子連れで海に行きたい方必見! 海デビューの準備や便利なグッズについて紹介

家族の夏の思い出づくりに、子連れで海へ遊びに行きたいという方も多いのではないでしょうか。今回は、海デビューの準備に必要な情報をご紹介。子連れで海に行くときに便利なグッズもあわせてお伝えしますので、初めてこどもを海に連れて行く方もぜひ参考にしてみてください。

慣らしも大事! 海デビューの事前準備をしよう!

まずはこどもが初めて海に行くという方に向け、こどもの海デビューにあたっての事前準備についてご説明していきます。海は慣れてしまえば楽しいものですが、小さなこどもにとっては水で遊ぶことがチャレンジです。ではどのような手順で水遊びに慣らしていけばいいのでしょうか。

海デビューは水遊びから! じょうろから徐々に慣らしていく

水遊びに慣れていないこどもには、まずは家のお風呂場やベランダでじょうろを使ってシャワーのようにお湯を下半身やお腹などに少しずつかけてあげることで、水に慣れることから始めましょう。そこから徐々に上半身、肩、顔、頭という具合に水をかけていけば、ゆっくりと着実に水遊びに慣れることができます。

ママ・パパが気をつけたい! 海デビューの心得

こどもが一人でおすわりできるようになり、水遊びにも慣れて、顔に少し水がかかっても驚かなくなってきたら海デビューの準備はほぼ完了です。あとはいくつか海デビューにあたり心得ておくべきことを確認するのみです。心得としてまず、少し時間はかかっても、自分から水に入りたいという意思が出てくるまで待つようにします。海のすぐ近くで砂遊びをするのも良いでしょう。砂浜に慣れて楽しい気持ちになれば、水にも入りたくなってくれるかもしれません。

これだけは用意しておこう! 海での必須グッズをご紹介!

続いて、海に子連れで行く際に持っていくべきグッズをご紹介していきます。まずは必ず持っていくべき必須グッズからです。忘れないようにチェックしておきましょう。

日焼け止め

まずは夏のレジャーの必需品である日焼け止めです。紫外線対策のため、また肌への負担を避けるためには必ず使用するようにしましょう。海で使用する場合は、水で流れにくいウォータープルーフの表記があるものを使用するのがおすすめです。また、こどもの肌は大人の肌よりデリケートですので、刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。薬局に行けばこども向けの日焼け止めが売られていることが多いので、店員にも確認して買えば問題ないでしょう。

帽子・サングラス

日焼け止め同様に、紫外線対策になるのが帽子やサングラスです。帽子に関しては太陽の直射日光が頭皮や首筋に直接あたり、熱中症になるリスクも軽減することができます。最近では首まで覆うことができるこども用の帽子も発売されています。こども用のサングラスは紫外線を軽減する効果に加え、写真映えするため、SNSなどにアップする写真を撮るために持っていくのもアイデアの一つです。

ビーチサンダル・マリンシューズ

砂浜にはたくさんの貝殻や岩、とがったゴミなどが紛れています。こどもの足を保護するためにも、必ずサンダルやマリンシューズを用意しておきましょう。中でもマリンシューズはビーチサンダルと違い、かかとまで固定されるため、すぐには脱げにくく、岩場などでも安定して歩けるので特におすすめです。いずれにしても、転ばないようにサイズの合ったものを購入しましょう。

ラップタオル

ラップタオルはバスタオルの長い辺の片方にゴムが縫い付けてあり、スカートのように体をすっぽり覆ってくれるタオルです。これを使えば、こどもが体を隠しながら着替えできるだけでなく、濡れた体を拭く、少し冷えた体を保温するなどの用途に使うこともできます。

救急グッズ

海は安全に遊ぶことができれば楽しい思い出が残りますが、事前にトラブルや怪我が発生するリスクは予想しておきましょう。用意しておくべきは砂浜などで足を切ってしまったときのための消毒液や絆創膏です。また、家族の誰かが熱中症になってしまったときのために冷却シートも持っておくと安心です。食事前、遊んだ後の除菌のためにウエットティッシュや除菌ジェルなどもポーチに忍ばせておきましょう。

何かと助かる! 海であると便利なグッズご紹介

次に、必須ではないものの、持っていくと何かと便利なグッズをご紹介します。ママ・パパがこどもの頃には一般的でなかったグッズもあるので、家族で海をより楽しむためにチェックしておきましょう。

簡易テント

最近では、テントといっても設置がワンタッチででき、たたむとコンパクトになる簡易テントが多数販売されています。これを海に持っていけば、日陰を見つけられなかったとしても直射日光からこどもの体を守ることができます。また、着替えなどで大人が使用することもでき、海以外のレジャーでも重宝するため、まだお持ちでない方はこれを期に一つ購入することをおすすめします。

スマホ防水ケース

海で家族の思い出を写真におさめたいという方も多いと思いますが、せっかく写真を撮っても、スマホが海に落ちてしまい、水に濡れてしまっては元も子もありません。そこで利用したいのがスマホの防水ケースです。単にスマホを水から守ってくれる機能に加え、ケースの上からでもタッチパネルを操作できるようになっているタイプがおすすめです。これを使えば、こどもの迫力ある水中写真が撮れるかもしれません。

スマホの充電器

防水ケースとあわせて持っていきたいのがスマホの充電器です。せっかく防水ケースを買ってスマホを入れていても、スマホの電池が無くなってしまっては家族の大事な思い出を写真に収め損ねてしまいます。スマホの充電器は容量が大きいものや急速充電に対応しているものなどさまざまな種類が販売されているため、ご自身の使い方に合った商品を選ぶようにしましょう。

クーラーボックス

いくら買ったときにキンキンに冷えたジュースやビールでも、砂浜や海岸にそのまま置いておいては、瞬く間にお湯のようにぬるくなってしまいます。そこで、キャンプやアウトドアでもおなじみのクーラーボックスを持っていきましょう。クーラーボックスの中には折りたたんでコンパクトになるものも売られています。中を冷やすために保冷剤なども持っていけば、いざ熱中症対策が必要になった際には体を局所的に冷却するのにも使えます。

子連れで海を満喫する準備は整いましたか?

いかかでしたか? ここまでこどもの海デビューまでの準備の方法や持っていくべき必須グッズ、そして持っていくと何かと便利なグッズをご紹介してきました。こどもに早く水に慣れてほしいという気持ちはどの親も持つものでしょうが、こどもが楽しんでくれることが一番大切なことかと思います。こどものペースに合わせて水遊びから徐々に慣らしていってあげましょう。また、今回ご紹介した海への持ち物以外にも、持っていくとより楽しめるグッズがきっとあるはずです。プラスアルファでご自身の家族ならではのグッズを持っていき、楽しい思い出をたくさん作ってみてください。

関連記事