一人暮らしの方向け 節約術をご紹介!

一人暮らしを始めたものの、毎月の家賃、食費、光熱費、交際費などさまざまな出費に追われ、なかなか貯金ができない、月末が苦しい、という悩みを抱える方は多くいらっしゃるでしょう。この記事では、一人暮らしの方に最適な節約術をご紹介します。

一人暮らしで節約するための心構え

一人暮らしの場合、すべての支出を自分の収入だけでまかなう必要があるため、どうしても貯金できる額が限られてしまいます。ここでは、一人暮らしの人が節約をするために心掛けるべきポイントについてお伝えします。

お金を貯めるための目標を設定する

そもそも貯金や節約は何のためにするのでしょうか? 貯金を始めるにしても、明確な目標がないといつまで経っても達成感が得られず、モチベーションも維持できません。この機会に「何のために貯金をするのか」を明確に決めてみましょう。結婚や車の購入など、大きなライフイベントから逆算して具体的な貯蓄額や達成時のメリットを明確化することで、貯金や節約に励みやすくなります。そして、それが達成されれば「何が自分にとって幸福なのか」も、はっきり意識できるようになるでしょう。

家計簿で収入と支出を把握する

自分の財産を把握し、家計を改善するには家計簿をつけることをおすすめします。家計のどこに問題があるのかが見えないと、家計を改善する方法も分かりづらいものです。月ごとの食費や光熱費など支出の各項目を記録することで、自分の家計の特徴や無駄なところが明確になり、どこから節約すれば良いか分かりやすくなります。100円ショップでも家計簿は売っているため、誰でも簡単に使い始めることができますし、便利な家計簿アプリも多数あります。自分に合うツールを選んでぜひ挑戦してみましょう。

無理して貯金しない

早く貯蓄額を大きくしたいと焦る気持ちも分かります。しかし、無理な節約をして失敗したり、健康を損なったりしてしまっては本末転倒です。自分が苦しくない範囲でコツコツ継続できる方法を選びましょう。たまには自分にご褒美を買ってあげたり、友達と遊んだりと、モチベーションを維持できるよう工夫することも大切です。

ステップ1:まずは固定費を下げよう

節約しようと思ったときに真っ先に着手すべきが固定費の見直しです。一回手続きをすればその後毎月の支出を減らすことができるため、効果も見えやすいでしょう。ここからは具体的な方法をご紹介します。

家賃の下げ方

ここでは引っ越しを検討している方に向け、毎月の大きな固定費である家賃をもっと安くする方法を考えていきます。仮に家賃が月に1万円でも安くなったら、年間で12万円も節約できるので効果は絶大です。

➢引越し条件を緩和させてみる

駅からの距離や部屋の広さ、風呂トイレ別、築年数、セキュリティなど、人によって譲れない条件は異なります。自分にとって最も外せない条件を決めておき、それ以外の部分を妥協することで家賃をぐっと下げることができます。

➢閑散期を狙って探す

一般的に不動産賃貸は1~3月、GWや夏休みなどの大型連休は繁忙期です。その時期は家賃が高くても入居者が決まりますが、そうでない時期は繁忙期に比べ家賃が安く設定されている場合もあります。

➢家賃相場を調べて値下げ交渉

家賃はエリア、駅からの距離、設備などから設定されますが、地域の相場と比較すると少し高い場合、家賃交渉をすれば賃料を下げてもらえる可能性があります。根拠を示し、礼儀正しく交渉すれば希望が通るかもしれません。

水道・光熱費の下げ方

季節によって変動がありますが、ここでは電気、ガス、水道代を抑える方法を考えていきましょう。

➢プロパンガスから都市ガスに変えてみる

都市ガスに比べるとプロパンガスの方がガス代は高いです。賃貸契約の際、プロパンガスの賃貸の方が家賃は安く、都市ガスの方が賃料は高くなりますが、可能であれば自分のライフスタイルに合ったガスを選択することが重要です。

➢節水シャワーヘッドを活用してみる

風呂に入る際、節水シャワーヘッドに交換するだけで水道・ガス代を節約することができます。シャワーヘッドの手元にあるボタンで簡単に一時止水ができるタイプも販売されており、さらなる節約効果も期待できます。購入費用には数千円かかりますが、長期的にみれば初期投資以上の効果が得られるでしょう。

➢お得な料金プランに乗り換える

電気料金は、時間帯別料金プランなどライフスタイルに合わせて見直せばお得になる場合があります。電気とガスがセットになって割引かれるプランもありますし、支払方法を口座振替やクレジットカード払いに変更するだけで割引の適用を受けることができる場合もあります。また、契約アンペア自体を見直すことで基本料金を下げることも可能です。

➢エアコン使用時の環境を整える

エアコンを使用する際、風量は「自動」に設定し、扇風機やサーキュレーターを併用することで室内の温度ムラを解消し、必要以上に室内を冷やしすぎる事態を防げます。また、カーテンを閉めることで冷暖房効率を上げることも有効です。

➢調理方法を工夫してみる

野菜やパスタを茹でる際、コンロで湯を沸かすのではなく電子レンジを活用した方が時間もガス代も節約できます。また、何種類か野菜や肉を茹でる場合は、アクの少ない物から順番に茹でると何度もお湯を沸かす手間も省けます。コンロの火は鍋底からはみ出さない範囲で使用するのが最も効率的です。

通信費の下げ方

通信費は契約する会社やプランを変更したり、組み合わせたりすることで大きく節約することが可能です。どのプランが自分に最適なのか知るために、まずは自身のデータ通信料や通話量を把握するところから始めてみましょう。

➢プランの見直し

現在はアプリを使っての通話が一般的で、電話での通話はほとんど使わないという方もいるでしょう。そこで通話が少ない人は通話のプランが自分の使い方にマッチしているのか見直しましょう。また、データ通信料に関しても毎月余っているようなら小容量プランへの変更し、もし容量が足りないようであれば外出時はWi-Fiを積極的に利用することで月末に容量が足りないことも回避できるはずです。

➢格安SIMへの変更

格安SIMに乗り換えて料金を抑えるという手段もあります。必要に応じて柔軟に自分に合ったプランを選べますし、大手キャリアからも簡単に乗り換え可能なため、検討してみてはいかがでしょうか。

➢光回線の導入を検討してみる

自宅で動画配信サービスなどを頻繁に利用する場合、スマホのデータ容量プランの見直しだけでなく光回線を導入し、セット割引やキャッシュバックの適用を受けた方が通信費全体はお得になる場合もあります。

ステップ2:変動費を下げよう

続いて、自身の頑張り次第で効果が出る変動費の節約術について見てみましょう。

・食費の下げ方

2017年の総務省家計調査によると、単身世帯の消費支出・食費は39,649円と40,000円近くもかかっているようです。食費を抑えて貯金に回したいとお考えの方は自炊をおすすめします。工夫して実践すればしっかり節約できます。

➢スーパーの特売日や安くなる時間帯を把握する

近所のスーパーの特売日と値下げされる時間帯を調べておきましょう。通常よりも安く購入できるのでそのときにまとめて購入しておき、使い切れない分は冷凍保存するなどしておけば食材を無駄にすることもなく、都度買い物に行く手間も省けます。

➢コンビニはなるべく利用しない

コンビニはついつい立ち寄りたくなってしまいますが、お菓子やジュースなど余計なものを買ってしまいがちです。惣菜もスーパーの方が安いので、スーパーを利用することをおすすめします。

➢ネットスーパーを利用する

働きながら毎日スーパーで買い物をするのは負担に感じる方もいるのではないでしょうか。そんな方にはネットスーパーの利用をおすすめします。買い物の負担も減り、自炊のモチベーションも維持できます。

・交際費

予期せぬ出費が多いのが交際費です。季節によって変動も大きく、冠婚葬祭など思わぬ出費もあるでしょう。普段から節約を心がけ、計画的な貯金をするようにし、交際費は年間のトータル支出を意識すると良いでしょう。

➢飲み会への参加は一次会までにする

楽しい気持ちのまま二次会へ参加したい気持ちをぐっと堪え、一次会までの参加にとどめましょう。二次会へ参加し、終電を逃すことによる余計な出費を抑えるメリットもあります。

➢自宅での飲み会にする

みんなでアルコールやおつまみを持ち寄ることで居酒屋を利用するよりはるかに費用を抑えることができます。

➢「友達と会うのは月〇回まで」など回数制限をする

付き合いをすべて断ってしまうのは辛いため、人と会う回数をあらかじめ決めておけば支出の調整もしやすくなります。

・洋服・趣味代

節約していてもおしゃれや趣味を楽しみたいと考える方は多いと思います。お手軽に趣味や洋服を楽しめる方法を挙げてみたのでぜひ参考にしてみてください。

➢フリマアプリを利用して購入する

便利なフリマアプリを使えば安くほしい物が手に入ります。交渉次第では提示価格より値下げしてもらえることもあります。

➢予算を決めて買い物をする

シーズン毎の予算を決めておき、その中でやりくりする方法です。

➢質の良いものを長く使う

流行り廃りがなく、自分に合ったサイズの洋服を購入すれば何年も着続けることができ、初期費用は高くても長い目でみたら節約になります。

上手に節約していきましょう!

今回は一人暮らしの方に向けた節約方法をご紹介してきました。自分に合った節約術からコツコツ実践してみてください。上手に節約して豊かな人生を手に入れましょう!

関連記事