マイクロツーリズムとは?withコロナ時代の新しい旅行スタイルをご紹介!

マイクロツーリズムとは?withコロナ時代の新しい旅行スタイルをご紹介!

遠出をして違う街の空気を感じたり、自然に親しんだりすると気持ちをリセットできることから、ストレス解消を目的に旅行を楽しむ方も多いのではないでしょうか。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で旅行を控えることになり、リフレッシュできずに悩んでいる方も少なくありません。そんな方におすすめなのが、地元や近場での旅行を楽しむ「マイクロツーリズム」です。今回は「マイクロツーリズム」の魅力とメリットをご紹介します。

マイクロツーリズムは旅行の新しいスタイル

マイクロツーリズムは旅行の新しいスタイル

新型コロナウイルス感染症の影響で旅行を自粛している人が増えているため、日本国内の観光業界は大きな打撃を受けています。特に県外や海外からの観光客の宿泊者が多かったホテルや宿泊施設は、売上が大幅に落ち込み、やむを得ず廃業するところも出ています。その数は上半期だけで73件にも及び、なかには有名老舗旅館も含まれているほどです。

「マイクロツーリズム」は星野リゾート代表の星野佳路氏が日本の観光業界を回復させるための方法として提唱したもので、遠出をせずとも、もっと自身が住んでいる地域に目を向けて地元で旅行を楽しもうというものです。具体的には、自宅から1時間で移動できる範囲をマイカーや自転車などを利用して移動し、地元で観光を楽しむ日帰りまたは短期滞在型の旅行のことを言います。「マイクロツーリズム」は日本の観光業界を支援できるだけでなく、地元活性化や伝統文化の継承という観点から見ても大いに期待できる新しい観光スタイルです。

マイクロツーリズムのメリット

マイクロツーリズムのメリット

「マイクロツーリズム」と飛行機や新幹線などを利用する従来型の旅行を比べてみると、あまり旅という感じがしないかもしれません。そこで、まずはマイクロツーリズムを利用するメリットについて確認してみましょう。

ウイルス感染のリスクを抑えながら観光できる

新型コロナウイルス感染症を予防するためには「マスクの着用」「手洗い」を励行し「3密」を避けることが非常に重要です。「3密」とは「密閉、密集、密接」のことで「密閉:窓がなく換気が難しい場所」「密集:一箇所に大勢が集まる場所」「密接:近距離での会話や運動」を指します。

公共機関の利用者数は以前より減ってはいますが、「3密」の状態になりやすく、長距離移動で長時間車内にいれば感染するリスクが高くなるので、公共機関の利用はできるだけ避けたほうが良いでしょう。その点、自動車や自転車を使って移動する「マイクロツーリズム」は、感染のリスクを抑えながら安心して観光が楽しめます。

ただし「マイクロツーリズム」においてもまったく感染するリスクがないわけではありません。そのため、自動車の場合は換気、自転車の場合は信号待ちでは人との距離が近くなるのでソーシャルディスタンスを心がけ、マスクの着用は忘れずにすることが必要です。

新たな地元の魅力を発見できる

例えば埼玉県の場合、東京のベットタウンであり、秩父周辺などは自然が豊かなので訪れる人も多いですが、その他の地域を観光する人はそれほど多くはありません。ですが、実は埼玉県はうどんの生産量が全国第2位ですし、名産の狭山茶は三大銘茶のひとつに数えられています。また、県内には美術館や博物館、科学館なども多いです。

観光地として知られていない地域でも、普段気づかないだけで地元の歴史を知ることができる建築物や遺跡、資料館などがあります。新型コロナウイルス感染症の影響で遠出がしづらいこの機会を利用して「マイクロツーリズム」で地元を探索すれば、新たな魅力を発見することができて今まで以上の地元愛が生まれるでしょう。

地域によっては担い手不足により、お祭りや伝統文化が継承できず廃止しているところもあります。地元に興味を持ち、積極的にお祭りやイベントに参加して地元の人と交流すれば、地元を盛り上げることも可能です。旅行を楽しむだけでなく、地域活性化に一役買えるのも「マイクロツーリズム」のメリットのひとつだと言えます。

地域限定のお得なプランが楽しめる

県外や外国からの観光客を受け入れるのが難しい現状を打破する対策としてホテルや観光施設は、従来あまり利用する機会がなかった地元の人を対象としたお得な観光プラン・宿泊プランを打ち出しています。もともとそれほど費用がかからない「マイクロツーリズム」ですが、地域限定プランを活用すればさらにお得に観光や宿泊が楽しむことが可能です。

サービス内容はプランによって異なりますが、「宿泊費が安くなる」「地元の飲食店やお土産店、タクシーなどで利用できるクーポンがもらえる」「おみやげセットがもらえる」などが用意されています。地域限定のプランを利用する場合、身分証明書の提示や旅行代金の条件などがありますので、事前に確認しましょう。

Go to トラベルキャンペーンの対象プランもある

「マイクロツーリズムや地域限定プランは興味あるけど、収入が減ったからお泊りは難しい」という方におすすめなのが「Go toトラベルキャンペーン」との併用です。「地域限定プラン」が「Go toトラベルキャンペーン」の対象プランであれば、さらに旅費を安く抑えることができます。

「Go To トラブルキャンペーン」とは、新型コロナウイルス感染症の影響により売上が落ち込んだ旅行業界を支援するための国の経済政策です。宿泊費や旅行代金の5割を上限に、国がその費用を補助してくれます。補助される金額の内訳は、旅費の35%が旅行商品の割引、残りの15%が現地の登録加盟店で使える「地域共通クーポン」の発行です。実施期間は変更する可能性もありますが、現時点では2020年7月22日~2021年3月15日までの期間で利用できます。

還付金の手続きは、旅行サイトから申し込み旅費を旅行業者に支払えば旅行業者が行いますが、現地払いの場合は自分で手続きをしなければなりません。また、小さなお子さんや乳幼児も「Go To トラブルキャンペーン」の対象となりますが、マイルやポイントを利用して支払いをした場合は対象外です。その他にもさまざまな条件があるので、事前に「Go To トラベルキャンペーンよくある質問」などで確認しておくことをおすすめします。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?新型コロナウイルス感染症は世界中で拡大し続けていて、収束の目処は未だたっていません。ですが、外出せずに家でじっとしているのは体に悪影響を及ぼし、ストレスから体調不良を起こしてしまう人が多いのも事実です。安心して旅行を楽しみ、思い切り遊びたいという方は「マイクロツーリズム」を利用してみることをおすすめします。

えらべる倶楽部関連特集:マイクロツーリズム えらべる倶楽部で新しい旅のカタチ<マイクロツーリズム>をみる

関連記事