全部知ってる?映画館で映画を安く観る方法

突然ですが、映画はお好きでしょうか? 映画は大きなスクリーンを通して、さまざまな世界にアクセスできる最高のエンターテイメントの一つです。デートでロマンチックな映画を観るのも、家族で楽しむのも、友人と観るのも良いでしょう。しかし、映画1回の料金は少なくない出費であることも確かです。そこで今回はそんな映画をお得に観る方法をご紹介していきます。

日本の映画料金は高い?

そもそも日本の映画料金は高いのでしょうか? 映画を安く観る方法をご紹介する前に、ここではなかなか知ることのない世界の映画料金を比較し、日本の映画料金が相対的に高いのかどうかを検証していきましょう。

全国の一般的な映画料金はいくら?

現在、日本の映画料金は大人の一般料金が1,800円となっていますが、この値段は90年代から大きく変化していないようです。こども料金や各種割引を加味した上での日本の平均入場料金は1,200円前後となっています。最近では3Dや4Dといった特別な映像やラグジュアリーな座席で映画が楽しめる劇場も登場しており、そうなるとさらに追加料金がかかります。貴重な体験をするとはいえ、サイドメニューのポップコーンやドリンクも注文する場合を考えると、少し高い娯楽だと感じられている方もいらっしゃるでしょう。

映画料金は海外に比べて高い?

では、世界的に見てもこの映画料金は高いのでしょうか。2013年のみずほ銀行産業調査部の調査によれば、実際にこの日本の平均入場料金は世界的に見ても非常に高い水準なようです。例えばアメリカの平均入場料金は850円ほど、フランスは930円ほどです。2013年の一人当たりGDP(購買力平価)を比較してみると、日本が約36,787ドルであるのに対し、フランスは約39,950ドル、アメリカは52,615ドルと日本より一人当たりGDPが高いにもかかわらず、映画料金は安いことが分かります。他の諸国のデータがないため、世界で一番高いとまでは言い切れませんが、高水準であることは間違いないようです。加えて、日本では映画館を利用する回数も少ないようです。上記調査によれば、国民一人当たりの鑑賞回数は2013年のデータだと日本は1回前後であるのに対し、フランスは約3回、そしてアメリカは4回にものぼります。そもそも映画館に行く習慣が無いという方も多いのが、日本の現状なのでしょう。

映画館のサービスでチケットを安く手に入れる方法

そんな日本の高い映画料金を少しでも安くしたいということで、ここからは映画館のサービスを詳しく知ることで、チケットを安く手に入れる方法をご紹介します。

映画館の割引キャンペーン日を狙う

まず、映画館の割引キャンペーンをしている日を狙うという方法があります。大きな映画館の多くはファーストデイ(毎月1日)、レディースデイ、メンズデイなど、週の特定の曜日や月の特定の日にちに割引を行っています。また、映画館ごとにオリジナルの割引デーを設定している映画館もあります。これらの日を狙って映画を観に行くことで、通常よりかなりお得にチケットを購入できます。
これらの割引は映画好きの間では有名なこともあり、映画によってはチケットが取りづらくなる、すぐに席が埋まってしまうという場合がありますので、早めにチケットを取得する必要があるでしょう。

メンバー特典

映画館によっては会員制度が設けられています。会員になると系列の映画館がいつでも割引されたり、何回か映画を観ると1回無料で映画を観られたり、ポイントを貯めると映画を観る際に食べるポップコーンやドリンクに引き換えできたりと、年間で何度も利用する方には嬉しい特典が受けられます。年会費がかかる場合もありますが、頻繁に映画を観る方にとってはそれを上回るリターンがあるでしょう。

 

チケットが安くなる時間を狙う

また、映画館によっては「レイトショー」というサービスを受けられ、夜遅い時間に上映する映画は割引となります。同様に朝一番だと割引となる「モーニングショー」というサービスも存在します。通常の人が映画館に行く時間帯は避け、お得に映画を楽しむことができるのです。家の近くに映画館がある場合や次の日の予定がなく少し夜更かしをしても大丈夫な場合などに、積極的に利用したいところです。

値段が安い劇場を利用する

大手の会社が運営している劇場であれば、最新作の映画を上記でご紹介した一般料金で観るのが通常です。一方で、ミニシアターと呼ばれる劇場や古くから存在する劇場の中には準新作や名作などをお得に観られることがあります。昨今その数は減少傾向にあるようですが、近所にあるかどうか調べてみるのも楽しいでしょう。劇場によっては大きな映画館では公開しない映画も上映する場合があり、名作を発掘する楽しみもあります。

その他のチケットを安く手に入れる方法

次に、映画館のサービス以外で映画のチケットを安く手に入れる方法をご紹介していきます。

前売り券を購入する

前売り券を購入することで、お得に映画を楽しむという方法もあります。前売り券はコンビニやWEBなどで購入することができます。前売り券の欠点として、今までは窓口でのチケット交換が必要だったため、WEBで座席指定をしてチケットを購入することができませんでした。しかし、現在は「ムビチケ」という新たなサービスが登場し、対応している劇場であれば前売り券でありながらもWEBでの座席指定が可能となりました。今まで前売り券の引き換えが面倒だったという方も、自宅にいながら前売り券の購入から座席指定までできるようになっています。

金券ショップで割引チケットを購入する

続いて、街の金券ショップで前売り券や株主優待券、共通券を買うという方法もあります。映画の公開が終了間近になると、かなりお得にチケットを手に入れることができるようです。一部使用に制限がある場合もあるため、十分調べてから購入することをおすすめします。

クレジットカードや福利厚生を利用する

クレジットカードによっては映画館の会社と提携しており、持っているだけでいつでもお得な割引が受けられるものや、特定の日にちのみ割引が受けられるものなどがあります。場合によっては同伴者も割引が受けられる場合もあるため、デートや友人と映画を観に行く際にもおすすめです。
また、見落としがちですが、会社で加入している福利厚生サービスが映画館の会社と提携しており、劇場によってお得に映画が観られたり、前売り券が割引販売されていたりする場合もありますから、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

少しの工夫で映画をお得に観よう!

いかがでしたか? ご紹介したような工夫で、映画はお得に楽しめます。映画は生涯にわたって観る方が多いでしょうから、知っているのと知らないのとでは、長い目で見れば大きな差です。この機会に友人や家族にも教えてあげれば喜ばれるかもしれません。映画が趣味でよく観るという方はもちろん、今まで映画料金が高くて敬遠していた方も、この機会にお得に映画を楽しんでみませんか?

関連記事