子どもといっしょに楽しめる休日の過ごし方とは

子どもといっしょに楽しめる休日の過ごし方とは

新型コロナウイルス感染拡大の影響で自粛生活が必要になり、家族で過ごす時間が以前よりも増えているという人も多いのではないでしょうか。 子どもと一緒に過ごす時間は楽しいですが、一日中、またずっと続くとマンネリ化してしまい、親子で窮屈に感じることも出てくるものです。この記事では、子どもと一緒に楽しめる休日の過ごし方についてご紹介します。

休日の過ごし方に悩む人は3割

 休日の過ごし方に悩む人は3割

休日といえば、平日にはできない家事をまとめて片付けたり、疲れを取るためにゆっくり過ごしたりしたいと思う方も多いことでしょう。大人だけであればいいのですが、子どもがいるとそうはいきません。

あるアンケートによると、子どもがいる家庭で、休日に家族と何をして過ごすか悩むことが多いと答えた人が3割程度いることがわかっています。子どもの学年や性別が違うとしたいことや行きたい場所が違う、お金がかからないようにすると行動パターンが同じになる、意見が合わない、などが理由のようです。

確かに、家族の人数が多くなるほど意見の数も増えるわけですから、家族全員で一緒に休日を過ごすことに難しさを感じても不思議ではありません。

子どもが行きたい場所ややりたいことを聞いてみよう

 子どもが行きたい場所ややりたいことを聞いてみよう

休日の過ごし方を決める場合、たいていは親が計画を立てることが多いのではないでしょうか。しかし、計画を立てること自体が大変と感じることもあります。そこで、まずは子どもに何をしたいか、どこに行きたいかなど計画を立てるよう提案してみるのがおすすめです。

子どもですから「遊園地に行って、それから動物園に行く!」というような実現が難しい計画を立てることもあります。そのようなときは、実際に使える時間と往復にかかる時間、遊ぶ時間などを一緒に詳しく調べるようにするのがおすすめです。そうすることで、その計画は無理だと子ども自身が気づくように仕向けることができ、子どもの成長にもつながります。

また、兄弟同士で意見が分かれるようであれば、子ども同士で話し合うことを提案してみるのもひとつの方法です。子どもの希望が特にないという場合は、親のほうからいくつか提案し、一緒に考えてみると子どもも興味を持つようになります。

お金をかけずに楽しむ

 金をかけずに楽しむ

家族で過ごす時間はとても楽しいですが、休日のたびにショッピングに行ったりテーマパークに行ったりすることはあまり現実的ではありません。

子育てにはお金がかかるので、節約できるところは節約してお金をかけずに過ごす休日にすることも必要です。では、どのようにすればお金をかけずに楽しむことができるのでしょうか。

例えば、商業施設やテーマパークの場合、売っている食べ物の値段が高い傾向にあります。その場合は食べ物を持参すれば節約が可能です。場所によっては食べ物の持ち込みができないこともありますが、公園などであればお弁当や飲み物を持参することで余計なお金をかけずに済みます。

お弁当を作るのが大変な場合は、昼食を済ませてから外出するということもひとつの方法です。その場合は、使えるのが午後の時間だけになるので、プチ外出として短い時間で楽しめるサイクリングなどもおすすめの楽しみ方だと言えます。

たまには少し遠出してみる

 たまには少し遠出してみる

毎週お金をかけるわけにはいきませんが、大人も子どもたまには遠出をして思い切り遊びたいこともあるでしょう。そこで、少し遠めの場所に日帰り旅行という方法もあります。

例えば、東京都内であれば日帰りでも十分楽しめる施設が多いです。東京都水の科学館や葛西臨海公園、江戸川区自然動物園、お台場海浜公園といった施設なら、無料、あるいはリーズナブルな価格で楽しむことができます。

自家用車で遠出してもいいですし、あえて普段使わないような交通手段を使って移動時間も楽しむというのもおすすめです。

日帰りレジャー

家族で楽しめる日帰りレジャーには、遊園地や動物園、水族館などがありますが、ここでは通年楽しめる水族館についてご紹介します。

関東であれば、東京都にはすみだ水族館、千葉県には鴨川シーワールド、神奈川県には新江ノ島水族館、茨城県にはアクアワールド茨城県大洗水族館があります。子どもに見てみたい魚や動物などを聞いて水族館を決めるのもおすすめです。

また、日帰りレジャーを楽しむのであれば、果物狩りもおすすめです。果物はお店に売っている印象が強いかもしれませんが、実際に木になっている様子を見て自分で収穫してみることは貴重な体験と言えます。大人にとっても果物狩りは楽しいですから、家族全員で楽しむことができるレジャーです。

アウトドア

最近では一般的なキャンプはもちろん、ひとりで楽しむソロキャンプやちょっと豪華なキャンプのグランピング、バーベキューなどアウトドアがブームとなっています。

以前のキャンプと言えば、使う道具を自分たちで揃え、食材も準備していく一大イベントでしたが、最近では手間をかけずにキャンプやバーベキューを楽しむことができる場所が増えていることもブームの理由です。

キャンプやバーベキューだけではなく、アスレチックや木登り・ツリーイング、カヌー・カヤック、シュノーケリング、パラグライダーといったアウトドアの人気も高まりつつあります。実際に体験できる施設もあるので、気になるところをチェックしてみてはいかがでしょうか。

習い事

子どもが大きくなるにつれて、子どもだけで過ごす休日が出てきます。例えば習い事に通う時間などが代表的です。

子どもに人気の楽しい習い事としては、スイミングやダンス、体操などがあります。男の子なら野球にサッカー、女の子であればピアノ、英語、習字なども人気です。また、最近ではヨガやボルダリング、料理やプログラミングなどの習い事も注目度がアップしており、将来役に立ちそうな実用的なものから、健康に役立つものまで選択肢は多くあります。

習い事の中には、子どもだけでなく大人が一緒に楽しめるものも少なくありません。一緒に習い事を始めれば、親子で楽しい時間を過ごすことができます。

ただし、習い事で最も重要なのは、子ども自身が楽しんで取り組むことができるかどうかです。習い事の時間をどう過ごしているか親がよく観察し、自分の子どもに合った習い事を探すことをおすすめします。

コロナ過における休日の過ごし方

コロナ過における休日の過ごし方

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自粛生活を余儀なくされている状況ですが、コロナ禍だからこそできる新しい休日の過ごし方を家族で考えてみる機会ととらえることもできます。

これまでは時間がなくて観られなかった映画を家で観る、一緒にゲームをする、工作や料理にチャレンジしてみる、密になるのを避けつつ公園で身体を動かしてみるなど、様々な過ごし方があるものです。

以前に比べると過ごしにくいと感じるかもしれませんが、コロナ禍の今だからこそできることを、家族で一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?コロナ渦で家族と一緒に過ごす時間が長くなった今こそ、大人だけではなく子どもも一緒にどのような休日の過ごし方にするか考えて、家族全員が楽しめる休日にしてくださいね。

えらべる関連サービス 花笠果樹園をみる
えらべる関連サービス 仙台うみの杜水族館をみる

関連記事