みちのくは果物の宝庫!東北の果樹園でフルーツ狩り

東北といえば、山形のサクランボや青森のリンゴ、福島のモモなどが知られ、全国有数のフルーツの産地です。昼夜の寒暖差により、実の締まりがよく甘さも凝縮されたものばかりで、観光農園も充実しています。季節ごとにさまざまな種類の果物が採れるので、親子で旬の味覚を求めてお出かけしてみてはいかがですか?

観光果樹園 安達農園(山形県)

観光果樹園 安達農園(山形県)

減農薬はもちろん、ジュースを作る時に出る絞り粕とワラなどを混ぜて元肥にするなど、安心・安全な栽培にこだわる観光農園。6~12月に行われるもぎ取り体験では、サクランボ、モモ、ブドウ、リンゴを時間無制限で味わえるのが魅力です。6〜7月は、山形の特産品として知られるサクランボがシーズン。東根発祥の「佐藤錦」や、果肉が厚く甘みが強い「紅秀峰(べにしゅうほう)」といった品種を味わえます。そして7~9月はモモとブドウ、9~12月はリンゴとラ・フランスを収穫できます。体験したあとは、併設された直売所で果汁100%ジュースの試飲などのお楽しみが待っています。

施設情報 観光果樹園 安達農園
住所:山形県東根市関山332-1
TEL:0237-44-1231
営業時間:8~17時
定休日:6~12月の期間中無休
WEB:http://adachi-nouen.com/
えらべる倶楽部で観光果樹園 安達農園を利用する

黒石観光りんご園

黒石観光りんご園(青森県)

農園からは、津軽平原と岩木山を一望する大パノラマが広がります。開園するのは、9月1日から11月15日の秋の期間だけ。「ふじ」「つがる」「王林」「北斗」「ジョナサンゴールド」など10品種ほどのリンゴがあり、それぞれ特徴や収穫時期が異なるので、事前に問い合わせて、お目当ての品種をめがけて行くのがおすすめです。収穫したリンゴは、食べ放題というのもうれしいポイント。その場で、親子仲よくもぎたてをガブリといただきましょう。津軽平野を眺めながらくつろげる屋外のテーブル席や、直売所も完備。大地の緑と空のコントラストを楽しみながら、気持ちよく収穫体験ができます。

施設情報 黒石観光りんご園
住所:黒石市大字浅瀬石龍ノ口
TEL:0172-52-8898
営業時間:9~16時
定休日:9月上旬~11月中旬の期間中無休
WEB:https://kuroishi.or.jp/sightseeing/kuroishikankouringoen
えらべる倶楽部で黒石観光りんご園を利用する

あづま果樹園

あづま果樹園(福島県)

サクランボやモモ、ナシなどの栽培が盛んなことから、「果物王国」と呼ばれている福島。観光農園が多くひしめく「フルーツライン」が、そのメッカとされています。フルーツライン沿いにある「あづま果樹園」では、これらのフルーツを6月上旬から12月中旬まで収穫できます。もぎたてを30分食べ放題で楽しめ、なかでもモモの木などは低い位置まで茂っているので、小さなお子さんでも直接収穫できるのがうれしいですね。また売店では、フルーツや加工品などのお土産はもちろんのこと、旬のフルーツを使ったソフトクリームも人気です。素材がもつ本来の甘みを堪能してみませんか?

施設情報 あづま果樹園
住所:福島県福島市飯坂町平野西原1-13
TEL:024-542-1460
営業時間:8~17時
定休日:季節・内容により異なる
WEB:http://www.dab.hi-ho.ne.jp/aduma/
えらべる倶楽部であづま果樹園を利用する

りんごの里 平塚果樹園

りんごの里 平塚果樹園(秋田県)

十和田八幡平国立公園内に位置し、県内でも有数の規模を誇る果樹園。約6,000坪という広大な敷地内に、約1,000本ものリンゴの樹が栽培されています。平塚果樹園の魅力は、こだわりぬいた土づくり。米ぬかやカニ殼などを堆肥に混ぜて発酵させた独自の有機肥料で育ったリンゴは、爽やかな香りと豊かな甘味が魅力。毎年9月中旬~11月上旬は、散策気分で楽しめるリンゴのもぎ取り体験(個数制限あり)が人気で、「サンつがる」や「ジョナゴールド」、「サンふじ」などさまざまな品種がそろっています。もぎ取りは選別のプロであるスタッフが指導するので、初めてでも安心。売店では、アップルパイやリンゴスティックなどのお菓子がそろうほか、果汁100%のジュースの無料試飲もできます。

施設情報 りんごの里 平塚果樹園
住所:秋田県鹿角市十和田大湯箒畑105-1
TEL:0186-37-3997
営業時間:9時~16時
定休日:りんご狩り9月中旬~11月上旬の不定休
WEB:http://hiratsuka-kajyuen.com/
えらべる倶楽部でりんごの里 平塚果樹園を利用する

夏から秋にかけて盛んに行われるフルーツ狩りは、東北ならではの休日の過ごし方のひとつ。自然のなかで新鮮なフルーツをもぎ取る楽しさは、都会ではなかなか体験できることではありません。大人にとっても子供にとっても、きっと最高の思い出になるはずです。

関連記事