夏の疲れが出てくるこの時期だからこそ!リラクゼーションのすすめ

夏の疲れが出てくるこの時期だからこそ!リラクゼーションのすすめ

夏の暑さやエアコンなどの空調による冷えなどで、疲れを感じている人も多いのではないでしょうか。日々の疲れが蓄積すると、心身の不調となって現れることもあります。そんな疲れを何とかしたいという人におすすめなのが、心身ともにリラックスした状態を作る「リラクゼーション」です。今回は、おうち時間に手軽にできるおすすめのリラクゼーション法をご紹介します。

リラクゼーションとは?

 リラクゼーションとは?

リラクゼーションとは、ヨガやマッサージ、ストレッチなどを取り入れることで心身の緊張を緩和し、リラックスした状態にすることです。

人の心や体は「自律神経(交感神経と副交感神経)」の働きによってコントロールされており、ストレスなどで自律神経のバランスが乱れてしまうと、さまざまな不調が出てきてしまいます。また、寒暖差や気圧の変化なども自律神経の働きに影響。そのため、朝夕や数日内の短いスパンで気温や気圧の変化が生じやすい夏の終わりは、交感神経と副交感神経の切り替えが頻繁に起こるため、疲れを感じやすくなるのです。

この自律神経のバランスを重視して、心と体が安らぎ、リラックスできる状態を作ることがリラクゼーションの意義だといえます。

おうちでできるリラクゼーション

おうちでできるリラクゼーション

リラクゼーションは、自律神経のバランスを保つのに役立ちます。ここでは、頻繁に外出できない昨今でも、ステイホーム中に自宅で簡単に始めることのできるおすすめのリラクゼーション法をご紹介します。

ゆっくり湯船につかる

おうちでできるリラクゼーションとしておすすめなのが、ゆっくりと入浴することです。夏は暑いのでシャワーで済ませてしまいがちですが、湯船にお湯を張ってゆっくりと足先まで浸かってみましょう。入浴することで皮膚の毛細血管が広がり、血行やリンパの流れを促すため肩こり改善や疲労回復も期待できます。

また、ゆっくり浸かることができるよう、入浴の時間を工夫してみるのもおすすめです。お湯は熱くしすぎず、好きな音楽を聴く、テレビを見るなどリラックスできる時間にしてみてください。入浴の時間が楽しみになるよう、お気に入りの入浴剤を使ってみるのもよいでしょう。

軽い運動をする

「アクティブレスト」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。日々の疲れをとるためには安静が一番だと考える人も多いかもしれませんが、アクティブレストは「積極的休養」といい、適度に体を動かすことによって疲労回復を図る方法です。

もともとはスポーツ選手が取り入れてきた方法で、最近では日々の生活に実践できるリラクゼーション法として注目されています。具体的には軽めの筋トレやエクササイズ、ダンスなどがおすすめです。テレビを見ながら、音楽を聴きながら、家事をしながらなど、日常生活に取り入れやすいのもアクティブレストの魅力だといえます。

十分な睡眠をとる

睡眠は何よりのリラクゼーション法です。ただし、だらだらと長く寝るのではなく、活動と休息のバランスを意識してメリハリのある生活を心掛けるのがポイント。6~7時間ほど睡眠時間を確保できるよう、毎日の生活リズムを見直してみてください。

また、睡眠の質を向上させることも大切。寝る3時間前までに夕食を済ませて、消化器官の活動が寝る直前に活発化しないよう工夫をするのもひとつの方法です。さらに、リカバリーウェアという、疲労回復が期待できる衣類を寝る前に着用するのもおすすめ。枕やマットレス、布団など自分に合った寝具を選ぶのも睡眠の質アップにつながります。

アロマを焚く

アロマテラピーなどにも用いられる「アロマ」を活用すれば、心を休めてリラックスさせることができます。アロマにはラベンダーやユーカリ、サンダルウッドなどさまざまな種類があり、それぞれの香りや働きを比較しながら楽しむのもおすすめです。

また、手軽に日常生活にアロマを取り入れる方法として、キャンドルやランプの熱でアロマを焚く方法があります。お風呂場や寝室、リビングなどさまざまな場所で活用できますし、ほのかなアロマの香りに気持ちもほぐれるでしょう。

瞑想(マインドフルネス)を行う

さまざまな情報にあふれる現代において、目を閉じて心を落ち着かせる時間はなかなか取れないかもしれません。そこで、おうちでできるリラクゼーション法としておすすめなのが、瞑想(マインドフルネス)です。

やり方は、正座をしてゆっくりと腹式呼吸を行いながら気持ちを集中させるだけ。特別な道具などは不要で場所を選ばず、寝る前や朝目覚めのあと、休日のおうち時間など好きなタイミングで取り入れられるのも魅力です。

現在、過去、未来のうち、「現在」に注力して呼吸に意識を向けることで、心身の緊張をほぐすことができます。瞑想アプリや瞑想の方法を紹介した動画などもあるので、活用してみるとよいでしょう。

マッサージやストレッチをする

おうちでできるリラクゼーション法でおすすめなのが、ヨガやストレッチ、マッサージです。ヨガは正しい姿勢と深い呼吸を行うので、心身のリラックスや集中力アップにつながります。また、ストレッチで筋肉のコリをほぐすことはリフレッシュになるでしょう。そして、マッサージは老廃物を流し、心身ともにすっきりできる方法としておすすめです。

香りや滑りのよいボディローションやオイルなどがあると、毎日のマッサージタイムが楽しみになります。動画サイトやDVDなどでヨガやストレッチ、マッサージの方法を公開しているため、チェックしてみるとよいでしょう。

おうちマッサージが物足りない人はサロンもおすすめ

マッサージなどを自分で行う場合には手の届かない部位も出てくるため、物足りなさを感じる人もいるでしょう。セルフマッサージで物足りないという人は、リラクゼーションサロンに足を運んでみるのもおすすめです。

一口にリラクゼーションサロンといってもアロママッサージサロンやエステサロンなどさまざまな種類があります。リラクゼーションの知識やスキルを熟知したプロによる施術を受けることができるというのが、リラクゼーションサロンの魅力だといえるでしょう。

何より落ち着きのあるプライベートな空間で、プロの施術を受けながら心身ともにリラックス、リフレッシュできるというのがメリットです。例えば、以下のようなサロンがあります。

関連サービス:リラクゼーションスペース ラフィネ WEB:https://www.bodywork.co.jp/
えらべる倶楽部でリラクゼーションスペース ラフィネを利用する

まとめ

まとめ

いかがでしかた?スマートフォンやパソコン、テレビなどの使用や職場の人間関係など日々ストレスにさらされ、心身のバランスを保つのが難しいと感じることもあるでしょう。おうち時間に手軽にできるリラクゼーションを取り入れて心身ともに休めることで、仕事のパフォーマンス向上も期待できます。お気に入りの音楽やアイテムを取り入れて、楽しく心地よく日常にリラクゼーションを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事