正月に「おせち」を食べるのはなぜ?歴史や食材の意味を知ろう

正月に「おせち」を食べるのはなぜ?歴史や食材の意味を知ろう

日本の正月といえば「おせち」ですよね。家庭や地域によって入っているものに多少の違いはあるものの、ほとんどの人が正月におせちを食べたことがあるでしょう。では、なぜ日本人は正月におせちを食べるのでしょうか。今回は、おせちの歴史やおせちを食べる理由、そしておせちを重箱に詰める理由といった「おせち雑学」をご紹介します。

正月とおせちの歴史

正月とおせちの歴史

もともと日本は、主に学問面や文化面で中国の影響を受けていましたが、暦や年中行事においても中国の影響を受けるようになりました。中国では、季節の変わり目のことを「節句」と言い、その季節ごとの節句を祝う習慣があります。ひな祭りである「桃の節句」やこどもの日である「端午の節句」も、もともとは中国で祝われていたものです。

奈良時代には日本でも節句の祝いをするようになり、平安時代になるとそれまで宮中行事とされていた節句の祝いが貴族の間でも広まります。そのとき神への供えものとされていた「御節供(おせちく)」が、今のおせちであり、季節の変わり目でも特に重要である元日の祝いのときに、おせちを食べるようになったのです。

おせち料理を食べる意味とは

おせち料理を食べる意味とは

本来、おせちはその年の福徳をつかさどる神である「歳徳神(としとくじん)」を迎え入れ、ご馳走を一緒に食し無病息災を願うという意味を込めて大晦日に食べるものでした。 おせちを食べるときに、両端が細くなっている「両口箸」を使いますが、一方は自分用、もう一方は神様用とされているという意味からも、歳徳神を迎え入れようとしていることがわかることでしょう。

一部の地域では大晦日におせちを食べる風習が残っていますが、多くの地域は大晦日に神様と一緒に食べる料理は年越しそばに変わりつつあります。また、火は歳徳神の神聖なものなので正月の期間には使わないようにするため、火を使わずに食べられる保存食をおせちに詰め込むようになったのです。

「重詰め」の作法とは

「重詰め」の作法とは

最近では三段おせちが多いですが、正式には四段、もしくは五段の重箱が使われます。お重を重ねることには「めでたく歳を重ねる」、「めでたいことを重ねる」という意味で用いられ、縁起が良いとされているのです。

それぞれの段に入れるものは決められており、一段目は数の子や黒豆、かまぼこといった「祝い肴(いわいざかな)」、二段目にはきんとん、伊達巻などの「口取り(くちとり)」、そして三段目には海や川の幸などの「鉢肴(はちさかな)」を入れます。最後の四段目には山や畑の幸などの「甘煮(うまに)」が入る場合が多いです。ただし、最近はこの内容にも変化が見られており、一概にこの通りとは限りません。

食材に込められた意味とは?

重箱に詰められたおせちには、その料理ごとに意味が込められています。一般的なおせち料理に込められた意味は以下の通りです。

まずは「黒豆」ですが、黒豆には真っ黒に日焼けするくらいに勤勉に健康で暮らすことができるようにという願いが込められています。そして、正月に目にする代表的な食べ物の「数の子」です。数の子はニシンの腹子で、卵の数が多いことから子孫繁栄の願いを込めておせちに入れられるようになりました。また、「伊達巻」は、形が巻物に似ていることから、知識が増えるようにという願いが込められています。

このようにおせち料理の食材は、ひとつひとつ意味を込めて作られているのです。

五の重には「願い」を込める

重箱にも料理自体にもいろいろな意味が込められているおせち料理ですが、実はさらに深い意味もあります。それは、最後の五段目に詰めるものです。実は五段目は控えの重とされており、料理は何も詰まっていません。五段目に詰めるものとは「願い」です。

これにも諸説ありますが、そのひとつは「来年こそは最後の段までいっぱいにすることができますように」という願いが込められているというものです。 最後の段までいっぱいにするには、まずは健康でいる必要があり、仕事も順調でなければいけません。 つまり無病息災、家内安全、商売繁盛といった人生で必要とされることが、すべて来年も揃いますようにという願いが込められているということになるのです。

今年は個食型も充実

今年は個食型も充実

今年は感染症の影響で、これまでの年とはまったく異なる正月になりそうです。普段の年末年始であれば、地元に帰省する人もいれば、 親戚で集まって過ごすという人もいたでしょう。ですが、今年はごく少人数がまたはひとりで過ごすということになるかもしれません。

そういう風潮もあってか、今年のおせちは普段と少し違うタイプのものが売り出されています。普段のおせちよりも小さい個食型のおせちが多く販売されているのです。 もちろん個食型といっても、一人用なのか、それとも二人用なのかでも違いがあります。個食型のおせちの種類は豊富なので自分の必要に応じて大きさを選んだり、好みによって選んだりすることができるでしょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?地域によってその意味には多少の違いはあるものの、おせちには「いつまでも幸せに暮らすこと」を誰もが望んでいるという願いが込められています。今年は今までとは少し違った正月になりそうですが、感染予防対策として作られている個食型のおせちも充実しているので、気になるおせちをぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

えらべる倶楽部関連サービス:【期間限定】おせち えらべる倶楽部でおせちサービスをみる

関連記事