日帰り利用で心も体もぽっかぽか! 入浴+バイキングが楽しめる西日本のスポット

寒くなってくると外出が億劫になる人も多いのではないでしょうか。でも、体の芯からあたたまる大きなお風呂につかって疲れを癒し、何を食べようか迷ってしまうほどにたくさんの料理が食べられるとしたら、ワクワクしてきませんか? 寒い日でもお出かけが楽しくなる、西日本の温泉や入浴とバイキングがセットとなったスポットを紹介します。

箕面温泉スパーガーデン

箕面温泉スパーガーデン(大阪府)

温泉、食事、リラクゼーションのほか、お祭り縁日などもある温泉テーマパークです。関西屈指の泉質を誇り、療養泉として認可された箕面の天然温泉は炭酸水素塩泉で、独特のトロツヤ感があり、美肌効果も期待できます。温泉に入ってあたたまった後は、箕面温泉スパーガーデンのオフィシャルホテルである、箕面観光ホテル自慢の絶品メニューが堪能できるランチバイキングへ! お腹を満たせば、至福の1日を過ごすことができるでしょう。

施設情報:箕面温泉スパーガーデン 住所:大阪府箕面市温泉町1-1
TEL:0570-041266
営業時間:スパーガーデンは10~23時45分、ランチバイキングは11時30分~14時、ディナーバイキングは17~21時
定休日:無休(6月頃メンテナンス休館予定)
WEB:https://minoh-spa.ooedoonsen.jp
えらべる倶楽部で大江戸温泉物語 箕面温泉スパーガーデンを利用する

ホテル&リゾーツ 京都 宮津

ホテル&リゾーツ 京都 宮津(京都府)

京都の奥座敷、日本三景の一つである天橋立を臨む「ホテル&リゾーツ 京都 宮津」では、丹後由良の浜から組み上げた「宮津の湯ゆらゆら温泉」の露天岩風呂のほか、大浴場、サウナ(午後のみ)を楽しむことができます。土・日・祝のみ、日本料理と中国料理が楽しめるランチバイキングを開催しており、料理長おすすめのメニューなど、こだわりの逸品を堪能することができます。窓の外に広がる天橋立の景観を眺めながら、くつろぎのひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

施設情報:ホテル&リゾーツ 京都 宮津 住所:京都府宮津市字田井小字岩本58
TEL:0772-25-1188
営業時間:日帰り入浴は6~10時、14〜24時(22時最終受付)、ランチバイキングは11時45分〜14時(LO:13時30分)
定休日:無休(毎年2月頃休館日有・要確認)
WEB:https://www.daiwaresort.jp/miyazu/daytrip
えらべる倶楽部でホテル&リゾーツ 京都 宮津を利用する

奥道後壱湯の守

奥道後壱湯の守(愛媛県)

「美人の湯」と名高い源泉かけ流しが人気の湯宿です。男女各7種の西日本最大級の大露天風呂「翠明の湯」から臨む自然のパノラマは美しく、至福のひとときを約束します。また、別フロアにある貸切風呂は高級感があり魅力的。家族や友人とゆったりと過ごすことができます。和洋約60品の料理が並び、料理人によるオリジナル実演料理も楽しめるランチバイキング、愛媛の郷土料理を盛り込んだ全80種類が味わえるディナーバイキングなど、彩り鮮やかで目移りすること必至なバイキングメニューも人気。

施設情報:奥道後壱湯の守 住所:愛媛県松山市末町267
TEL:089-977-1111
営業時間:日帰り入浴は11時30分~21時、ランチバイキングは11時30分~、ディナーバイキングは18〜21時
定休日:不定休
WEB:https://www.okudogo.co.jp/daytrip
えらべる倶楽部で奥道後壱湯の守を利用する

癒しの里 さらい

癒しの里 さらい(香川県)

天然石の湯、レストラン、リラクゼーションサロン、岩盤浴施設がそろった温浴複合施設。内湯の湯船には讃岐特産の天然石サヌカイトを使用し、遠赤外線効果により体を芯から温めてくれます。そのほか、マイナスイオン効果を期待できる十和田石を使用した水風呂、細胞活性化や免疫力向上に役立つとされる天照石を使用した露天風呂などで、ゆっくり疲れをいやすことができます。2019年7月にリニューアルした「自然彩食ふきのとう」ではビュッフェスタイルで食事をすることができ、子供から大人まで人気を集めています。

施設情報:癒しの里 さらい 住所:香川県坂出市西大浜北1-1-22
TEL:0877-59-2626
営業時間:日帰り入浴は10~25時、ランチビュッフェは11時30分~15時、ディナービュッフェは17時30分~22時(土日祝は17時~)
定休日:年6回程メンテナンス休有(要問合せ)
WEB:https://iyashi-sarai.jp
えらべる倶楽部で癒しの里 さらいを利用する

お風呂であたたまり、おいしい料理を食べてのんびりすれば、日頃の疲れやストレスから解放されるのではないでしょうか。寒いときだからこそあえて家を飛び出して、冬ならではの幸せを味わいに出かけてみませんか?

関連記事