防災グッズを準備するだけでは足りない?災害に備えてやっておきたいこと

防災グッズを準備するだけでは足りない?災害に備えてやっておきたいこと

皆さんは防災のために皆さんはどんな準備をしていますか?防災グッズの準備も大切ですが、他にも災害に備えてやっておきたいことは様々あります。急に災害が起こったときになるべく焦らずに行動するためには、事前の準備が重要です。今回は、急な災害時に備えてやっておきたいことについてご紹介します。

防災とは

 防災とは

防災とは、災害が起きる前になるべく被害が最小限にすむよう、きちんと備えておくことです。災害には大きく分けて、地震や台風などの「自然災害」と交通事故や火災などの「人的災害」があります。

人的災害に関しては、普段から注意していれば防止できる場合もありますが、自然災害は急にやってくるので、防止そのものはできません。だからこそ、事前に防災準備をしておくことがいざというときのために大切なのです。

防災のためにできることは、防災グッズを準備しておくことだけではありません。耐震強度がきちんとした家に住むことなども重要な防災対策ですし、他にも防災のためにできることは様々です。

日本で災害はどのくらい起こっているの?

日本では昔からさまざまな災害が起こっていますが、近年も全国でたびたび災害が発生しています。地震や台風、浸水被害などたびたびニュースになっているので不安に思うことも少なくありません。また、日本で災害はどのくらい起こっているのか、増加しているのか減少しているのか疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

日本の災害発生件数は、近年増加傾向にあります。自然災害はいつどこで起こってもおかしくないので、事前に防災準備をしておくことが大切です。

準備だけじゃない防災方法

準備だけじゃない防災方法

日本でもこれまでたくさんの災害が起こっていますが、今後も災害はいつどこで起こるかわからないので、一人ひとりの防災が重要です。皆さんは、現在どのような防災方法を行っているでしょうか。防災グッズの準備以外にも様々な防災方法があります。

ここでは、どのような防災方法があるのかについてご紹介します。防災について知り、普段から災害に備えて準備しておくことが大切です。

避難経路・避難場所の確認

自宅や職場付近などの避難経路と避難場所は、事前に確認しておくようにしましょう。急に災害が起こって避難場所に移動することになった場合、避難経路や避難場所を確認していないと、スムーズに避難できずに焦ってしまう可能性があるからです。

事前に、自宅から避難場所までの経路は危険ではないか、周りに危険な建物はないかなどを確認しておくことが大切です。例えば大きな地震が起きた場合に、耐震強度の低い建物が避難経路にたくさんあると倒壊の危険性があります。なるべく安全な経路を通っていくためにも、危険な経路は避けて移動できるように確認しておいてください。

ハザードマップもチェック

ハザードマップでは、避難場所など防災に活用できる情報を確認できます。浸水や土砂災害などの予想区域図なども確認できるため、危険度の高い区域を事前にチェックしておくのも有効です。

地震や津波のハザードマップもあり、防災に活用できる情報が記載されています。ハザードマップを入手したい場合は、国土交通省や自治体ホームページなどから入手可能です。ハザードマップは、国土交通省以外に個人が作成しているものもあります。ハザードマップによっては記載されている内容が違う場合もあるので注意が必要です。

おうちキャンプを行う

おうちキャンプとは、家でキャンプすることですが、これは防災訓練にもなります。子供も楽しみながら参加できるので、家族で一緒に防災訓練ができる方法です。

なぜおうちキャンプが防災訓練になるのかというと、キャンプでは水道や電気などが使えないこともあり、災害時の環境と重なる部分があるからです。おうちキャンプを行って、トイレが使えない状況やガスが使えない状況を体験することによって、簡易トイレを使ってみたり、料理にカセットコンロを利用したりすることで防災に活用できることがいろいろあります。

家族と一緒に防災訓練することで、各自の分担を相談して決めながら防災に関して楽しく勉強することが可能です。

ローリングストック

災害時は保存食を食べる機会も多くなるかもしれません。しかし、災害時でもできれば普段のような食事がしたいという方もいらっしゃるでしょう。

そんなときは、ローリングストックという方法を活用できます。ローリングストックとは、食べた分を購入するということを繰り返し、一定量の食材を準備しておくことです。食材はいつ食べても構いませんが、食べたら食べた分をすぐ補充することがポイントになってきます。食べてすぐ補充しないと、補充するまでに災害が起こってしまう場合があるからです。

また、ローリングストックは食料品だけとは限りません。電池などの日用品でも同じことが言えます。

防災体験学習施設

防災に備えるためには、防災を体験・学習できる施設を利用するのもおすすめです。防災体験学習施設では、防災に関する学習ができる他、災害が起こったときのシミュレーション体験などができます。実際にシミュレーションすることで、災害が起こるとこんな危険もあるのかと実感できるはずです。

例えば、防災対策をしていないジオラマの家があったとします。大きな地震がきたときに家具などが倒れ、家中がめちゃくちゃになってしまいました。そういう現場を見ると、家具などが倒れると被害が増大するリスクが高まるので、家具を倒れないよう固定するなどして備えておくことが必要だということがわかります。また、災害のときに心配な避難所での暮らしなども体験・学習することが可能です。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?いつ起こるかわからない地震や台風などの自然災害に備えて、防災対策をしておくことはとても大切です。防災グッズの準備だけではなく、普段から避難経路や避難場所の確認をするなどの対策も必要となります。ご家族で一緒にできる防災方法などもありますので、ぜひご家族皆さんで防災について話し合ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:防災意識を高めよう!<災害に備える> 防災意識を高めよう!<災害に備える>をみる
関連記事:防災意識を高めよう!<防災の大切さを知る> 防災意識を高めよう!<防災の大切さを知る>をみる

関連記事