレートタイプがあります。ジャンプスーツタイプは着せやすく、お腹の隙間から冷えることを防げるため、こどもがまだ小さな場合はこのタイプを選びましょう。自宅付近で雪遊びをする程度なら、下着は普段着で構いませんが、濡れても冷えないよう、乾きやすい機能性下着がおすすめです。

スノーブーツ

足元が冷えると、全身の寒さにつながります。普段の靴ではなく、防水、防寒機能にすぐれ、底が滑りにくくなったスノーブーツを選びましょう。靴下は分厚いものを履くか、タイツを着た上から履くようにしましょう。

手袋

まだ小さなこどもは5本指の手袋を自分でうまく着用できない場合があります。そんなときはミトンタイプの手袋を用意してあげましょう。

意外とやってしまいがち! 雪遊びでやってはいけないこと

雪遊びは楽しくて大人もこどもも夢中になってしまいがちですが、注意しておかなくてはならないことがいくつかあります。事前に確認しておきましょう。

雪が積もった木を揺らさない

木の上には思った以上に雪が降り積もっていることがあります。それらの雪が全て落ちてきてしまっては、小さなこどもは簡単に埋もれてしまいます。雪の中からは声が届きづらく危険です。こどもには、雪が積もっている日は木を揺らす、蹴るなどしないように教えておきましょう。

道路の近くでは遊ばない

特にそりで遊んでいるときにはスピードが出て止まれずに車道に飛び出してしまうことがあります。道路付近では遊ばないようにしましょう。また、逆に歩道でも、人にぶつかり、思わぬ怪我をさせてしまうことにもなりかねません。そり遊びは、大きな広場や公園など見晴らしの良い場所で楽しみましょう。

大人もこどもも雪遊びで一緒に楽しもう!

ここまで、雪遊びを近所で楽しむ方法や、本格的にこどもと雪遊びができるスポット、そして雪遊びの際の服装や注意点について解説してきました。雪遊びは他のシーズンにはできない面白さが詰まっており、安全に遊べれば、家族の大切な思い出となります。雪が降ってきたらこの記事を参考に親子で存分に雪遊びを楽しんでください!

関連記事