分ける?分けない?仕事とプライベートのバランス

最近では日本でもワークライフバランスの概念が一般的になってきましたが、みなさんは仕事をするうえで、仕事とプライベートの時間をどのように捉えていますか?この記事では仕事とプライベートのバランスの取り方、そして仕事とプライベートを切り離すコツについてまとめました。

仕事とプライベートは分けるべきか

仕事とプライベートのバランスを考えた際に気になるのが、「仕事とプライベートを分けたほうが良いのか」ということです。ここではそもそも何のために仕事をしているのか、そして仕事とプライベートを分けるべきなのかについて検討してみましょう。

何のために仕事をするのか

仕事に取り組むスタンスは人によって大きく「プライベートのために」仕事をするタイプと仕事自体に「やりがい」を見出している2つのタイプに分かれます。あなたはどちらのタイプでしょうか?

➢仕事はプライベートのため!

まず、プライベートを重視するタイプです。内閣府が2017年に実施した16~29歳の男女1万人を対象とした「子供・若者の意識に関する調査」でも、63.7%の人が「仕事よりも家庭・プライベートを優先する」と回答し、多くの若者がプライベートを優先して考えていることが分かりました。プライベートのために仕事は仕事と割り切っているということです。

➢ 仕事は何かを成し遂げるため!

次に、仕事にやりがいを感じ、生きる意味を見出している、そして仕事によって成し遂げたい何かがあるタイプです。仕事に生きる意味を見出しているため、仕事において「収入」以外にも価値を見出し仕事をしています。仕事が大好きなので、プライベートの趣味の時間さえも「仕事の気分転換」をする時間と捉えるような人もいます。仕事とプライベートとの間の壁も低いといえるでしょう。

仕事とプライベートは分けるべきなのか

ここまで、2タイプの人をご紹介しました。では、これらのタイプの違いによって、仕事とプライベートは分けるべきなのでしょうか。それとも分けない方が良いのでしょうか。
まず、プライベートを重視する方にとって、プライベートでは仕事のことをあまり思い出したくないでしょうから積極的に分けるべきでしょう。一方で、仕事を重視する方も必ず分ける必要はありませんが、次にご紹介するポイントは押さえておくと良いでしょう。

仕事を重視する方が気をつけておきたいポイント

「仕事が生きがい」と仕事を重視する方は、仕事とプライベートを分けずにいる場合、次にお伝えする2点には注意しておく必要があるでしょう。

➢生活習慣の乱れに注意

どんなに仕事が楽しくても、休息は必要です。仕事が生きがいならばなおのこと、仕事と分けた「休息の時間」を確保することが大切です。休息をとらずに「突っ走って」しまうと、集中力の低下や仕事のミスが増えるばかりか、モチベーションが下がり、ストレスがかかって生活習慣が乱れがちになります。楽しく、そして長く仕事を続けるためにも、自分のプライベートを見直してみましょう。

➢オーバーワークには注意

また、のめり込み過ぎによるオーバーワークに注意してください。仕事に満足しているために、いつの間にか日々の業務量が増えてしまう懸念があります。自分のキャパシティを超えていれば体に異変が生じ、効率的に仕事をすることも難しくなります。オーバーワークを回避するためには睡眠時間をきちんと確保し、心身の疲労を軽減したり、仕事中もこまめに休憩したりしましょう。

仕事とプライベートをどう分けるか

何のために仕事をしているかはもちろん人それぞれです。自分の幸せを意識するためにも、ここからは、「仕事とプライベートの上手な分け方」をご紹介します。上手に仕事モードとプライベートモードを切り替え、メリハリのある生活を心がけましょう。

仕事とプライベートを分けるコツ

プライベートを重視する方には、次の2つの方法で仕事とプライベートを分けることをおすすめします。毎日にちょっとした工夫をとり入れてみてください。

➢オンオフを場所で分けよう

仕事から解放されるためには、場所で「分ける」ことが大切です。簡単な例でいえば、自宅に仕事を持ち帰らないことです。業務中に仕事のスケジュールを徹底的に管理し、帰宅後に確認する必要を無くすことで、帰宅後に仕事モードに切り替わらずに済みます。そして、どうしても仕事を持ち帰る必要が出た場合に備え、自宅に仕事関係の書類などを置く場所を決めておきましょう。仕事を済ませたら、目につかない定位置にしまいましょう。自宅でも視界に入らないように工夫することで、プライベートに集中できます。

➢ちょっとしたルーチンで切り替えてみる

日常のちょっとした動作で仕事モードからプライベートモードに切り替えることができます。有効なのは着替えや入浴です。帰宅してすぐに入浴する、部屋着に着替えるなどしてリラックスモードを自分から作りだしましょう。その他にも温かいお茶を一杯飲む、ストレッチをするなどもおすすめのルーチンです。

プライベートの充実がカギ!

ここまで、仕事とプライベートのどちらを重視しているか、そして仕事とプライベートを分けるコツをご紹介してきました。それでは実際に仕事とプライベートのバランスをうまく意識することで、生活にどのような変化が起こるのでしょうか。

プライベートを重視する方も、仕事を重視する方も、プライベートを充実させることに大きなメリットがあります。プライベートを重視する方にとっては、プライベートの予定を充実させることは生きがいであり、幸せに直結するでしょう。休日も仕事が頭から離れない状態ではリラックスできたといえません。だからこそ、強い気持ちで仕事とプライベートを分け、休めるときにしっかり休息をとることで仕事から解放されることが重要です。
一方で、仕事を重視する方も、適度に仕事を忘れて休息をとり、プライベートを充実させることで結果的には心身のリズムが整い、効率的にそして健康的に仕事のパフォーマンスを上げることができます。中には、全然休まなくともパフォーマンスが落ちないという方もいるかもしれませんので、あくまで自分の心身に合ったバランスを見つけていきましょう。

ワークライフバランスを意識して生活することで、仕事もプライベートも充実!

いかがでしたか? この記事では仕事とプライベートをバランス良くし、充実した生活を送る方法をご紹介しました。何のために仕事をするのかによって、自分なりの幸せと人生の充実度の捉え方は異なります。しかし、充実した日々を送りながら、満足いく仕事をしたいことに変わりはありません。そのためにまずは、仕事とプライベートを分けることでワークライフバランスを見直し、自分の楽しみに時間を費やすことを始めてみませんか。

関連記事