新しい寄付のカタチ「ふるさと納税」とは?概要やメリットをご紹介

新しい寄付のカタチ「ふるさと納税」とは?概要やメリットをご紹介

「ふるさと納税」を行う人が年々増えています。ふるさと納税が人気となっている理由のひとつは、その土地ならではの返礼品が受け取れること。ふるさと納税でしかもらえない高級な肉や海産物、フルーツやお酒などが目当ての人も多いでしょう。しかし、ふるさと納税には他にもメリットがたくさんあるのです。この記事では、ふるさと納税のメリットについて解説します。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、自身の好きな自治体に対して寄付を行う制度のこと。納税という言葉が使われているため税金を納めるイメージがありますが、実際は納税でなく寄付に該当します。

自治体の収入の多くは税金で賄われていますが、小さな自治体の場合、大きな税収を継続的に得ることが難しいのが現状です。しかし、医療や子育てなど現行の住民サービスをやめたり、サービスの質を下げたりすることはできません。そのため、税収以外の収入源を確保することは、自治体にとって大きな課題なのです。

そんな課題を受けて、2008年に始まったのがふるさと納税。この制度によって、日本中どこに住んでいても、故郷や思い入れのある土地に寄付ができるようになりました。

ふるさと納税の寄付金はどのように使われる?

ふるさと納税の寄付金はどのように使われる?

全てに該当するわけではありませんが、ふるさと納税の寄付金の用途は、寄付した人が指定できるようになっています。

寄付をする人のなかには、「故郷の文化や伝統を守るために寄付金を使って欲しい」「寄付金を自然保護に役立てて欲しい」「住みやすい街づくりをしている市区町村を応援したい」などと思う方もいるでしょう。このような要望に応えるため、ふるさと納税では寄付金の用途を事前に用意された選択肢から選べるようになっています。

自分の好きな自治体に対して、指定した用途で寄付金を使ってもらえることも、ふるさと納税の特徴のひとつです。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリット

総務省の調査では、ふるさと納税は今や毎年5,000億円に近い金額が寄付されているという結果が出ています。これだけ多くの金額が寄付されるのだから何かメリットがあるのでは、と考えますよね。

ふるさと納税を行う理由は人によってさまざまですが、ふるさと納税の主なメリットは以下の3つです。

● 返礼品
● ポイント付与
● 税金の控除

ふるさと納税で得られるメリットについて、それぞれ見ていきましょう。

メリット1:返礼品

ふるさと納税のメリットの1つ目は、食肉・野菜・果物といった地域の名産物を寄付の返礼品として自治体から送ってもらえること。選択肢は名産品などの食べ物に限らず、漆器・ガラス・織物などの工芸品を返礼品として選ぶことも可能です。中には現地の温泉旅館やホテルの宿泊券など、観光に使える返礼品も用意されています。

寄付金の金額によって選べる返礼品は異なります。返礼品の還元率は30%と規定されていますが、一般的なお店や通販で購入するときの価格と比べてお得な場合も少なくありません。

旅行がお得になる返礼品がもらえる「きふたび」

ふるさと納税では、旅行やイベントに関する返礼品もたくさん用意されており、どれも人気を博しています。自分の好きな土地に寄付を行うだけでホテルや旅館の宿泊招待券を送ってもらえることは、ふるさと納税の大きな魅力だといえるでしょう。

「きふたび」というサイトでは、このような「旅」で利用できる返礼品を掲載。温泉スパやマッサージ、お食事券などから、一風変わったものでは乗馬や気球遊覧や、伝統体験などの体験型アクティビティの利用券などもあります。いつもの旅をちょっとグレードアップしたい方や、未踏の観光地をお得に旅したい方はぜひチェックしてみてください。

日本の匠の技を楽しめる返礼品がもらえる「わざもり」

「ふるさと納税をしたいけど、食品などの名産物や旅行や観光にはあまり興味がない」という方も、中にはいることでしょう。そんな方に最適な返礼品が工芸品です。織物や木工品、漆器や金工品などの工芸品も返礼品の対象に含まれています。

ふるさと納税の返礼品で工芸品を探すなら、「わざもり」というサイトがおすすめです。「わざもり」では、全国の有名な陶器やガラス、織物など、多彩な工芸品の返礼品を探せます。店舗などでは販売していないオリジナル制作の工芸品も掲載されているので、他の人への贈り物にしても喜ばれるでしょう。

メリット2:ポイント付与

航空会社のマイルやクレジットカードのポイントなどを、普段から貯めている人も多いでしょう。ふるさと納税を専門に扱うサイトの中には、寄付した金額に応じてポイントを貯めることができるサイトもあるのです。このポイントは、貯めるだけでなくもちろん使うこともできます。

ポイントの使い方は、ふるさと納税のポイントを通販サイトでの支払いに利用する、あるいはポイントと商品を交換する、などです。返礼品では扱っていない家電や商品券などと交換できるサイトもあるので、ポイントを上手く活用することも検討してみましょう。

メリット3:税金の控除

ふるさと納税は、所得税・住民税などの控除を受けられる点も大きなメリットです。ふるさと納税を行うと、寄付した金額のうち2,000円を超えた分の金額を、その年度の所得税と翌年納付する住民税から控除できます。

控除額は、ふるさと納税を行う本人の収入や家族構成によって上限が異なります。たとえば、年収300万円のひとり世帯では、年間28,000円の控除が可能です。なお年収が上がるほど、最大控除額も大きくなります。

ふるさと納税のサイトでは、家族構成や収入をフォームに入力することで、どれだけ寄付するとよいかシュミレーションできるサイトもありますので、初めて寄付をする方は、ぜひ一度確認しておきましょう。

まとめ

まとめ

いかがでしかた?ふるさと納税には「返礼品」「ポイント付与」「税金の控除」という3つのメリットが存在します。そして、寄付金の用途を指定できることもふるさと納税の特徴。「寄付金を自然保護に役立てて欲しい」「寄付金を地域の観光のために使って欲しい」といったように、寄付金の用途まで指定できます。これを機に、ふるさと納税を行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事