仕事を楽しむマイルール

仕事を楽しむマイルール

仕事は厳しくてつらい、と考えている方も多いのではないでしょうか。たしかに仕事は楽しいことばかりではありません。しかし、仕事ができる人は往々にして仕事を楽しんでいるものです。では、仕事を楽しむにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、いつもの仕事を楽しむためのマイルールをご紹介します。

仕事を楽しんでいる人の特徴

仕事を楽しんでいる人の特徴

仕事を楽しむと言っても、一体どういうことなのかわからないことも多いものです。世間一般には、仕事はお金を稼ぐためにやっていると認知されがちかもしれませんが、自分のしたいことを仕事にして、充実した生活を送っている人も少なくありません。

特に興味のない仕事をしている場合には、「仕事を楽しめ」と言われても無理だと思うこともあるでしょう。しかし、実は仕事を楽しむというのは、必ずしも難しいことではないのです。条件さえ整えば、仕事を楽しむことは誰でもできます。

仕事を楽しむ条件には、人間関係・プライベート・仕事の内容・自身の気持ちの4つが関係してくるのです。それぞれについて詳しくご紹介します。

人間関係が良好

仕事が楽しめないということの原因には、仕事に対するストレスが大きく関係しています。仕事がうまくいかないと、どうしてもストレスが溜まってしまいがちです。そうすると仕事に影響するという悪循環に陥りかねません。一方、職場の人間関係が良好であると、ストレスの緩和に繋がることがあります。

「人間関係なんて、自分で何とかできるものではない」と思われるかもしれません。しかし、人間関係がうまくいっている人を見てみると、人間関係を良好にするにはある程度コツがあることがわかります。非常に簡単なことなのですが、例えば普段からの身だしなみや挨拶、相手への受け答えなど、当たり前のことから自身を変えていくことで、相手の対応も柔らかくなっていくのです。

そうすると、コミュニケーションがスムーズに取れるようになるので、仕事を楽しむ余裕も出てきます。

プライベートが充実している

仕事を楽しめている人の多くは、自身のプライベートも充実していることが少なくありません。プライベートが充実していれば、それだけ仕事のモチベーションにもつながります。

では、プライベートを充実させるにはどうすればよいのでしょうか。例えば、休みの日に友達や家族で楽しい時間を過ごすことや、自身の楽しめる趣味を見つけてその趣味に没頭する時間を作ることなどが挙げられます。

プライベートを充実させるためには、自分自身が時間の使い方を決める必要があるので、まずは行動を起こさないと始まりません。もし、特に趣味がないのであれば、休日を利用していろんなことを経験してみるのがおすすめです。「楽しい」と思えることを見つけられれば、プライベートの時間が充実し、ひいては仕事を楽しむ精神状態につながります。

好きなことや得意なことを仕事にしている

仕事を楽しんでいる人は、やはり自分の好きなことを仕事にしている人が多いです。しかし、全員が必ず希望の職に就けるとは限りません。

そんなときは、自分の仕事で得意な分野を見つければ十分です。希望の職種でなかったとしても、業務内で自分が得意とする仕事が見つかれば、その仕事を担当することで「自分の仕事」という意識が高まり、仕事のモチベーションを向上させることができます。そうすると、仕事の一つひとつを前向きに楽しめるようになっていくでしょう。

どうしても今の仕事が自分に合っていないと感じる場合は、配置換えを希望するなど上長とコミュニケーションをとるのもひとつの方法です。社会人である以上、1日の大半を仕事に費やすことになるのですから、自分に合った仕事を見つけられることがモチベーションにもつながります。

仕事にプライドを持っている

仕事を充実させるには、仕事にやりがいを見出し、その仕事にプライドを持つことが大切です。いきなりやりがい、プライドといわれても難しいかもしれませんが、そう難しく考える必要はありません。

例えば、毎日の業務のなかで自分の目標を決めるようにしてみましょう。ここで大事なのは、自分ができる範囲で「目標」を持つことです。その目標をやりがいと捉え、実現することにプライドを持って行動することも仕事を楽しむことにつながります。

もちろん仕事ですから、自分のやりたいことばかりできるわけではありません。しかし、一つひとつの仕事には必ず意味があり、誰かがやらなければなりません。ですから、自分のやるべき仕事をプライドを持って確実にこなしていくことも大切です。

与えられた仕事の意味としっかり向き合って考えてみることで、仕事に対する考え方も変わっていきますし、「やりたくない」がやりがいに変わっていく可能性も大いにあります。

仕事を楽しむためには?

仕事を楽しむためには?

仕事を楽しむためにはどんな行動を起こせばよいのでしょうか。自分の考え方を少し変えるだけで仕事を楽しめるようになることも実際にあるのです。言い換えれば、自分が変わろうとしないと仕事を楽しめるようにはなりません。

また、受け身のままでいるのでは現状を変えることはできません。小さなことでもよいので、自発的に行動を起こし、スモールステップを積み重ねていくことが必要です。

自発的に行動すると言われても、何をすればよいのかわからない方も多いでしょう。続いては、仕事に対する考え方やストレス解消の方法、そして自己啓発による成長の3つを例に、仕事を楽しむ方法について具体的にご紹介します。

完璧を目指さない

仕事を楽しんでいる人の多くは、いつも仕事を完璧にこなそうとしているわけではありません。どんな仕事でも完璧にこなそうと頑張りすぎると、疲れ切ってしまうからです。

もちろん、仕事に対して真摯に向き合うことは重要ですが、同じくらい「どうすれば楽に仕事ができるのか」考えることも重要です。楽に仕事をする=手を抜くことではありません。方法を模索して、効率よく仕事をする方法を見つければ良いのです。

また、仕事に対して目標を設定することも重要となります。目標を設定し、達成するために何をしていくか、計画を立てるのがおすすめです。その計画通りに仕事が進んでいくと、達成感が得られるので、仕事が楽しいと思えるようになっていきます。

職場以外でストレスを解消する

仕事が楽しくないと感じる一番の原因は、やはりストレスでしょう。ストレスをいかにして溜めないようにするか、溜まったとしても発散できるかが仕事を楽しむために重要なカギです。

仕事以外の時間はストレスを発散させる上で非常に大切な位置づけになると言えます。プライベートの時間が充実していれば、仕事をする際にも精神的な余裕ができて、楽しむことができるようになるでしょう。

プライベートを充実させて自分だけのストレス解消法を見つけることが大切です。幸いなことに、私たちの身の回りにはありとあらゆる娯楽が溢れているので、なにかしら興味のあること、没頭できることが見つかる可能性は高いです。自分が楽しめることを見つけられるとプライベートを充実させることができ、仕事を楽しむ余裕も生まれてきます。

スキルアップする

今の仕事が自分に合っていないと感じる場合には、実力不足の状態に陥っていないか振り返ってみることも大切です。例えば、タイピングがほかの人と比べても遅いために仕事が遅れるのであればタイピングを練習し、弱点を補うといったことが解決方法として挙げられます。

弱点を補うことができてスキルアップすると、他人からも認めてもらえるようになり、どんどん新しい仕事にもチャレンジできるようになってきます。できる仕事の幅が広がるので、職場での居心地も改善されるのでストレスを感じることも減ってくるでしょう。

また、スキルアップすることは自信や強みの発見にもつながるので、楽しみながら仕事に取り組む余裕も生まれてきます。

まとめ

まとめ

いかがでしかた?自分の意識を少し変えてみるだけで、仕事を楽しめるようになることも少なくありません。まずは、これまでの自分の仕事に対する向き合い方を振り返ってみてください。そして、自分で変えられる点を見つけて日常を変化させてみることをおすすめします。

変化には不安がつきものですが、ただ受け身で待っているだけでは変化は起こりません。仕事を楽しむために、ぜひ今回ご紹介したルールを実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事