人事異動しない人の特徴とは?あなたの周りにもいませんか?

人事異動しない人の特徴とは?あなたの周りにもいませんか?

人事異動では長年所属していた部署を離れ、新たな業務につくため、ネガティブなイメージを持ち、異動に消極的な方も多いでしょう。そんな方の周りにも、人事異動の対象にならずに長年同じ部署に在籍し続ける人も一定数存在するのではないでしょうか。今回は人事異動の種類や目的、対象にならない人の特徴について解説していきます。自身が異動を希望していないという方、異動についてもっと知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

人事異動の種類

人事異動と聞いてまずイメージするのは社内における別の部署への配置転換でしょう。実際には人事異動には目的によっていくつかの種類があり、社外への出向も人事異動として分類されるようです。では、人事異動の目的について詳しくお伝えする前に、どのような種類があるかご紹介します。

昇進

課長から部長、部長から専務など、会社内でのポジション上がることを指します。

降格

降格とは、昇進とは反対に、部長から課長、専務から部長などポジションが下がることを指します。

転勤

社内でのポジションが変わることを理由に、勤務場所が変わることをいいます。新たな勤務地が現住居から離れている場合には家族とともに「転居」するか、家族を残して「単身赴任」する必要があります。

出向

元の企業に所属したまま、別企業(主に子会社やグループ企業)の業務に携わることです。業務命令、給与支払いの義務は就労先の会社ではなく、在籍している出向元の親会社にあります。

転籍

出向と似ていますが、親会社と雇用契約を解除し、子会社や関連会社と新たに雇用契約を締結し就労することを指します。所属が変わることから「転籍出向」と呼ばれています。

部署の配置転換

営業から人事部、製造から営業など、所属部署を異動することを指します。業務内容に大きな変更が発生することもある人事異動です。

人事異動はなぜ行われるのか?

人事異動にはさまざまな種類があることがご理解いただけたかと思います。では、続いてどのような目的があって会社は人事異動を行うのかを解説していきましょう。

人材育成と組織のさらなる発展のため

人事異動の目的は、会社・組織をさらに発展させることです。そのためには多角的な視点・ノウハウを取得した人材が不可欠です。
自動車販売会社での人事異動を一例としてご紹介します。自動車販売会社では整備士から販売営業への人事異動がよく実施されます。整備士から営業へ異動することで、整備士未経験の営業より経験者の方が顧客の所有する車への対応が細かくできるのは明らかだからです。さらに、コスト管理や顧客折衝を経験することで後進の整備士を教育する際に、より顧客の目線に近い指導が可能になります。
このようにして人材を育成して会社・組織を更に発展させる手法として、人事異動が実施されます。

仕事のマンネリ化を防止するため

同じ業務に長年携わっていると、どうしても社員のモチベーションが低下するリスクが生じます。モチベーションの低下は生産性や品質の低下に繋がり、会社の業績悪化を招きます。
再び自動車販売会社での整備士を例にとります。自動車整備士は顧客の車の安心・安全を担う重要な職種です。整備士のモチベーションの低下、集中力の低下は顧客を危険にさらしてしまう原因になり得ます。
このように、従業員の「マンネリ化」が会社・組織の経営に悪影響を及ぼさないよう、人事異動が行われます。また、未経験の業務にチャレンジさせることでモチベーションアップを図る、異動先の部署内で前業務の知識・経験を共有することで職場を活性化する、といった目的の場合もあります。

適材適所に人員を配置するため

人材がその能力を最大限に発揮できる部署に配置することで、生産性の高い会社・組織を形成することができます。そのため、配属部署で求められた能力を発揮できていない人材に対しては本人の適性を人事がヒアリングし、最も能力を発揮できる部署へ異動を行います。このように、人材数・能力構成を適正な状態に再配置する目的でも人事異動が実施されます。この場合の人事異動は社内の部署間のみならず、子会社・関連会社へ出向・転籍といった形態でも行われます。

長年同じ業務に携わる人事異動しない人の特徴とは?

人材という資産を管理し、会社・組織の発展させる手法のひとつが人事異動だということが分かりました。人事異動は、所属する従業員数が多い会社ほど、経営上欠かすことのできない方法です。しかし、従業員からすれば人事異動は人生設計を左右する重要な転換点になり得えます。場合によっては異動によって自分の希望するキャリアとは離れてしまうとして、転職を考える人も出てくるでしょう。一方で長年にわたって同じ部署で、同じ業務にだけ携わる人材もいます。ここからは、人事異動しない人にみられる詳しい特徴やその理由をご紹介します。

上司との関係が良好で安定成長を続けている

人事異動の辞令(従業員に対する正式な命令)は基本的に拒否することはできません。そのため、別部署に異動になるかどうかは、良くも悪くも上司の「さじ加減次第」といえるでしょう。たとえ業績に多大な貢献をしていたとしても、「組織の硬直化を回避するため」といった決まり文句で辞令を受けざるを得ない場面もあります。
現在在籍している部署が自身のキャリア形成に最も適していると考え、長期間に渡り在籍を望むのであれば、上司との関係が良好であることは不可欠です。また、その上で、自分も仕事で一定の成績を残し、会社の成長のためにも日ごろから努力を積み重ね、安定的に成長を続けていることも重要でしょう。

特定のスキルを身につけている

また、その部署・業種で欠かすことのできない、高度な知識・技術を身につけている「代わりのきかない」人材は同じ部署に配置され続けることが多いです。高度な知識や技術を体得している人は、高みを目指して成長を続けている場合が多く、周りとのスキルの差が埋まらずに、その部署に居なくては困る存在になっていくようです。

存在が脅威ではなくトラブルも起こしていない

ほとんど異動しない人は、取引先や部下といった周囲の人から信頼を受けているような人物であることがほとんどです。余計な軋轢を生むことは自分にとっても、会社にとっても利益を生まないと理解しているからです。
反対に周りとトラブルを起こしたり、厚顔無恥な人は部署を異動してほしいと思われてしまいます。当然といえば当然ですが、部署にとって脅威とならない、周りとの協調性があり会社の成長に貢献できている人は異動しにくい傾向にあります。

自分にとってベストな部署に居続けるために

いかがでしたか? 人事異動はときに人生設計に大きく影響を及ぼします。自身のキャリアパスやライフスタイルを振り返ったときに、現在の部署がベストと判断したのであれば、長く居続ける方法を身につけておくことは損ではないでしょう。今回ご紹介した内容を日ごろから意識することで、人事異動を極力避けることができるのではないでしょうか。

関連記事