貯蓄と投資の割合はどのくらいが良い?良いバランスを決める方法とは

「老後2000万円」問題などで注目の将来に向けた資産形成は、誰にとっても重要な課題。結婚やこどもの教育、老後の資金など人生にはお金がかかるライフイベントがたくさんあります。今回はそんな資産形成に必要な貯蓄と投資について、そのバランスをどのようにとるべきかを解説していきます。日本と世界の貯蓄率の違いや、投資と貯蓄のメリット・デメリットについてもご紹介するので、将来の資産形成に向けて参考にしてみてください。

世界と比較!日本人は貯蓄が大好き?

貯蓄と投資の割合を考える前に、日本と世界における考え方の違いや、なぜ日本人が貯金好きになったのかなどを解説していきます。

日本人の貯蓄率は世界でも圧倒的な高さ

日本人は世界の中で見ても、預金が好きな国といえます。2018年の日本銀行統計局による「資金循環の日米欧比較」という調査では、ヨーロッパでは家計の金融資産に占める現金や預金の割合が33%、アメリカではたった13.1%であるのに対し、日本は52.5%と大差をつけて現金や預金が多いということが分かります。

「貯金=美徳」はもう古い?

戦後、貯金が美徳であるという考えを、国が国民に広めたという点が、日本人が預金や貯金を行う大きな理由でしょう。日本政府は戦後、経済を復興させるために国民に積極的に預金や貯金を促しました。金利が今より高かったことも手伝って、国民も稼いだお金を銀行や郵便局に預けたのです。
一方現在は、状況が大きく異なります。金利が大変低い時代になり、国民にとってはお金を預けても以前のように大きなリターンを得ることはできなくなっています。
また、日本人がバブル崩壊によって、投資というものにあまり良い印象を持っておらず、むしろ怖くてリスクの高いものだというイメージを持っていることも、貯蓄が多い原因の一つだといわれています。金融に関する知識も少なく、そもそも自分の資産をどのように形成すべきかを考えてこなかった方も多いかもしれません。

「貯蓄から投資へ」の嘘と本当

現在は政府も貯蓄を推奨することはなく、小泉内閣時代から「貯蓄から投資へ」という標語を掲げて証券や金融税制の規制緩和を中心に投資を促してきました。この標語が生まれた背景には少子高齢化による人口減少で、高度経済成長のときのような社会保障を国民に提供できなくなってきたことが挙げられます。今後は自力で資産形成をしていかなくてはいけないという意味でこの言葉が標語として打ち出されました。
しかし、この「貯蓄から投資へ」という言葉はそのまま鵜呑みにしてしまうと危険です。なぜなら、貯蓄と投資はどちらも重要で、どちらかに偏ることは望ましくないからです。2016年の金融庁のレポートでも、特定の資産運用に偏らない「貯蓄から資産形成へ」という言葉が使われるようになりました。

そもそも貯蓄と投資の違いとは?それぞれのメリットとデメリット

そもそも貯蓄と投資の違いはどこにあるのでしょうか。貯蓄はお金を蓄えておくことを指します。例えば銀行の定期預金や普通預金といったサービスを利用することがこれに当たります。一方の投資は、資金を投じて金融商品を購入し、将来的な利益を期待することを指します。
貯蓄と投資はどちらが良いというものではなく、どちらにもメリットとデメリットがあります。ここからはそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。

貯蓄のメリット

まず、貯蓄の最大のメリットは自分の資産が守られるということです。銀行によって元本が保証されているため、預けたお金が返ってこないということはほとんどありません。万が一銀行が破綻しても、基本的には預金保険制度という仕組みによって、1,000万円とその利息については保護されます。

貯蓄のデメリット

一方で、物価上昇が起こるリスクが考えられます。預金残高が減ることはありませんが、物価が上がることで預金の価値が相対的に下がってしまうことが考えられます。また、仮に50万円を10年後に60万円にする他の手段があるにも関わらず50万円を預金のまま持っていた場合、10年間で10万円を得られる機会を逃したという考え方もできます。このように、より多くの利益を得る機会を逃すことで発生する損失を「機会損失」といいます。利子の限りなく低い貯蓄では、この機会損失が発生する可能性があるのです。

投資のメリット

投資のメリットは、貯蓄よりも高いリターンを期待することができる点です。もし大きなリターンを得ることができれば、将来の資産形成にも大きく役立ちます。

投資のデメリット

しかし、元本割れするリスクも常につきまといます。あまりに多くの資金を投資につぎ込むと、将来の資産形成に悪影響を与える危険もあるのです。また、投資をするには金融機関のサービスを利用する際に手数料がかかるということも知っておかなければなりません。

バランスのとれた投資と貯蓄の割合を決める方法

ここからは投資と貯蓄をそれぞれどのくらいの割合にしておくべきかを考えます。しかし実際には、必ずこの割合で投資をすべき、などという決まった数値はありません。個々人の状況や形成した資産の目標に応じて考えていく必要があります。

まずは預貯金額を整理する

投資を考え始める前に、そもそも自分がどれくらいのお金を所有しているのか現状を明らかにしましょう。現時点で口座にお金があっても、カードローンや住宅ローンを考えれば、もしかすると投資に回すお金はほとんど無いかもしれません。まずは投資の原資を確保しましょう。

目標金額を設定する

資産形成をする場合、「目標金額」とそれをいつまでに達成するかの「期日」を決めておくことが重要です。まず、自分が今後の人生で必要となる支出がどれくらいあるのかリストアップしてみましょう。そして、それぞれに現在から実際に支出が発生するまでの期間を書き出しておきます。車の購入などの趣味の支出をはじめ、結婚や出産などライフイベントにかかる支出も入れておきましょう。

支出を投資と貯蓄どちらで用意するか振り分ける

「いつ」までに「どのくらい」の資金が必要なのかがはっきりしてきたところで、その資金をそれぞれ投資で用意するのか、貯蓄で用意するのかを考えましょう。投資の場合は長期で行うほど利益を得やすくなります。そのため、10年以上先に予定されている支出であれば、投資を活用するのが良いでしょうし、3年先などの短期の支出であれば貯蓄で用意することが懸命です。

たとえば、5年後に200万円の車を購入したいとなると、投資によって資金を用意するには期間が短すぎますから、預貯金などの貯蓄によって資金を用意するのがよいでしょう。一方で30年以上先の老後に向けた資金なら、投資で用意することで、効率よく資産形成ができるでしょう。予測できる支出を投資と貯蓄で振り分けたら、毎月の所得からどれくらいを投資に、どれくらいを貯蓄に回すべきかがおのずと見えてくるはずです。

貯蓄と投資の割合は自分の状況をよく考えたうえで決めよう!

ここまで国ごとの金融資産の考え方の違いや、貯蓄と投資のメリット・デメリット、そして貯蓄と投資の割合の考え方をご紹介してきました。資産形成は誰しもが考えなくてはならない課題ですが、知識なしに投資をする、貯蓄をするのではなく、「いつまでに」「どのくらい」という点を踏まえて、投資と貯蓄の割合を考えていきましょう。

関連記事