バレンタインデーとホワイトデーは日本で生まれた?

バレンタインデーとホワイトデーは日本で生まれた?

女性にとっての一大イベントと言えばバレンタインデーやホワイトデーです。大切な人のことを想ってプレゼントを用意する時間はとても楽しいひとときですし、恋人同士で思い出に残る時間を過ごすのにピッタリのイベントでもあります。今回はそんなバレンタインデーやホワイトデーの由来や歴史についてご紹介します。

バレンタインデーの始まりは

バレンタインデーの始まりは

現代でバレンタインデーと言えば、好きな人や恋人にチョコレートをプレゼントするイベントとして、ワクワクする明るいイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、バレンタインデーの由来を調べてみると、決して楽しいだけのイメージとは異なるかもしれません。では、そもそもバレンタインデーの由来はどのようなものだったのでしょうか。詳しく解説します。

バレンタインデーの由来とは

「バレンタイン」という名称は、キリスト教司祭「ウァレンティヌス」の名前から採られています。西暦3世紀頃のローマ皇帝クラウデワーウス2世は、家族や恋人がいると若者が戦争に行きたがらないことを理由に結婚を禁じていました。

しかし、ウァレンティヌスはそれではあまりにも若者がかわいそうだと思い、こっそり結婚式を執り行っていたのです。それを知った皇帝は、二度と行わないように命じましたが、ウァレンティヌスは皇帝に従うことなく、結婚式を執り行い、ついには処刑されてしまいます。

処刑されたのが2月14日だったため、それ以降、2月14日はウァレンティヌスが処刑された日として、国民で祈りを捧げるようになったことがバレンタインの由来と言われているのです。

バレンタインデーの発祥はローマだった?

ウァレンティヌスの死を悼む宗教行事の日とされていた2月14日ですが、1,000年以上経過した14世紀頃からは恋人同士がプレゼントを送り合う日として定着するようになりました。もともとローマでは、2月14日は家族と結婚の女神であるユーノの祝日とされていたのです。

また、翌日2月15日に行われるルペルカリア祭では一緒に過ごす異性をくじ引きによって決めていました。これにウァレンティヌスの逸話が加わり、次第に2月14日は「愛の日」として確立するようになったと言われています。

さらに、旧暦の2月14日は春の始まりの日とされており、鳥たちがつがいとなる相手を探す季節となることから、告白やプロポーズにふさわしい「恋人たちの日」となったとも言われているのです。

バレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本だけ?

バレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本だけ?

日本でバレンタインデーと言えば、好きな人にチョコレートを贈る日、と思われているのが一般的です。多くの女性は、学生時代などにドキドキしながらバレンタインのチョコレートを用意した経験があるのではないでしょうか。実はバレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈るのは、日本だけの習慣なのです。

海外のバレンタインの場合は、女性から男性に贈るとは限らず、家族や友人同士でプレゼントを贈り合い、感謝の気持ちや愛を伝え合うことが一般的だとされています。プレゼントの内容については特に決まりがあるわけではなく、相手に合ったプレゼントとカードを贈るのです。場合によってはチョコレートが添えられることもありますが、チョコレートはあくまでもおまけ程度の位置付けとなっています。

日本でチョコレートを贈るようになったきっかけとは

バレンタインが日本に入ってきたのは、1950年半ば頃と言われています。当初からチョコレートを渡す習慣があったわけではなく、最初のうちは化粧品や洋服など、一般的な贈り物をすることが多かったのです。

その後、モロゾフやメリー、森永製菓といった製菓メーカーが、バレンタインの贈り物としてチョコレートを選ぼうと宣伝を始めました。最初は効果がなかったようですが、バレンタイン用にセールやキャンペーンを開催し続けているうちに定着し、今ではバレンタインにチョコレートはなくてはならないものになったのです。

つまり、日本でバレンタインデーにチョコレートを贈るきっかけになったのは、製菓メーカーがお菓子をたくさん売るためのひとつの方法として定着させたことにあると言えます。

ホワイトデーの歴史

ホワイトデーの歴史

ホワイトデーと言うと、バレンタインにチョコレートをもらったお返しとしてプレゼントをするというのが一般的なイメージではないでしょうか。バレンタインが世界的なイベントなので、ホワイトデーも同様に世界中で行われていると思われがちですが、実はホワイトデーは日本だけのイベントなのです。

もともとホワイトデーは、老舗菓子店がバレンタインのお返しとして白いマシュマロを販売したことが始まりでした。そのため、当初はホワイトデーではなく「マシュマロデー」と呼ばれていたようです。その後、マシュマロだけではなく、キャンディやクッキーも同様に販売されるようになり、現在のホワイトデーが定着したとされています。

ホワイトデーの誕生

最初にマシュマロを販売したのは老舗菓子店の石村萬盛堂でした。石村萬盛堂は、もともと「鶴の子」というマシュマロ菓子を販売している菓子店です。当時の社長が新しいお菓子のアイディアを探していたところ、男性はバレンタインにチョコレートをもらうのにそのお返しがないのは不公平だと思いつき、バレンタインデーのお返しとしてマシュマロを販売しました。これが昭和52年(1977年)のことです。

そして、翌年の昭和53年に全国飴菓子工業協同組合によって「全飴協ホワイトデー委員会」が結成されます。2年間の準備期間を経て、昭和55年3月14日に最初のホワイトデーがイベントとして開催され、その後はバレンタイン同様、毎年欠かすことなく行われるようになりました。

ホワイトデーで贈るお返しには意味がある?

ホワイトデーはマシュマロを送ることから始まりましたが、現在ではマシュマロだけでなく様々な種類のお菓子が販売されるようになったので、何を送るか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、ただ見た目が可愛いからとか美味しそうだからという理由だけで選ぶのには注意が必要です。

実は、ホワイトデーで贈るものにはそれぞれ意味があるとされているので、贈る相手によっては慎重に選んだ方がいい場合もあります。

例えば、マシュマロは「好きではありません」、キャンディは「好きです」、クッキーは「友だちでいましょう」、マカロンは「特別な存在です」という意味があるのです。ホワイトデーの贈り物を選ぶ際は、それぞれのお菓子にこめられた意味を知っておくことをおすすめします。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?バレンタインデーとホワイトデーには、それぞれの由来や特徴があります。ただなんとなく楽しむイベントとして過ごすのではなく、由来や特徴を知っておくとよりバレンタインデーやホワイトデーを感慨深く楽しむことができるでしょう。次のバレンタインデーとホワイトデーを楽しむときには、ぜひ歴史や贈り物の意味を思い出して楽しんではいかがでしょうか。

えらべる倶楽部の関連特集:バレンタイン&ホワイトデーギフト特集 バレンタイン&ホワイトデーギフト特集をみる

関連記事