コロナ禍で投資を始めた人が増加!今さら聞けないお金のことを解説

コロナ禍で投資を始めた人が増加!今さら聞けないお金のことを解説

これからは自分が働くだけではなく、お金にも働いてもらう時代。いろいろな資産運用方法があるけれど、どれも名前を聞いたことがあるだけでよくわからないという人も多いのではないでしょうか。今回は、初心者にも始めやすい投資方法をご紹介するとともに、安心できる人生設計をする方法について解説します。

コロナ禍で投資を始めた人が増加

コロナ禍で投資を始めた人が増加

「マネーフォワード」が行った調査によると、コロナ禍を機に投資を始めた人が増えていると判明。その理由として、コロナで「いつ何がどうなるかわからない」という危機感が芽生えたことが挙げられます。これまで投資をしていなかった人は初めて投資にチャレンジし、すでに投資をしていた人も投資額を増やすなど、投資に着目した人が多くなっているのです。

ただし、投資には実にさまざまな種類があります。そんな中、新しいものにチャレンジしようというよりも、「少額でも手堅く資産を増やせる投資」を選んで実践している人が多い傾向。将来的な年金の受給にも不安がある時代ですから、投資に興味を持ち実践する人が増えるのもうなずけます。

そもそも投資とは?

そもそも投資とは?

投資についてなんとなくは理解できるけれど、その内容までは実はわかっていないという人も少なくありません。投資とは、将来的な利益(儲け)を期待してお金を出すことです。

貯蓄の場合、銀行にお金を預けてコツコツと貯金をすれば利息がつきますが、その金額は微々たるもの。投資は貯蓄とは違い、株式や投資信託にお金を出して、それらが出した利益の恩恵を受けるという仕組みです。貯蓄よりも利益率が高いので、より効率的に資産を増やしたいという人におすすめといえます。ただし、損失が出るリスクもあるので、十分検討した上で行うことが大切です。

投資の種類

ここでは、代表的な投資の種類について簡潔にご紹介します。

・株式投資
株を購入して利益による配当を受ける投資方法です。

・為替取引
異なる通貨の取引を行うことで利益を得る投資方法です。

・仮想通貨
電子データで取引を行って利益を得る投資方法です。

・不動産投資
不動産を運用して利益を得る投資方法です。賃貸物件や売買物件、土地活用など、いろいろな種類があります。

・債券
国債や社債など「お金を貸した」という体で配当を受け取る投資方法です。

・先物取引
商品を購入して、期日に売買された金額によって利益を得られる投資方法です。株と異なり、売りから始められます。

・投資信託
投資のプロにお金を預けて運用してもらう投資方法です。

初心者でも始めやすい投資はある?

初心者でも始めやすい投資はある?

投資を上手に活用して資産を増やしたいと思う反面、リスクのある投資に不安を持つ人も多いでしょう。そこで、少額から安心して始められる投資方法として、「iDeCo」と「NISA」の2つをご紹介します。これらは、安定的な資産形成方法として金融庁が推進している投資方法です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCoは、自分が投資したい商品を選んで運用し、公的年金を受け取るときにその配当を合わせて受け取ることができる投資方法です。受け取る金額は、運用した金額によって変わります。

国民年金もしくは厚生年金に加入していることがiDeCo加入の条件であり、自営・公務員・一般企業・専業のいずれかによって掛け金が変わります。

iDeCoに加入して商品を運用し、60歳以降年金を受け取るときに、一時金もしくは年金にプラスして運用した利益を受け取ることができます。自分で掛け金を決めて加入できるので、無理のない投資ができるのがメリットです。

NISA

NISAは、少額投資を行う人の配当金や譲渡益が非課税になる制度です。株式や投資信託が値上がりして売却する場合、通常は税金が課せられますがNISA口座を利用していると、最長で5年まで、投資総額最大600万円まで非課税となります。

ただし、2023年までという期限付きの制度なので、金融商品を買えるのは2023年まで、非課税で資産を保有できるのは2027年までです。

現在、多くの銀行や証券会社などで、株や投資信託を行えるNISA口座を作ることができます。金融機関によっては100円ほどの少額で始めることも可能なので、初心者でもスタートしやすいといえるでしょう。

つみたてNISA

つみたてNISAは、自分がもつNISA口座で運用した投資商品の利益が最長20年非課税になる制度です。つみたてNISAのほかに「一般NISA」もあり、これは120万円までの利益が5年間非課税になります。

つみたてNISAのメリットは、やはり投資利益が非課税になる点です。投資利益には通常20%強の税金がかかりますが、これが非課税になればその分投資できる金額も増えますので、より資産を増やせる可能性があります。

また、少額からでも始められる点や、2037年まで利用可能な点、投資方法が「積立」のみなのでタイミングを見て売買するなどといった運用の必要がない点もメリットです。

ジュニアNISA

ジュニアNISAは、日本に居住する0〜19歳までの未成年が作れるNISA口座。こちらも一般のNISA同様、利用できる期間は2023年までと決まっています。

ジュニアNISAは口座名義人が運用することはできないほか、自由にお金を引き出すことができません。ジュニアNISAは、子どもの教育資金を運用したい人や、子どもにお金の勉強をさせたい人などに向いています。

まずはライフプランを考えることから

まずはライフプランを考えることから

資産は多い方が望ましいですが、今後の生涯資金に不安がある人は、まず一生のうちにいくら必要になるかを考えることが重要です。

ライフプランを立てて、どのタイミングでどのくらいのお金が必要になるのか、そのために足りないお金はいくらくらいなのかを考えます。その上で、足りない資金をどのように作るのか、資金を作るために適している投資方法は何か、という流れで投資方法を検討するとよいでしょう。

まとまった資金が必要となるタイミングは思いのほか多いですし、老後の生活費も考えなければなりません。できるだけ早いうちにライフプランをしっかり立てておきたいところです。

まとめ

まとめ

いかがでしかた?人生100年時代といわれる昨今では、お金を上手に運用して資産を増やしてくことがとても重要です。ここでご紹介した2つの投資方法は、小さい金額からでも取り組みやすいため、初心者向けといえるでしょう。今後のライフプランをしっかり立てて、無理のない範囲で投資を始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事