悠久の文化と伝統にふれよう! 京都、滋賀、広島、愛媛の春スポット

悠久の文化と伝統にふれよう! 京都、滋賀、広島、愛媛の春スポット

匠によって代々受け継がれている文化や、その土地ならではの伝統文化を身近に感じてみませんか? 絵画や陶器など先人たちが残した作品からは、卓越した技法やそこに秘められた歴史を知ることができます。実際に体験できるコーナーもあるので、親子で楽しみながら文化にふれることができますよ。

京都府:しょうざんリゾート京都

しょうざんリゾート京都(京都府)

大文字山のある鷹峰の麓に広がる複合リゾート施設。広大な敷地には、四季折々の草花を楽しめる日本庭園をはじめ、レストランや結婚式場、会員制ホテルなどがそろっています。日本庭園は、カエデと梅林を巧みに配した北庭と、紙屋川の西岸の遊歩道に沿って伸びる南庭で構成。書院造りの屋敷、明治期に建てられた京町屋など、移築・再生した館は食事処として現在も使用しています。3月初旬から中旬までは、北庭に約160本の梅が咲き誇り、見ごろになると「梅見の宴」を開催。お茶席で舞妓がお茶をたててくれるほか、一緒に記念撮影もできます。また、6月には花菖蒲が咲きそろう「華しょうぶの会」が催されます。

施設情報:しょうざんリゾート京都 住所:京都府京都市北区衣笠鏡石町47
TEL:075-491-5101
営業時間:日本庭園9~17時、食事施設11時30分~22時(一部施設は異なる)
定休日:無休(一部施設は異なる)
WEB:http://www.shozan.co.jp
えらべる倶楽部でしょうざんリゾート京都を利用する

滋賀県:三井寺

三井寺(滋賀県)

天台寺門宗の総本山で、正式名称を「長等山園城寺(ながらさん おんじょうじ)」といいます。天智・天武・持統の三帝が産湯に用いたという「三井の霊泉」があるなど、数々の伝説が残されています。国宝の金堂をはじめ、西国第十四番札所の観音堂、釈迦堂、唐院など多くの堂舎が建ち並び、国宝・重要文化財は100点を超えるほど。座禅や般若心経をなぞり書きする写経など、自分と向き合うことができる体験メニューも人気です。また、「るろうに剣心」や「幕末高校生」などの映画やドラマの撮影現場として使用されており、ロケ地巡りスポットとしても有名。3月中旬からは1,000本以上のソメイヨシノが、境内を美しく彩ります。

施設情報:三井寺 住所:滋賀県大津市園城寺町246
TEL:077-522-2238
営業時間:8~17時
定休日:無休
WEB:http://www.shiga-miidera.or.jp
えらべる倶楽部で三井寺を利用する

広島県:筆の里工房

筆の里工房(広島県)

「筆の都」と称される、広島県安芸郡熊野町で生産されている伝統的工芸品「熊野筆」の産地にある博物館。筆の里工房のシンボルである約200頭分の馬の尻尾を使った長さ3.7m、重さ約400kgの世界一の大筆が見もの。そのほか、筆づくりの名人「伝統工芸士」による筆づくりの実演や、漢字の起源や筆文化の歴史に関する資料もあります。新設された体験ゾーンでは様々な筆を楽しめる「水で筆あそび」や「刷毛でスリスリ」など、子どもから大人まで飽きさせない、遊びながら学べる展示コーナーが充実。また、ギャラリーでは筆に関する展覧会が年に5回ほど開催されます。館内のショップでは、約1,500種類の書・画・化粧筆が販売されており、すべて試筆ができます。

施設情報:筆の里工房 住所:広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1
TEL:082-855-3010
営業時間:10~17時(最終入館16時30分)
定休日:月曜(祝日営業、翌日休) 、年末年始(要問合せ)
WEB:http://fude.or.jp/jp
えらべる倶楽部で筆の里工房を利用する

愛媛県:砥部焼陶芸館

砥部焼陶芸館(愛媛県)

砥部焼(とべやき)と愛媛の伝統工芸をテーマにした、体験型アミューズメント施設。清楚な白磁にとけ込んだ藍色の顔料「呉須(ごす)」、やや厚手の素朴な形が特徴の砥部焼。館内ではそんな砥部焼の作品が、窯元別に展示されています。33もの窯元が手がけるのは、日用雑貨から美術工芸品までと様々。また陶芸体験コーナーでは、砥部焼の絵付けや手びねり、ロクロなどを体験できます(手びねりとロクロは要予約)。さらに、愛媛県のクリエイターによる作品がそろう「ひめくり本舗」では、菊間瓦(きくまがわら)や今治の織り技術といった伝統工芸に親しむことができます。

施設情報:砥部焼陶芸館 住所:愛媛県伊予郡砥部町宮内83
TEL:089-962-3900
営業時間:8時30分~17時(最終入館16時)
定休日:1月1日
WEB:https://www.togeikan.com/index.php
えらべる倶楽部で砥部焼陶芸館を利用する

地域が一体となって守ってきた伝統文化や職人技。国宝や重要文化財をはじめ、希少な文化・伝統遺産からは、人々の熱い想いやみなぎるパワーを感じられるはずです。3月初旬から梅が見ごろを迎える「しょうざんリゾート京都」など、春の花と伝統建築のコラボも楽しみです。

関連記事