子連れにおすすめの工場見学をご紹介!

お財布にやさしいお楽しみといえる企業の工場見学。今ではお手軽レジャーの代名詞としてすっかりおなじみになりました。子連れへの配慮がされている工場も多く、家族で楽しめます。今回は、知的好奇心をたっぷりと満たしてくれるおすすめ工場見学をご紹介します。

見て楽しい、食べて美味しい! 2倍楽しめる食品系工場見学

楽しい工場見学の筆頭と言えばやはり食品系の工場見学です。清潔なラインが製品を次々と作りあげていく様子は見ていて心が弾みます。製造の様子を見学した後に待っているのは試食・試飲。見学したラインで作られていた各企業自慢の看板商品を食べられます。目と口の両方を満足させてくれる、見学可能な食品系の工場を見ていきましょう。

どんな食べ物の工場見学があるの?


キリンビール 横浜工場

ビール好きのママ・パパにはもちろん大満足していただけますが、5歳~9歳の子連れの家族向け「ファミリーツアー」も用意されています。ビールの材料に触って匂いをかいで、クイズに答えながら楽しく見学ができます。試飲のコーナーにはソフトドリンクも用意されていますので、ドライバーもこどもも一緒に楽しめますよ。

明治なるほどファクトリー愛知

明治最大規模の牛乳・乳製品工場では体験型工場見学ができます。等身大の牛の模型での乳しぼり体験にはびっくり! 一般見学は4歳以上が対象ですが、4歳未満の子連れを対象にしたちびっこ見学会も随時実施されていますので、小さい子連れの家族でも楽しめます。

キューピー 五霞工場

キューピー五霞工場は「オープンキッチン」をテーマにマヨネーズやドレッシングの製造工程が見学できます。マヨネーズの原料となる卵を割る工程などのライン見学のあとにはサラダの試食があります。野菜が苦手なこどももマヨネーズやドレッシングの製造を見たらサラダ好きになるかも!

ロッテ 浦和工場

板チョコを中心に「パイの実」や「コアラのマーチ」などの人気チョコレート菓子を製造しているのがロッテ浦和工場。映像での工場紹介から展示パネルでの製造過程紹介、製造ラインの見学、そしてお待ちかねの人気お菓子の試食まで。お土産付きなのも嬉しいポイントです。

グリコピア CHIBA

グリコのアイスの製造工程が見学できるのがグリコピア CHIBA。工場の衛生を守るためのエアシャワーの体験、アイスクリーム保管用の巨大冷凍庫の通り抜け、パピコ製造ラインの見学、広いシアタールーム、巨大ゴールインマークとの記念撮影スポットにパピコの試食と盛りだくさん。有料ですが、アイスクリームの手作り体験ができるグリコキッチンも人気です。

食への知識が深まる! 食品系工場見学で勉強できること

食品系の工場見学は、映像やパネル、展示での企業や製品の紹介から始まり、製造工程の見学、そして試食・試飲という流れになっているのが一般的です。普段口にしている食卓でおなじみの製品が、どんな場所でどのように作られているのかがよくわかるように、各企業が工夫をこらしています。目にも止まらないスピードで食品のパッケージがラインから出てくるのを見て、こどもたちも普段どれだけたくさんの食べ物が消費されているかを実感できるでしょう。引率の大人も楽しみつつ、食育もできる食品系工場見学はおすすめです。

大規模工場にわくわく! 乗り物系工場見学

こどもからの人気では食品系と肩を並べるのが乗り物系工場見学でしょう。扱うものが大きいだけに工場のスケールも圧巻です。

どんな乗り物の工場見学があるの?


トヨタ 工場見学

日本最大の自動車メーカー、トヨタでも工場見学ができます。トヨタの環境、安全への取り組み、生産技術、社会とのかかわりからクルマ教室があるトヨタ会館から工場に向けて送迎バスが発着します。工場ではクルマの組み立て工程を見学できます。送迎バスの発着場所となるトヨタ会館にはレストランやミュージアムショップまでそろっていて至れり尽くせりです。

 JAL工場見学~SKY MUSEUM~

工場見学のなかでも指折りの人気を誇るのが飛行機格納庫の見学です。小学生以上が対象のJALの工場見学では整備士やパイロット、客室乗務員の経験者が説明をしてくれます。見学は映像や画像を用いた航空教室から始まり、飛行機にまつわる各お仕事やJALの歴代の飛行機の模型が展示されている展示エリアでは制服を着ての撮影も。そして、お待ちかねの格納庫見学では実際に整備士が整備中の本物の飛行機を見ることができます。

乗り物体験もできる! 乗り物系工場見学の見どころ

トヨタの工場見学の送迎バス発着場所であるトヨタ会館では、最新のトヨタ車やレクサス車が展示されており、安全運転をサポートするためのドライビングシミュレーターの体験もできます。また、飛行機格納庫の見学では巨大な飛行機を間近にみることができ、その迫力に圧倒されることでしょう。いずれも大好きな乗り物をごく近くに感じることができ、こどもたちも大興奮です。

身近なものから勉強しよう! 日用品系工場見学

普段使っている日用品の工場の見学は、こどもたちの社会への関心を深めるのに役立ちます。見慣れた商品がどんな工程で作られているのか、興味津々でみてくれること間違いなしです。

どんな日用品の工場見学があるの?


ライオン 小田原工場

ライオンの小田原工場では毎日お世話になる歯磨きや歯ブラシを作っています。工場や製品の概要についてのビデオ説明があった後、歯磨きの製造、包装工程を見学できます。昔のパッケージや広告も展示されています。見学対象は原則として小学4年生以上です。

花王 エコラボミュージアム、和歌山工場

花王和歌山工場では衣料用洗剤、住居用洗剤、食器用洗剤などを製造しています。小学3年生以上を対象とした工場見学を「花王エコラボミュージアム」の見学とセットで実施しています。花王エコラボミュージアムでは最先端のエコ技術を体験するための展示や体験プログラムが用意されていて、手や体を動かして楽しくエコについて学べます。

大塚製薬 徳島板野工場

大塚製薬徳島板野工場では医薬品とSOYJOYやソイカラを作っています。大塚製薬と工場の概要説明があったあと、見学フロアで工程の解説などの展示があります。製造ラインではクリーンな状態に保たれた部屋で、原料から製品までほとんど人の手が触れることなく製造される様子をガラス越しに見学できます。

嬉しいおみやげ付き! 日用品系工場見学のおすすめポイント

日用品系の工場見学では、ふだんからなじみ深い製品がどのように作られているかを間近に見ることができます。生活用品のお土産がついていることが多いのも嬉しいポイントです。

楽しいだけじゃない、学べる工場見学で家族一緒に楽しい時間を過ごそう!

手軽な楽しみとして工場見学が定着し、教育のために専用の見学施設をつくって力を入れる企業も出てきています。工場見学を受け入れている工場は日本全国にありますから、住まいのお近くにもきっと見つかるはずです。多くの工場見学は予約が必要ですので、事前の準備はお忘れなく。企業やその製品と、私たちの関わりについて、楽しみながら学べる工場見学にぜひご家族で足を運んでみてください。

関連記事