少額で資産運用を始める!運用の種類やコツをご紹介!

長く続く金融緩和による超低金利により、銀行預金のみで資産形成を行うのがなかなか難しい時代を迎えています。日本では預金志向は根強いままですが、金融資産に占める株式や投資信託の割合も徐々に上昇し、投資への関心が高まってきています。また、個人での投資を促す仕組みであるNISAも導入されました。資産運用を始めてみたいと考えている方に向け、少額から始められる運用の種類や、投資を行う上でのチェックポイントをご紹介します。

少額で資産運用はできるの?

一般的に投資には、「お金に余裕のある人が、多くの資金を動かして行うもの」、というイメージがあるのではないでしょうか。たしかに投資は余裕資金で行うというのが原則ですが、現在はごく少額から始められる投資も少なくありません。

投資は少額から始められる?

金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語(FinTech)という言葉が一般化し、世の中にさまざまな金融商品が見られる時代になりました。従来の投資はある程度まとまった資金がないとやりにくい面もありましたが、現在では1万円以下の少額から始めることのできる投資も存在しています。投資を始めようにも元手がないという学生や新社会人でも行える投資の選択肢も増えています。

少額投資のメリット

銀行預金は預金保険制度により1,000万円までは保証されており、低金利であるとはいえ、元本割れのリスクはありません。一方、投資は元本割れのリスクを抱えています。はじめから大きな額での投資を行うと、失敗した際には大きな損失を抱えることになりますが、少額からの投資ではリスクを低く抑えることができます。元手とリスクが小さいのでリターンもそれなりですが、少額でも早くから投資に触れておくことで投資に対する経験を積むことができます。

少額での投資は、毎月一定額を積み立てる形を取っている商品が目立ちます。毎月一定額での積み立ては、常に価格の変動している金融商品の平均取得単価を安く抑える効果があります(ドルコスト平均法)。また、少額であっても毎月一定額を積み立てていくことで、商品によっては長期的に大きな利益を生む場合があります。

少額で始められる資産運用の種類

まずは少額での資産運用を始めたいという方に向けて、少額投資が可能な金融商品をご紹介します。商品ごとにリスク、リターンをよく検討しての開始をおすすめします。

変額保険

変額保険は集めた保険料を保険会社が債券や株式などで運用し、その運用成績によって受け取れる保険金が変化する保険のことです。通常の生命保険と同様に終身型と有期型があります。保険会社による資産の運用状況が良い場合は、死亡保険金や満期保険金、解約返戻金が増加し、悪い場合は満期保険金や解約返戻金が減少します。死亡保険金については最低保証額が設けられており、運用成績が良くない場合でも最低保証額を割り込むことはありません。保険商品であることから短期解約の場合の解約返戻金は元本割れになることに注意が必要です。

バランス型投資信託

投資信託は、投資家から預かった資金を専門のファンドマネージャーが株式や債券に投資することで運用する金融商品のことです。投資先となる株式や債券の組み合わせにより、ローリスク・ローリターンなものからハイリスク・ハイリターンなものまでさまざまな種類が存在しますが、資産運用ではこういった投資信託をバランスよく組み合わせて分散投資することが推奨されます。この分散投資を運用会社側で行うのがバランス型投資信託です。投資信託は株式や為替への投資と違い、日々相場をチェックして売買を繰り返す必要がなく、比較的初心者向けの投資といえます。

個人向け国債

国の発行する債券である国債のうち、個人でも買えるようにしたものを個人向け国債といいます。個人向け国債は銀行や証券会社などで購入することができます。発行元が日本国政府であるため、他の金融商品と比較するとローリスクですが、利率は銀行の定期預金よりわずかに高い程度です。利子は半年ごとに支払われ、発行後1年以上経過すれば満期前での換金も可能です。

株式投資

一般に投資という言葉で連想するものの代表が株式投資でしょう。一般の株式投資では銘柄ごとに定められた100株や1,000株といった単元株数が最低取引単位のため、株式の購入にはある程度の額を必要とします。しかし、ミニ株は単元株数の1/10単位で、単元未満株取引では1株単位での取引が可能であるため、少額から株式投資を行うことも可能です。2014年から導入されたNISAも株式投資のハードルを下げるのに一役買っています。

FX

外国為替証拠金取引の略であるFXでは証拠金を取引業者に預けることで、その証拠金の倍以上の外貨を取引することが可能です。証拠金に対してどの程度の額の取引が行えるか(レバレッジ)は業者により異なります。少額から取引を行うことが可能で、高レバレッジの取引で為替が予想通りの動きを見せた場合は、高いリターンを得られる反面、為替が予測とは逆の方向に大きく急変動した場合、差し入れた証拠金以上の損失が発生することも起こり得ます。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングでは、事業者がお金を借りたい側と貸したい側の仲介を行います。日本では、事業者が貸付先の審査を行い、金利などの決定を行ったうえで、ファンドの形で出資者を募集します。1万円程度の少額からでも事業に対する出資ができること、利回りが比較的高いことなどのメリットがある一方、融資先の返済が滞れば予定利回りを下回るにとどまらず、元本割れとなるリスクもあります。運営事業者と対象ファンドの選択には慎重な検討が必要です。

少額での資産運用を始める前にチェックすべきポイント

たとえ少額であっても大事な資産です。運用を始める際に確認しておくべきことがいくつかあります。

金利の仕組みを理解する

保有することで利息を得る金融商品では、単利のものと複利のものがあります。単利の場合、利息は元本に対してのみ計算されるのに対し、複利では一定期間の利息を元本に加えた額を次の期間の元本として利息を計算します。単利と複利の差は長期になるほど開いていくため、複利計算を行う金融商品はできるだけ長期保有するのが有利です。

目標をセットする

投資を行う場合にまず大切なのは目標を定めることです。ライフプランを考え、いつまでにいくら必要なのかを明らかにします。目標額と期間、そして収入や貯蓄のうち投資に回せる額が決まれば目標利回りも決まり、対象となる金融商品もおのずと絞られます。目標までの期間や自分の年齢によって、どの程度までのリスクが負えるのか、いくらまでの損失なら許容できるかなども考えに入れた上で投資の方法を決めることになります。

インフレの影響度を知る

中長期的な投資を行う場合は、インフレの影響も考えに入れる必要があります。時間をかけて資産を増やしても、その間のインフレ率が利回りを上回っていては実質的な資産は減少してしまっていることになります。長い目で見てインフレ率まで考慮に入れてお金の使い方、増やし方を考えるのが大切です。

正しい知識を得て、少額から資産を運用してみよう!

貯蓄だけで投資を行ってこなかった人には、リスクを取る必要のある投資には腰が引けるところもあるでしょうが、超低金利環境下での資産形成にはやはりある程度の資産運用を視野に入れておくことが必要です。まずは、少額で資産運用を行うところから始めてみましょう。

関連記事