赤ちゃんとお出かけする時のポイントとは?持ち物や注意点を解説

赤ちゃんとお出かけする時のポイントとは?持ち物や注意点を解説

赤ちゃんとのお出かけを楽しみにしているけれど、どのくらいから外に出かけてよいものか、外出時に持って行くべきものがわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんとの外出について、いつ頃から可能なのか、気をつけた方がよいこと、赤ちゃんとの外出であると便利なアイテムなどをご紹介します。

赤ちゃんとお出かけできるのはいつから?

赤ちゃんとお出かけできるのはいつから?

赤ちゃんとの外出が初めて、という方は、いつ頃からお出かけして良いのか気になるのではないでしょうか。体温調節が難しい赤ちゃんは、何も準備せずにいきなり外出すると大きな負担がかかってしまうこともあるので、少しずつ外出に慣れさせていくことが大切です。

生後1か月未満の赤ちゃんは、なるべく不要な外出はしない方が賢明です。生後2か月目くらいから少しずつ外出を始め、無理はさせないように注意してください。

赤ちゃんは外出させた方がいい?

赤ちゃんは外出させた方がいい?

実は、赤ちゃんと外出することにはさまざまな効果が期待できます。例えば、家で過ごしているだけでは昼と夜の境目が曖昧になりがちですが、昼に外にお出かけして夜は家でゆっくり過ごせば、生活リズムを整えることが可能です。また、外出して知らないものを見たり、自然に触れたりすることにより、赤ちゃんの発育にもよい影響がある可能性もあります。

また、赤ちゃんだけではなく一緒にお出かけするパパさん、ママさんの気分転換にもなるので、その点も外出のメリットです。

赤ちゃんの外出で気をつけたいこと

赤ちゃんの外出で気をつけたいこと

赤ちゃんと外出する際に気をつけたいことは、まず生活リズムを整えることです。生活リズムを整えることは、赤ちゃんの体内時計にとって大事なことですので、外出する時間などは、生活リズムを崩さないよう配慮してください。

また、人がたくさんいる場所では感染症などのリスクも高まるため、なるべく空いている場所や、混雑しない時間帯にお出かけするのがおすすめです。

そのほか、体温調節しやすい服装でお出かけすることも大切です。赤ちゃんにも紫外線対策は必要ですので、帽子や日よけなどで適度に対策しましょう。日光には、対内にビタミンDを作る働きもあるので、極端な紫外線対策はしなくて構いません。

赤ちゃんの外出で必須のアイテム

赤ちゃんの外出で必須のアイテム

抱っこ紐は両手が空くため、近所のスーパーへお買い物に行く際など短時間の利用にも便利なアイテムです。赤ちゃんもパパさん、ママさんのぬくもりを感じられるので安心します。また、ベビーカーも近所のお出かけ時や広い場所などでも活躍するアイテムです。抱っこ紐だと長時間の利用は大変ですし、ベビーカーは狭い場所での利用が難しい場合もあるので、場所に合わせて利用することをおすすめします。

車で外出する場合は、チャイルドシートが必要です。赤ちゃんの身体の大きさに合ったチャイルドシートを選びましょう。取りつけやすいチャイルドシートかどうか、安全性についてもしっかり確認してください。

赤ちゃんの外出で持っていくと安心なアイテム

赤ちゃんの外出で持っていくと安心なアイテム

赤ちゃんの外出で持っていくと安心なアイテムとして、母子手帳や保険証が挙げられます。赤ちゃんが外出先で具合が悪くなってしまった場合には、母子手帳や保険証などが必要になってきますので、外出するときは常に持ち歩いていると安心です。

また、外出先で授乳する際に必要なミルクや哺乳瓶も忘れずに持っていきたいアイテムです。そのほか、外出先でオムツ替えに利用するオムツ、使用済みのオムツを入れるビニール袋、おしりふきなども携帯しましょう。タオルは拭いたり、温度調節の際に使ったりすることができるので、2枚程度用意しておくのがおすすめです。

赤ちゃんの外出で持っていくと便利なアイテム

赤ちゃんの外出で持っていくと便利なアイテム

赤ちゃんの外出で持っていくと便利なアイテムとして、赤ちゃんのお気に入りのおもちゃが挙げられます。例えば、赤ちゃんが移動の際、電車やバスなどの公共交通機関の中で泣いてしまったときなどに、赤ちゃんをあやすのに使うことができるからです。おもちゃは無音のものにすると、公共交通機関の中でも周囲の目を必要以上に気にせずにすみ、使いやすいでしょう。

また、紫外線対策に便利な帽子や、体温調節に活躍するベストなども持っていると便利なアイテムです。さらに、授乳の際には、胸をカバーできる授乳用ケープがあると、万が一外出先で授乳室が見つけられない場合などに役立ちます。

赤ちゃんの外出は新型コロナウイルスにも注意

赤ちゃんの外出は新型コロナウイルスにも注意

赤ちゃんと外出する際には、現在感染拡大している新型コロナウイルスに注意することが必要です。新型コロナウイルスの感染が拡大しているときにわざわざ不要不急の外出をする必要はありません。親子で感染するリスクも高まってしまいますので避けるのが賢明です。

家の窓からでも日光を浴びることはできますので、無理して外出する必要はありません。もし散歩するのなら、感染対策をしっかりする、また近所にとどめるなどの配慮をおすすめします。

公園や施設などでの注意

赤ちゃんと公園や施設などで遊ぶ際には、空いている時間帯に行くようにしましょう。密はなるべく避けることが大切です。

また、赤ちゃんが触る遊具などは、触る前に消毒し、その後もこまめに消毒するようにします。可能であれば、家から持ってきたおもちゃで遊ばせてあげると安心です。遊具だけではなく、赤ちゃんの手もこまめに消毒することを忘れないようにしましょう。

公共交通機関での注意

赤ちゃんと一緒に公共交通機関に乗る際も、感染症対策には注意が必要です。バスや電車を利用する際は、密を避けるために混雑した時間帯にはなるべく乗らないようにしましょう。パパさん、ママさんもですが、赤ちゃんがつり革や手すりに触った際には必ず手を消毒するようにしてください。公共交通機関に乗ったら、なるべく他の人と向かい合わないことも大切です。

タクシーを利用する際は、赤ちゃんがタクシー内などを触ったり、なめたりしないように注意しましょう。また、運転手さんに窓を開けて換気してもらうように頼んでみるのもおすすめです。

まとめ

まとめ

いかがでしかた?赤ちゃんとのお出かけは、楽しみである一方、心配なことも多いものです。特に新型コロナウイルス感染症が流行している現在は、外出しにくいこともあるでしょう。外出すると感染のリスクも高まるため、無理して不要不急の外出をする必要はありません。どうしても外出が必要な際は、しっかりと感染症対策をしてお出かけするようにしてくださいね。

関連サービス:エリエールオンラインショップ(育児用品) WEB:https://shop.elleair.co.jp/
えらべる倶楽部でエリエールオンラインショップ(育児用品)を利用する
関連サービス:Babyrenta(ベビレンタ) WEB:
えらべる倶楽部でBabyrenta(ベビレンタ)を利用する
関連サービス:コンビ公式オンラインショップ「Combi Shop」 WEB:
えらべる倶楽部でコンビ公式オンラインショップ「Combi Shop」

関連記事