本当に便利?カーシェアリングのメリット・デメリットを知ろう

シェアリングエコノミーが注目を集める中、その代表的サービスとしてカーシェアリングが注目を浴びています。「カーシェアリングという言葉を聞いたことがあるけれど、どんなサービスなのかよく分からない」という方に向けて、そのメリット・デメリットをご紹介します。

カーシェアリングとは?

生活に必要なものを自分で所有するのではなく、多くの人で共有して利用しようというシェアリングエコノミーの考え方が広く定着しつつあります。シェアリングエコノミーは人々が心の充足を「モノ」から「コト」に求めるようになったことや、その利便性によりニーズが伸び、インターネットとIT技術の進歩がその仕組みを支えています。車は購入費用も高く、維持管理のコストも大きいため、カーシェアリングがシェアリングエコノミーの代表として紹介されることも少なくありません。

カーシェアリングの仕組み

現在日本で広く普及しているカーシェアリングは、カーシェアリングサービス運営会社が所有する車を、自分の必要な時間だけ借りて利用する、という形態をとっています。カーシェアリングを利用するには、まずカーシェアリングサービスの会員として登録します。登録には初回の登録費用と月会費がそれぞれかかります。

会員が車を利用したい場合、サービス提供会社のWEBサイトやスマホアプリを通じて、利用をしたい場所の近くにあるステーションの車を予約します。予約の日時にステーションに行き、利用する車の指定場所に会員カードをかざすと、ドアロックが解除されて車が利用できるようになります。車のキーはグローブボックス内や専用の場所に格納されているので、取り出して車の利用を開始します。車の利用が終了したらステーションの指定場所(利用開始と同じ場所)に車を戻し、キーを車内の格納場所に戻し、会員カードでドアをロックして終了です。マイカーを利用する場合と比較すれば、ステーションへの行き来を含めた手間は発生しますが、慣れてしまえば便利で気軽に車を利用できる仕組みです。

レンタカーとの違い

サービス提供会社の所有する車を時間単位で借りて利用するという点では、レンタカーも同じですが、カーシェアリングとレンタカーには違いがあります。

➢ 会員登録の有無

カーシェアリングは利用に会員登録が必要です。月額の会費が必要ですが、時間当たりの利用料金がやや割高になるのと引き換えに、会費が無料となるプランも登場しています。一方、レンタカーの利用には会員登録は必須ではありません。

➢ 車の借り出し返却はセルフサービス

カーシェアリングはステーションでドアロックを解除するところから、返却施錠まですべてセルフサービスで、車の貸出返却に係員が応対することはありません。一方、レンタカーは店舗で係員の案内を受けながらの借り出しです。

➢ 短い利用時間にも対応している

カーシェアリングは10分程度のごく短時間での利用時間にも対応しています。対してレンタカーは比較的長時間からの利用時間設定となっているのが一般的です。

➢ 車種は比較的限定されている

カーシェアリングは利用できる車種が比較的限定されており、ステーション単位ではさらに限定されます。レンタカーは軽自動車からトラックまで、幅広い車種がラインナップされています。
ちなみに、ナンバープレートはカーシェアリングでもレンタカー同様「わ」ナンバーです。

カーシェアリングのメリットとデメリット

多くの人が車を共有して利用する形のカーシェアリングには利用する上でメリットもデメリットもあります。それぞれについて詳しく解説していきます。

カーシェアリングのメリット

➢ 利用料金が安い

どのような利用形態でも利用料金が安いわけではありませんが、比較的短時間の利用が多い場合は、レンタカーとの比較ではお得です。

➢ 都市部ではステーションが多い

車を利用開始、返却する場所であるステーションは、特に都市部ではレンタカーの店舗数とは比較にならないほど多く、自宅付近での利用のほか、出先で気軽に利用するといった使い方も便利です。

➢ 車の維持管理費は料金に含まれている

マイカーを持つ場合は車両の購入費に加えて点検、修理、駐車場、税金、保険などの維持費がかかります。そして車検や定期点検などの管理を自分の責任で行う必要があります。カーシェアリングの利用では維持費や管理について意識する必要はありません。

➢ ガソリン代は利用料金に含まれている

レンタカーではガソリンは満タン返しが原則ですが、カーシェアリングではガソリン代は利用料金に含まれています。ガソリンが少なくなってきたら車内にある給油用のカードを使ってガソリンスタンドで給油します。給油を行うと利用料金が少し割引になるサービスが用意されていることもあります。

➢ いざというときの補償も利用料金に含まれている

カーシェアリングでは事故を起こしてしまった場合の各種補償を行う保険が利用時に自動付帯されるため、安心して利用できます。

カーシェアリングのデメリット

➢ 予約が取れないことがある

カーシェアリングは、ステーションごとの貸し出し台数がレンタカーと比較すると少ないため、希望のステーションの希望時間帯での利用予約が取れないことがあります。確実に利用したい場合は、別会社の月額無料プランの会員カードをサブで持っておくなどの工夫が必要です。

➢ 汚れていることがある

レンタカーでは車の返却ごとに係員が丁寧に清掃や洗車を行っているため、利用する車が汚れていることはほとんどありませんが、カーシェアリングでは毎回係員の清掃が入ることはなく、利用後の清掃が利用者個人のマナーに任されています(車内に清掃セットが用意されています)。このため、前の利用者によっては車内が綺麗な状態でない可能性があります。

➢ 利用時間の制約を受ける

カーシェアリングでは予約時間内に確実に利用を終了させて車を返却する必要があり、予約時間を越えてしまうと割増料金を支払うことになります。利用中の予定変更に対応しづらい点に注意が必要です。

カーシェアリング利用の注意点

マイカーともレンタカーとも使い勝手の違うカーシェアリングですが、利用にあたって注意しておきたい点があります。

サポート電話番号は必ず登録を

カーシェアリングを利用する上で、小さなアクシデントが起こることは少なからずあります。道路の混雑で予定の返却時間に遅れそうだ、車が不調である、車内の汚れがひどすぎる、返却場所に駐車されていて返却ができないなどです。事故発生時以外に、こういった問題が発生したときも、慌てずサポートに連絡が取れるよう、サポート用の電話番号は電話帳に登録しておきましょう。

利用条件に注意

カーシェアリングでの車の利用条件は車内禁煙、ペット同乗の禁止など、厳しく設定されており、これらの利用条件を守らないと退会になることもあります。また、借りた車の運転が許されているのは予約した会員本人に限られ、本人以外が運転している際に事故を起こした場合は、保険の適用外となってしまうため、くれぐれも注意が必要です。

カーシェアリングはメリット・デメリットを十分に検討して利用しましょう

マイカーのように維持管理に気を配る必要がなく、レンタカーと比べると気軽に利用できるカーシェアリングは広く定着してきました。しかし、カーシェアリング特有の注意事項もあります。利用目的に応じて他の選択肢とも比較した上で、賢く使いこなしていきましょう。

関連記事