一人暮らしの方必見!家計簿実践術

「日々の収支を把握して、賢くお金を使いたい」と思っていても、現実では急な出費が続いてしまい、給料日前にはいつも金欠で苦しい思いをしている……という方も多いのではないでしょうか。自分の出費の傾向を理解していないと、対策も立てられません。そんな方にとって欠かせないのが家計簿です。面倒くさいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、家計簿にはさまざまなつけ方があります。また、改めて家計簿をつける理由を考えると、見え方も変わってくるかもしれません。今回はそんな家計簿についてご紹介します。

家計簿が一人暮らしに欠かせない理由とは?

まずはそもそも家計簿とは何なのか、その存在意義に迫っていきます。何となく日々家計簿をつけている方も改めて目を通してみてください。自分の行動の意義を再確認できますし、家計簿へのモチベーションもきっとアップするはずです。

そもそも家計簿とは?

家計簿とは、個人や家庭の支出や収入を記載する帳簿を指します。市販されている紙ベースの家計簿が身近ですが、いろいろなものがIT化されている現代では、家計簿ソフトやオンライン化された家計簿も一般的になっています。

家計簿をつけるべき理由

そもそもどうして家計簿をつけるのでしょうか。その理由として、ここでは代表的なものを2つピックアップしました。

1.自分の収支に潜む課題を見つけられる

家計簿をつけずに銀行の残高だけで日々生活をしていると、どうでしょうか。何不自由なく生活できているという方もいるでしょうが、お金が貯まらずに困っているという方もいるでしょう。状況は異なりますが、両者に共通して言えるのは現状に至る理由が明確でないことです。お金に困っているのはお金を浪費したからだろう、と考える方もいるかもしれませんが、では具体的に何にお金を使ったのでしょうか。
また、お金に困っていなくても、実は無駄遣いがあるかもしれません。家計簿をつけていないと、これらの根本的な原因が分かりません。家計簿をつければ月間や年間の収支が分かりますし、項目ごとの支出額も浮き彫りになるため、そこから傾向と対策を考えられます。

2.将来設計が具体的にできる

家計簿をつけることにより、将来設計も具体的に行うことが可能です。年の収支が分かれば、どれぐらいの金額を貯蓄できるかも把握できます。人生には、結婚やこどもの誕生、車やマイホームの購入など、お金が必要となる大きなイベントがいくつもあります。これらの出費に対して漠然と構えていると、お金が足りなくなり、突然の支出に対応できないかもしれません。
しかし、家計簿を頼りに将来設計をしていれば動揺することはありません。大体のイベントの時期と出費額を予想して、そこから必要な貯蓄額を年ごとに算出できます。年間の貯蓄額が足りなければ、節約しようとアクションを起こせますし、イベントのタイミングを延ばすこともできます。家計簿をつけて説得力のある人生のプランを作りましょう。

自分に合った家計簿のつけ方を見つけよう

続いてはさまざまな家計簿のつけ方をご紹介します。一昔前までは、家計簿用のノートを作って手書きで記載する方法が一般的でしたが、今はさまざまな方法があります。家計簿は継続して続けることが一番大切なので、自分に合った最適な方法を見つけてみましょう。

アプリでつける

スマートフォンで「家計簿アプリ」と検索すれば、多くの関連アプリが見つかります。これらアプリを上手に活用すれば、家計簿も効率的につけることが可能です。アプリを使う際のポイントは、銀行口座やクレジットカードの連携機能を最大限に活用することです。例えば可能な限り多くの支払いをクレジットカードで行えば、自動で連携したアプリにも支出が記載されるので、記載する手間を省けます。残りの最低限の現金での出費を手入力すればよいだけなので、手軽で簡単です。収支の結果も分かりやすくグラフで表示されるので、一目で現状が把握できます。

ノートでつける

昔ながらの方法で、実際にノートを使って家計簿をつけているという方も多いでしょう。白紙のキャンパスノートに記載してもいいですし、家計簿用のノートを活用してもいいでしょう。家計簿用のノートはさまざまな種類が出ているので、口コミや書店の方の意見も参考にしてみると、お気に入りの一冊に出会いやすくなります。
家計簿で大切なのは、自分が無理なく継続できることです。お気に入りのキャラクターのノートだと、たとえ機能性に乏しくても長続きする場合もあります。このように、自分の「好き」を大切にして、ノートを選んでみるのも一つの手です。

エクセルでつける

パソコンを使う機会が多く、慣れ親しんでいるという方は、エクセルで家計をつけてみても良いでしょう。エクセルでの家計簿の記載方法はノートと同様ですが、エクセルならではの便利な関数や機能を駆使することで、自動で計算してくれる、グラフ化してくれるといった自分だけの家計簿を作成していくことができます。
ノートの場合だと、自分で計算しなければ合計金額は分かりません。また追加で修正したい場合も、合計金額は再度算出しなければなりません。その点、エクセルを駆使すれば厄介な計算が無くなるため、家計簿を記入する負担もずいぶん減るはずです。注意点としては、データのバックアップは小まめにしておきましょう。クラウド上などにもデータを保存しておくと、もしものときに安心です。

家計簿項目を作ろう

最後にご紹介するのは、家計簿をつけていく上での大切なポイントの一つである「項目」についてです。項目の設定の仕方次第で、家計簿の分かりやすさも大きく変わってきます。実際に家計簿をつけているが、あまり効果を感じられない、項目の仕分けが大変で続かないという方は、以下を参考にして項目を見直してみるといいかもしれません。

家計簿の項目は多くても8つ程度にする

家計簿をつけ始めるときにやってしまいがちなのが、家計簿の項目を多く設定し過ぎてしまうことです。家計簿をつけ始めたときというのは、もっともモチベーションが高いため、より細かく現状を把握できた方がいいと考え、項目も多く作ってしまうのです。これ自体は悪いことではないのですが、継続していくと考えると足かせになりかねません。また、家計簿の目的は何に出費が多いのかを明白にすることですが、項目が無駄に多すぎると、その焦点がぼやけかねません。項目は多くても8つ程度に設定するようにしましょう。

それぞれの項目の定義を考える

例えば「日用品」という項目があった場合、そこには何の金額を記載しますか? お花見のために買ったレジャーシートも日用品に記載していませんか? それぞれの項目の定義が曖昧になっていると、家計簿の結果を見ても収支の真相が分かりにくくなってしまいます。「日用品は生活するのに必要な費用」、「特別費は不定期でイベント性がある費用」などと定義を明確にしましょう。支出があった際に、迷わずに振り分けできるようにしておくと良いでしょう。

家計簿をつけて将来の計画を立てましょう!

今回は家計簿について詳しくお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。家計簿をつけると、今まで曖昧になっていた家庭の収支が明確になります。そして、目標に対して支出が多いときは、改善しようと自然と行動に反映できるはずです。ダイエットと同じで、こまめに体重を測ると間食も減らせるように、家計簿をつけると無駄遣いを削減できます。家計簿を上手に活用して、賢くお金を使いましょう。

関連記事