リモートワーク環境を快適にする方法とは?

リモートワーク環境を快適にする方法とは?

2020年から始まった新型コロナウィルス感染拡大により、生活様式の見直しが求められるようになりました。会社に出勤することが当たり前だった日常から、リモートワーク中心の生活に切り替わった人も多いです。今後もリモートワークが続くことが予測されるので、今回はリモートワークを少しでも快適に行う方法をご紹介します。

コロナの影響でリモートワークが急増!

コロナの影響でリモートワークが急増!

新型コロナウィルスは人と接触することで感染が広がるため、まずは人との接触を減らす必要があります。そのため、会社内や通勤中に人と接する機会を最低限にしなければいけません。人との接触をグッと減らせるリモートワークはコロナ対策としてぴったりの方法であることから、多くの人がリモートワークをするようになりました。

職種によってはリモートワークが不可能な場合もあるので、すべてリモートワークにすることは難しいですが、ウィルスの蔓延を防ぐためにも今後リモートワークはますます増えていくと予測されます。緊急自体宣言が出されてからのリモートワーク率は、約47%に増加していることが調査によってわかっているのです。

リモートワーク環境がストレスに!

リモートワーク環境がストレスに!

新型コロナウィルスの感染拡大の影響でリモートワークをせざるを得ない状況になり、ストレスを感じている人が増えています。朝早く起きて満員電車に乗って通勤することを考えると、一見リモートワークの方が楽そうですが、実際はそうでもないようです。大きな理由として、自宅に仕事をする環境が整っていないことが挙げられます。

会社は出勤すればすぐに仕事に取り掛かれる環境ですが、リモートワークの場合はそうではありません。まず必要なものを揃え、環境を整えなければ仕事が始められないのです。通常の業務だけでなく自分自身で仕事をする環境を整えなければならないことがストレスになっていることも少なくありません。

リモートワーク環境では何が必要?

リモートワーク環境では何が必要?

リモートワークをするために、まずは必要なものを準備する必要があります。これがないと仕事にならないものとしてまず挙げられるのはハードウェア、つまりパソコンです。デスクトップ型やノート型など種類があるので、自分の使いやすいものを選ぶ、あるいは会社からの貸与パソコンを使う方法があります。

また、インターネット環境も必須です。インターネット環境がなければ社内・社外ともやり取りができず、仕事に支障が出ます。インターネット環境にも光回線やポケットWi-Fi、テザリングと種類があるので、自分の仕事に必要なタイプを確認しておくことが必要です。

忘れてはいけないのがセキュリティ対策です。通常であれば社外に持ち出さない情報を社外で使うことになるので、セキュリティ対策をしっかり行わなければいけません。

リモートワークを快適にする方法の紹介

リモートワークを快適にする方法の紹介

通勤しなくていいから楽でいいと思う人もいるかもしれませんが、現実はそう甘くはないようです。リモートワークは意外と疲れると感じている人もいます。現在の状況下ではリモートワークも続くと予測できますが、現時点ではまだ収束の見込みがたっていないのが現実です。

そこで、リモートワークに必要な環境をしっかり整えることやストレス対策をきちんと行うことで、快適なリモートワーク環境を作ることが大切です。ここでは、企業側と従業員側それぞれができるストレス対策についてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

企業ができるリモートワークストレス対策

リモートワークにストレスを感じる理由として、コミュニケーションの取りにくさが挙げられます。これまで顔を合わせて仕事していたのに、急に画面越しや電話越しのみでのやり取りになってしまうと伝えたいことがスムーズに相手に伝わらない状況が生まれ、それがストレスとなる場合もあるようです。そのため、コミュニケーションをしっかり取るためにリモートワークならではの取り組みが必要となります。

そこで企業側ができることは、コミュニケーションの機会を取りやすい仕組みを設けることです。業務中、また業務以外でもテレビ会議システムやチャットを使ってコミュニケーションが取れる環境を作ることが大切です。また、従業員が働きやすいと感じる環境を積極的にヒアリングし、可能なものから整えていくことも重要となります。

個人ができるリモートワークストレス対策

リモートワークをする場合、自宅で仕事をする人が多数派です。集中して仕事ができる十分なスペースがあれば問題ないですが、ワンルームであったり、家族と同居していたりすると仕事に集中できるスペースを確保するのが難しいこともあります。そこで、仕事に集中できる空間をパーテーションや家具を上手に使って作ることが必要です。

また、自宅だからとダラダラしてしまわないように、時間の管理を徹底することも大切です。決まった時間ごとに小休憩を入れるなど、メリハリのある時間の使い方をすることをおすすめします。

リモートワークのストレスを軽減するには

慣れないリモートワークでストレスを感じているのであれば、仕事をする環境を改めてしっかり整えることで軽減することができます。自分では環境を整えているつもりでも、意外と体の負担になっているというケースは少なくありません。そこで、体の負担を減らすという観点から、どのようなリフレッシュ方法があるのかご紹介します。

リモートワークでストレスを感じやすいなら、体への負担が少なく心身ともにリフレッシュして働きやすくするのがおすすめです。具体的には以下の点が挙げられます。

  • リモートワーク用のデスクセットを揃える
  • 照明でメリハリをつける

リモートワーク用のデスクセットを揃える

仕事がしやすい環境を整えることに加え、重要なのが仕事をする際の姿勢です。ちょうどよい姿勢だと体に余計な負担をかけずに済むので、肩こりや疲れ目といった症状も出にくくなります。また、肩こりや疲れ目の症状が出た場合は、ストレッチをしたり目薬をさしたりするなど、こまめに対処しておくと症状が重くならずに済むことも多いです。

リモートワーク専用のデスクがない場合は、より仕事しやすく姿勢も保てるデスクやイスのセットを揃えるのもおすすめの方法と言えます。総務省のホームページには働き方改革の一貫としてリモートワークが記載されており、アフターコロナの時代にますます増えると予測されるので、自分に合った環境を整えておくことは大切です。また、仕事とプライベートのメリハリをつけることにも役立ちます。

照明でメリハリをつける

会社で働く場合、物理的な仕事環境は自分の好みに関係なく決められています。しかし、リモートワークの場合、デスクやイスだけでなく、照明も自分で整えなければいけません。自宅は日常生活を送るための場所でもあるので、仕事をしやすい照明を揃えて日常生活とメリハリをつけると集中できておすすめです。

本格的な業務用照明やスタンドタイプのものをうまく活用する、太陽光を採取して照明代わりに使うなど方法は様々です。照明や太陽光を上手に活用すると体内時計も整うので、メリハリをつけ、リフレッシュしながら仕事ができます。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?新型コロナウィルスと戦うためには、まずはできることから始めることが大切です。リモートワークの導入により、従来と違った働き方をすることになってストレスがたまることもあるかもしれませんが、ストレス解消法を試したり、作業環境を見直したりすることで遜色ない仕事をすることができます。快適にリモートワークを行うためにも、まずは環境を整えてみてはいかがでしょうか。

関連記事