寒い冬にはおこもり体験はいかが? 東北のモノづくり体験スポット

どこかにおでかけしたい気持ちは、寒い冬だからといって抑えることはできません。そんなときは、屋内で何かをつくる体験スポットはいかがでしょうか。東北には、伝統工芸などのモノづくりを体験できるスポットがたくさんあります。家族でモノづくりにチャレンジしてみれば、子供の意外な才能に気づくかもしれません。

盛岡手づくり村

盛岡手づくり村(岩手県)

地域特有の伝統的民家、南部曲り家や昔ながらの暮らしを実感できるスポット。ここには、南部鉄器や陶器などの職人技が間近で見られる15もの工房があり、制作体験(教室)では、予約なしで職人から手ほどきを受けられます(有料)。陶器や陶器絵付け、藍染め、竹細工、わら細工、木工、機織りなどさまざまな体験が楽しめるのが魅力。職人が丁寧に分かりやすく教えてくれるので、初めてでも安心です。どんな作品が完成するか、プロセスそのものも楽しめます。

施設情報:盛岡手づくり村 住所:岩手県盛岡市繋尾入野64-102
TEL:019-689-2201
営業時間:8時40分~17時
定休日:12月29日~1月3日(要問合せ)
WEB:https://tezukurimura.com
えらべる倶楽部で盛岡手づくり村を利用する

仙台万華鏡美術館

仙台万華鏡美術館(宮城県)

筒の中で幻想的な世界を作り出す万華鏡。こちらの施設では、そんな魅力的な万華鏡を作る体験ができます。好きなビーズを選んで入れるだけの「かんたん体験」、本格的なオイルタイプを作る「着せ替え万華鏡体験」、天然石を入れるスペシャル版「天然石の手作り万華鏡体験」など、時間や予算に合わせて選べます。自分用はもちろん、大切な人へのプレゼントとして作るのもいいかもしれません。館内では、定期的に万華鏡関連のイベントも行われています。

施設情報:仙台万華鏡美術館 住所:宮城県仙台市太白区茂庭松場1-2
TEL:022-304-8080
営業時間:9時30分~17時(最終入場16時30分)
定休日:1~2月は木曜
WEB:http://www.iyashisekai.com/sendai
えらべる倶楽部で仙台万華鏡美術館を利用する

歴史感動ミュージアム 会津武家屋敷

歴史感動ミュージアム 会津武家屋敷(福島県)

7,000坪の敷地にはいろいろな歴史的建造物があり、メインとなる武家屋敷は会津藩松平譜代の家臣・西郷家で、当時の武家の暮らしぶりを見ることもできます。ここでは子供から大人まで、短時間で楽しく学べる体験が随時開催中。コップに好きなイラストや文字を書き、削る「ガラス絵彫り」、会津では“べこ”と呼ばれる牛の玩具「赤べこ絵付」、縁起物であり郷土玩具でもある「起上り小法師」などが人気です。「起上り小法師」は、何度倒れても起き上がる姿から「七転八起」をイメージする縁起物。大きめのサイズなので好きな絵柄を描いてみましょう。

施設情報:歴史感動ミュージアム 会津武家屋敷 住所:福島県会津若松市東山町石山字院内1
TEL:0242-28-2525
営業時間:4~11月は8時30分~17時、12~3月は9時~16時30分
定休日:無休
WEB:http://www.bukeyashiki.com
えらべる倶楽部で歴史感動ミュージアム 会津武家屋敷を利用する

平清水焼 七右エ門窯

平清水焼 七右エ門窯(山形県)

約200年もの歴史がある山形県山形市の平清水焼。地元千歳山から取れる硫化鉄分を含んだ陶石を原料にして、伝統を守り続けています。当日予約なしで楽しめる陶芸教室では、手回しろくろや絵付けなどが体験できます。ろくろ体験では、一人1台ずつの回し台で、粘土1kg分を使います。粘土1kgで湯呑なら2個、お皿なら2枚を作ることができ、コスパ的にも魅力的。作りながら、葉っぱやスタンプなどで模様も付けることができます。難しそうに感じる陶芸ですが、丁寧な指導があるので子供にも好評です。焼き上がりは約1カ月後。どんな作品になるのか、待つ時間すら楽しくなることでしょう。

施設情報:平清水焼 七右エ門窯 住所:山形県山形市平清水153
TEL:023-642-7777
営業時間:9~17時30分(店舗)、9~15時(陶芸教室/受付時間)
定休日:無休(12月30日~1月5日は陶芸教室休)
WEB:http://www.sitiemon.com
えらべる倶楽部で平清水焼 七右エ門窯を利用する

雪に閉ざされる東北の冬。そこから様々なモノづくりが生まれ、伝統工芸として受け継がれています。身近にある伝統工芸だからこそ、より深く知るには、冬が絶好のチャンス。幾多の職人たちの想いを感じながら、世界でたったひとつの作品を作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事