一人暮らしの部屋をスッキリさせる!断捨離のコツをご紹介

一人暮らしの方の中には、ついつい日ごろから物を増やしてしまい、部屋の中が物で溢れかえってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな方におすすめの「断捨離のコツ」を解説。そもそも断捨離とは何か、そして断捨離のメリットや家の場所ごとに断捨離のコツをご紹介していきます。部屋をスッキリさせたい方はぜひ参考にしてみてください。

なぜ断捨離が有効なの?

ここでは断捨離とはどのような意味を持つのか、そして断捨離をしたことで得られるメリットを解説していきます。

そもそも断捨離とは?

断捨離という言葉は、「不要な物を捨てる」、「整理する」といった意味で使われることが一般的には多いようですが、もともとはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?
断捨離はその漢字通り、「断」=必要のない物を断つ、「捨」=要らなくなった物を捨てる、「離」=物に対する執着から離れる、ということを意味しています。つまり、ただ片付けをするというだけではなく、何が自分にとって重要なのかを考え直し、物から自由に、身軽になることが目的なのです。断捨離を機に自分の生活を見つめ直してみましょう。

断捨離のメリット

断捨離の意味についてご説明しましたが、実際に断捨離をすることでどのようなメリットを得られるのでしょうか。ここでは3つのメリットをご紹介します。

1.物が減り、生活スペースが増える

まず、部屋の中から物が減るため、生活するうえで使えるスペースが増えるというメリットがあります。スペースが広がることで、ヨガや筋トレなど、今まで家でできなかったアクティビティを始められるかもしれませんし、住まいが快適になると一人暮らしの家に人を招きやすくもなるはずです。

2.精神的余裕が生まれる

また、「あれがほしい」、「これがほしい」といった物に対する過度な執着がなくなることで、時間的にも精神的にも余裕が生まれるはずです。一人でゆっくりと本を読みながらティータイムを楽しんだり、趣味に時間を使ったりと、QOL(生活の質)の向上にもつながるでしょう。

3.不要な物を売ってお金に変えられる場合も

さらに、断捨離の結果、不要で処分したいと思った物の中には、世の中では価値が高いとされるものも含まれているかもしれません。最近ではフリマアプリなど、個人間で簡単に物の売買ができますから、不要なものはすべて売ってしまえば、物が減るばかりでなく、お金に変わる場合もあります。そのお金を自分がやりたいことに使えば、物が溢れていたときよりもずっと得した気分になるでしょう。

部屋の場所別!断捨離のコツとポイント

続いて、実際に一人暮らしの部屋で断捨離をする際のコツを部屋の場所ごとにご紹介していきます。それぞれの場所には特有の断捨離方法がありますので、うまく使い分けて断捨離を行っていきましょう。

リビングの断捨離

➢散らかったとしても、片付けやすい工夫をする
リビングは一人暮らしの方にとって、一番多くの時間を過ごす場所と言えるでしょう。そのため、どんなに物を減らしたとしても、物が全くない、ピカピカな状態をキープすることはそもそも困難です。そこで、簡単に物が片付けられるような収納家具を一つだけ置いておき、そこに入りきる物だけをリビングに置くことをおすすめします。また、その収納家具のどこに何を入れておくかも決めてしまいましょう。こうすることで、散らかってしまったとしても、それをすぐに原状復帰することができます。

➢目に入りやすい部分を整理するとスッキリ見える
実際に物を減らすことももちろん重要ですが、部屋の見た目をキレイにする工夫も大切です。リビングをスッキリ見せるためにはテーブルやソファといった大きくて目に入りやすい家具の上や、周りにある物を減らすことが有効です。

キッチンの断捨離

➢似たような皿やグラスは断捨離に最適
キッチンには皿やグラス、マグカップなどの食器が増えがちですが、実際に使用する分は限られています。そこで、まずはどんな種類の食器がどのくらいの数あるのかを把握するため、すべて外に出し、広いスペースに並べましょう。
実際に並べてみると似たような形の食器や用途が似た食器がいくつかあるはずです。必要な個数以上に揃えてある食器もあるかもしれません。それらを思い切って捨てる、もしくは売ってみましょう。

➢利便性に欠けるキッチン用品は思い切って断捨離
料理の際や食料の保存に使うキッチン用品の中には、持っているけれど使いみちがない、使いづらいといったグッズやツールが置いてあるものです。例えば食料保存用のタッパーや水筒などは日常的に使っているもの以外は処分してしまいましょう。

ベッドルームの断捨離

➢ベッドサイドの細々としたものを整理する
ベッドサイドは、スマートフォン、本、腕時計、エアコンのリモコンなど細々した物を置くため、散らかりやすいスペースです。そんなときは、小物入れを使って整理しましょう。小物入れは場所をとらない壁掛けのタイプがおすすめです。あらかじめどこに何を入れておくかルールを決めておくと整理が楽になります。

➢余分な枕やクッションは捨てる
クッションや枕はついついたくさん欲しくなり、気づけばそれが原因で散らかって見えてしまうこともあります。実際には一つや二つあれば十分な場合がほとんどですから、厳選して日常的に使うものだけを残しましょう。

➢眠りを妨げるものは周辺に置かない
断捨離のついでに、質の高い睡眠をとるために、眠りの妨げになるような物を取り除いておくこともおすすめします。特に夜型の方は、寝室に遊べる物を置いてしまうと、就寝時間が遅くなってしまいます。意識的に最低限の物を置くようにしましょう。

断捨離する上での注意点

初めての断捨離は慎重に

初めて断捨離をする際は時間をかけて慎重に行うようにしましょう。特に、小さいころの写真やアルバム、よく使っていたおもちゃなど、思い出があるものは、もし捨てることに抵抗があれば、無理せずとっておいても良いでしょう。アルバムの写真や昔描いた絵なら、スマートフォンのカメラで撮ってデジタル化した後に捨てるのも一つの手です。

断捨離後の衝動買いに注意

いざ断捨離を実行すると物が減るため、また物を増やしてしまいがちです。これではせっかくの努力も水の泡になってしまいます。断捨離が終わったからといって安心するのではなく、その後も本当に必要な物以外増やさないことを心がけましょう。物を増やさないという習慣を身につけてこそ、初めて断捨離することができたと言えるのではないでしょうか。

断捨離の視点を生活に取り入れ、一気に部屋をスッキリ!

いかがでしたか? 断捨離はただ片付けるだけでなく、自分自身にとって何が重要か考え、物から離れることが目的です。断捨離をすることで、一人暮らしの部屋が快適になれば、新たな楽しみ方も広がるかもしれません。ぜひこの機会に断捨離を成功させてみてください。

関連記事