終活ってどう進めたらいいの?相談方法や手順についても解説

終活ってどう進めたらいいの?相談方法や手順についても解説

終活という言葉を聞いたことはあっても、具体的にどんなことをするのかわからないという人は少なくありません。終活で行うことは、例えば身の回りの整理やエンディングノートの作成などさまざまですが、いつぐらいから始めるのかなど、悩むことも多いでしょう。今回は、終活で疑問になりそうな点ややるべきことについて解説します。

終活とは?

終活とは?

終活は、自分の人生を終えるための活動とされていますし、そう考える人も多い傾向にあります。ただし、身の回りの整理やお葬式、お墓の準備などやるべきことは死ぬための準備でもあるので、後ろ向きなイメージを持たれがちなことは否めません。

しかし、肉親や親戚に不幸があり、お葬式や納骨、遺産相続などを1度でも経験したことがある人なら、残された人がとても苦労することもご存じなのではないでしょうか。

終活には、身辺の整理やお葬式などの事前準備、遺言の作成などをあらかじめしておくことで、このように遺される人の苦労を減らすという利点もあります。また、事前準備によって自分の望む形でお葬式を行うことなどもできるのです。

終活が広まった理由

終活が広まった理由

以前から終活という考え方はなかったわけではありませんが、ここまで一般的に広まったのは2010年の新語・流行語大賞でノミネートされる前後から。大きな理由は2つあると考えられます。まず、日本人の平均寿命が延びたこと。そして、核家族化をはじめ、周りの人たちとの関係がどんどん少なくなってきたことから、人の死が個人単位になってきていることです。

こういった背景から、どんどん長くなる老後生活をどのように過ごすかといった人生設計や、自分が死ぬときになるべく迷惑をかけないようにしたいといった考え方が終活の行動原理となり、一般的に広まったといえます。

終活の始め方

終活の始め方

終活を始める時期はいつからがよい、という決まりは基本的にはありません。しかし、どんなに若くても、終活という言葉が頭の中に浮かんだらそのタイミングから始めることをおすすめします。なぜなら、終活の一部として葬儀社に話を聞いたり、霊園を探したりするなど、「自分が元気なうちにやりたいことをやって満足感を得る」ための行動は、病気になってからではできなくなってしまうからです。

また、終活を早めに始めることはお金の問題にも直結します。将来的に施設への入居を視野に入れるケースもありますし、普段の生活費や、新しくお墓を購入する費用などさまざまなケースを想定し、老後資金をきちんと確保することも重要です。まずは、以下でご紹介する終活から始めてみましょう。

エンディングノートを作成

終活の中でもエンディングノートの作成はメジャーなもののひとつ。終活をするなら作成することが推奨されています。エンディングノート自体は本屋などで売られていたり、葬儀会社などで配っていたりするものもありますが、市販で売られている普通のノートでももちろん構いません。

エンディングノートに書く内容は、人によってさまざまです。自分が死んだ後の希望や家族に対してのメッセージや思い出に残っていること、自分の宝物など、書いておきたいことなら何でもよいので自由度は高いといえます。

ただし、遺言書などと違い、エンディングノートには法的拘束力はありません。エンディングノートを作れば相続対策は大丈夫、というわけではない点には注意しましょう。

身の回りの整理

人生の終わりへと向かう終活を進めていく中で、自分の身の回りの整理は避けては通れないことのひとつですが、難しく考えてしまって進まないという人も少なくありません。何から手を付ければよいかわからないときは、自分の近くにあるものの断捨離から始めてみるのもひとつの方法です。

少しずつでも手を付けていくことで、いらないものが片付くだけでなく家の中も広くなりますし、場合によっては売ってお金に換えることも可能なので老後資金の足しになるケースもあります。そして、整理が徐々に進んできたら財産のリストアップやローンの確認をしていくといったように段階を組んで進めていくとよいでしょう。

遺影の撮影

遺影の撮影も重要なポイントのひとつです。お葬式はもちろん、その後仏壇にも遺影を置くことが多いため、あらかじめ遺影を撮影しておけば自分の希望する写真を使ってもらえます。

葬儀会社や民間の写真館などには、生前遺影の撮影を行うサービスを行っているところもあり、プロがメイクを担当して納得いく写真が撮れるまで撮影してくれるので、人気が高いです。

気に入った写真が手元になく、お金を出して写真を撮ってもらうのにも抵抗がある場合は、行きたい場所や思い出の場所に旅行に行き、そこで自分が映り込んだ記念写真を撮るのもひとつの方法です。

遺言書を作成

エンディングノートと遺言書の大きな違いは、法的拘束力の有無です。家族へのメッセージなどはエンディングノートでもよいですが、遺産相続について、また第三者へ寄贈したい遺産などがある場合には、遺言書でないと法的拘束力がありません。残される家族が相続トラブルに巻き込まれないよう、遺言書を作成しておくことも大切です。

また、遺言書は、遺言執行者の指名や遺産相続の理由など、書くべき内容や決まった方式を守らないと無効になってしまう可能性があります。トラブルを防ぐためには、弁護士などの専門家に相談してアドバイスを受けながら遺言書を作成するのがおすすめです。

介護施設や葬儀場、霊園を見学する

体が不自由になったり認知症になったりしたときのために、あらかじめ介護施設などを確認しておくことも終活における立派な行動のひとつです。

また、自分のお墓や供養などについても考える必要があります。先祖代々管理しているお墓がない場合は、新しくお墓を立てるのか、それとも納骨堂などでの永代供養にするのかといったように、お墓に対する問題を元気なうちに解決しておくと後々困らずに済むでしょう。霊園や納骨堂を前もって自分で訪れ、気に入ったら生前購入しておくと、遺族の負担を減らせます。

専門家に相談する

ここまで、終活においてやるべきことをご紹介してきましたが、遺言書の作成をはじめ全部ひとりで行うのが難しいことも少なくありません。そうした場合は、終活の経験が豊富なプロに相談するのもおすすめの方法です。

無料相談窓口や専門のカウンセラーを置いている会社もあります。一人ひとり異なる家族事情や終活に対する疑問を気軽に相談でき、アドバイスをくれるので、終活に関する不安や心配の解消へとつなげることが可能です。例えば、以下のような会社もあるので、お悩みの際に相談してみてはいかがでしょうか。

関連サービス:専門用語を使わない 相続・遺言・後見相談室 日本相続知財センター WEB:http://yukari-tokyo.jp/
えらべる倶楽部で専門用語を使わない 相続・遺言・後見相談室 日本相続知財センターを利用する
関連サービス:遺品整理のキーパーズ WEB:https://keepers.jp/
遺品整理のキーパーズを利用する

まとめ

まとめ

いかがでしかた?終活は自分のために行うだけでなく、残される人たちに迷惑をかけないことや、トラブルに巻き込まれないために行うという、思いやりの意識による行動だという側面があります。終活を始めるタイミングはそれぞれですが、早いに越したことはありません。自分のペースで進めながら心配や悩みがある際はプロに相談するなどして、自分のペースで終活を進めていきましょう。

関連記事