防災意識を高めよう!<災害に備える> 

防災意識を高めよう!<災害に備える> 

近年、予想以上に被害をもたらす災害が起こり、事前準備を備えようという意識は高くなっていると思いますが、何をどのように備えるかの知識を蓄えていくことが大切です。
この機会に再チェックしてみましょう。

非常持出グッズは足りていますか?
リストでチェックしてみましょう。

チェックリスト

  •  個人情報の証明(健康保険証、運転免許証、パスポート等)
  •  飲料水、食料品
  •  貴重品(預金通帳、印鑑、現金等)
  •  救急用品(常備薬、消毒液、絆創膏等)
  •  被り物(ヘルメット、防災頭巾等)
  •  手袋(軍手、厚手の手袋)
  •  着替えの衣類(防水ジャンパー、下着、靴下等)
  •  靴(スニーカー、スリッパ)
  •  防寒用(毛布、使い捨てカイロ等)
  •  情報端末(スマホ、携帯ラジオ、乾電池、充電器)
  •  生活消耗品(筆記用具、ウエットティッシュ、タオル、マッチ、ロウソク)
  •  トイレ用品(ティッシュ、生理用品、オムツ等)
  •  避難用具用(懐中電灯、ゴミ袋、防水リュック)
  •  地図(携帯の地図アプリはオフラインでも使えるものにする)

食料事前準備

食料・水の事前準備

事前に準備ができることから備えよう!
災害時のことを考えて事前に準備できることから始めましょう。水は意外と日持ちもして日頃からストックしておくといざという時に安心です。ストックができなくても、水のろ過装置などを備えておくと便利です。

非常食の準備も忘れずに!
いざという時を想定して最低でも3日間、できれば1週間分の非常食を準備しておくと良いでしょう。非常食は昔に比べ、バラエティー豊かになり、 味も美味しくなっていると言われているので、準備することも楽しみながら選べられそうですね。

ストックする大切さ
食料と水をストックしておくだけで、少し安心しませんか?災害を想定して準備しておくことは損にはなりません。自分自身や、家族のためにも万全に備えておきましょう。

備えるモノ

被災時に使える、備えるモノの確保

道具を備える
代表的なものはライフライン復旧まで過ごすための、災害時キットです。本格防災セットや最低限必要なアイテムを厳選した緊急キットなど、あなたの必要性に応じた災害時キットを用意しておきましょう。

ライフラインの一つとして
被災時に便利なツールは沢山あります。例えば電気が止まった時に使えるポータブル充電などは、事前に備えておいて良いでしょう。 災害がおきた後のテレビなどの情報だけではなく、本当に必要な道具を事前に取捨選択して備えましょう。

備えこそ万事を救う
トイレットペーパーやカップラーメンが忽然とスーパーからなくなる現象を目撃した方も多いのではないでしょうか?慌てて準備するより、何事も事前に備えて便利な道具を確保することが少しの安心感を手に入れる秘訣です。

住宅関連

住宅関連の対策

事前防災対策として
住宅の耐震化の重要性についてよく耳にすると思いますが、実際に耐震化が進んでいない現状があるそうです。その原因は、多くの人が自分の家は耐震化されていると思っていることが原因と言われています。まず、自分の家は大丈夫じゃないかもしれないと考え、耐震診断から積極的に行うことをお勧めします。

空き家問題
管理が適切にされていない空き家では、災害時、倒壊や崩落などの可能性があります。また、ゴミが溜まっていたり、庭には燃えやすい枯草が伸び放題になっている場合、放火などの標的になりやすいともいわれています。 解決策としては、持ち主が売却をすることが一番ですが、対策としては法律で定められた「空き家対策特別措置法」に頼るケースが多いようです。

インスペクション(住宅診断)のおすすめ
事前対策として自宅の住宅診断をしてみてはいかがでしょうか。増税後からエコポイントも付与されますので良い機会ではないでしょうか。いつ起きるかわからない災害の事前対策は出来ることから進めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。自然災害はいつ起こるかわかりません。災害について色んな意見がありますが、 本当に必要で信用できる情報かを見極め取捨選択も大事です。いざ災害が起きた時に守れるのは自分自身の備えと知識だからです。

関連記事