コロナ禍で始めた新しい趣味はありますか?おうち時間がもっと楽しくなる趣味をご紹介

コロナ禍で始めた新しい趣味はありますか?おうち時間がもっと楽しくなる趣味をご紹介

コロナ禍によって以前よりも家で過ごす時間が増えた人も多いはず。家にいる時間を利用して、コロナ禍をきっかけに新しい趣味を始めたという人も少なくありません。今回は、通勤時間がなくなった分を趣味の時間に充てたいけれど何を始めようか迷っている方へ向けて、おうち時間が楽しくなるさまざまな趣味をご紹介します。

コロナ禍で趣味の時間が増加

コロナ禍で趣味の時間が増加

コロナ禍によって外出自粛が求められたことにより、リモートワークが導入されるなど、これまで毎日出勤していた人も出勤時間を大幅に節約することができるようになりました。大手リサーチ会社が行った「ライフスタイルに関するアンケート調査」によると、外出自粛やリモートワークによって趣味に充てる時間が増えたと回答した人が全体の4割以上にものぼっています。

また、今までよりも多くの時間を趣味に充てられるようになったことから、手の込んだことを始める人も増加傾向。料理が趣味の人は独自レシピを研究したり、いつもは作らない料理にチャレンジしたりしています。裁縫が趣味の人からは、刺繍や難しい服作りを始めたという声も聞かれました。

みんながコロナ禍で始めた趣味をご紹介

みんながコロナ禍で始めた趣味をご紹介

外に出かけなくてもおうちで実践できるインドア派の趣味は、細かく分けるとなんと200種類以上もあります。インドア派の趣味の中には、家族みんなで楽しめるものからひとりでも楽しめるものまで実に多種多様。ここでは、そんな趣味をジャンルごとにご紹介します。

料理・グルメの趣味

コロナ禍をきっかけに始めた趣味の中でも一番多いのが料理・グルメです。オフィスでの勤務が忙しく、今までは家でじっくり料理をする時間がなかったけれど、リモートワークになっておうち時間が増えたので手料理を作り始めたというケースも少なくありません。

働いている人はもちろんのこと、普段あまり料理をしない家族やパートナーが料理に目覚めることも増えています。中学生や小学生のお子さんが料理に興味を持ち始めて、今では交代で夕食を作っているというケースもあるほど。また、これを機に料理を覚えようと思って料理教室に通い始めた独身男性も増加しています。

手打ちうどん

料理の趣味の中でも、人気が高いのが「手打ちうどん」です。専用器具や特別な材料を揃える必要がなく、素材は小麦粉と水、塩だけと意外と準備に手間がかかりません。シンプルな手打ちうどんは、作る人の力量によって出来上がりが違ってくるところが面白さのポイントです。

手打ちうどんはたくさん作っておけば冷凍保存もできますし、具材を変えることによっていろいろなレシピを楽しむことができるというメリットがあります。お子さんと一緒にこねて作ればおうちでのプチイベントにもなりますし、家族で一から作った手打ちうどんの味は格別でしょう。

ラテアート

コーヒーが好きな人たちの間では、ラテアートも人気が高い趣味のひとつです。ラテアートとは、カプチーノやカフェラテに、ミルクで模様や絵柄を描くこと。ハートやかわいい動物などが人気のモチーフです。

ラテアートを学べば、自宅にいながらにして本格的なカフェを賞味することができますし、見た目がかわいいのでいつものコーヒータイムに特別感が加わります。温かい飲み物は、仕事や勉強のリフレッシュにもおすすめです。

ドリンクをココアなどにすればお子さんと一緒に楽しめます。ラテアートのオンラインスクールや親子向けのスクールを開催しているところもありますので、趣味のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

運動系の趣味

コロナ禍で外出する機会が減ったことから、運動不足を気にする人が増えています。全国の男女500人を対象にしたアンケートでは、コロナ禍によって「健康意識が⾼まった」と回答した人が全体の6割以上を占めているのです。ここでは、以前から運動系の趣味をやってみたいと思っていた人へ向けて、おうちでできる運動をご紹介します。

ヨガ

自宅でできる運動系趣味の中で人気が高いのはヨガです。ヨガは激しい運動ではないので、妊娠中の方にも推奨されています。ヨガをすることには、以下のような効果が期待できます。

● 体の歪みを矯正
● 冷え性の改善
● コレステロールや血糖値の低下
● 便秘や肥満の解消

全身を使うヨガは知育の発達を助ける効果も期待できるので、お子さんと一緒に親子ヨガを楽しむのもおすすめです。オンラインヨガはヨガクラスに通うよりも受講費が安く、好きな時間にレッスンが受けられるのが大きなメリットだと言えるでしょう。

筋トレ

筋トレも自宅でできるエクササイズとしておすすめです。筋トレというと男性が行うもの、というイメージが強いかもしれませんが、女性にとっても効果的。基礎代謝を上げ、太りにくい体を作ることが可能です。筋肉不足からくる腰痛の改善効果も期待できます。

筋トレを行う際には、必ずしもダンベルなどの道具を使う必要はありません。例えば、腕や太ももの筋トレは椅子に座りながらできるものもあります。寝転んで行う背中やお腹の筋トレは、マットがあるとなおよいですが、なくても床の上で十分に行うことが可能です。座りっぱなしのオフィスワークが多い方はぜひ筋トレを試してみてください。

園芸系の趣味

運動系や料理系の趣味と並んで、人気を集めているのが園芸です。総務省の行っている「家計調査」によると、読書や手芸・工芸材料に関する支出が減っているのに比べ、園芸に関する支出はコロナ禍以降、確実に増加しています。ここでは、自宅で野菜を収穫できるベランダ菜園と、観賞用の植物を植えるガーデニングについてご紹介します。

ベランダ菜園

ベランダ菜園は、庭がなくても手軽に始められるのがメリットです。ベランダなどに置いたプランターや鉢で野菜を育てることができます。自宅で種まきから収穫までを経験できるので、お子さんの食育にも役立ちます。

今までに野菜を植えたことがない人には、失敗が少ないミニトマトや葉ネギなどがおすすめです。ミニトマトの中でも特に「アイコ」という品種は、入手しやすく育てやすいと言われています。5~6月に苗を植えれば7月には収穫できますので、お子さんと一緒に生育具合を日記につけながら育てていくのも良いですね。

寄せ植え

寄せ植えとは、ひとつの鉢やプランターの中に何種類かの植物を植えることです。色とりどりの花が咲きそろうと幸せな気分を味わえますし、寄せ植えを窓辺におけばインテリアとして楽しむこともできます。

夏であればゼラニウムやペチュニア、マリーゴールドなどを寄せ植えにすると華やかな仕上がりになります。家族やお子さんが好きな花を寄せ植えに取り入れると、進んでお手入れをしてくれるかもしれません。秋や冬の寄せ植えに適した花もあるので、1年中楽しめる趣味となるでしょう。

まとめ

まとめ

いかがでしかた?テレワークの導入で毎日オフィスに通勤しなくてすむようになり、今まで以上に趣味の時間に充てられるようになりました。ちょっと手の込んだ料理作りや健康維持のための運動、家族も一緒に楽しめる園芸などは、楽しいだけでなくさまざまな効果が期待できる趣味です。おうち時間をさらに豊かなものにするために、ぜひ新しい趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

関連サービス:ダイエットが楽しく続く音声フィットネスアプリBeatFit WEB:https://beatfit.jp/
えらべる倶楽部でダイエットが楽しく続く音声フィットネスアプリBeatFitを利用する
関連サービス: 島忠ホームズ(ホームセンター・家具) WEB:https://www.shimachu.co.jp/
えらべる倶楽部で島忠ホームズ(ホームセンター・家具)を利用する

関連記事