レンタカーを上手く活用するとおトクがたくさん!用途や楽しみ方を徹底解説

レンタカーを上手く活用するとおトクがたくさん!用途や楽しみ方を徹底解説

自動車を利用する場合には、自動車を購入する以外に、「借りる」という方法があります。経済的な負担を考えた場合に、自動車を借りることにはメリットがたくさん。自動車を借りる方法としては、レンタカーやカーシェアリングの利用が挙げられるでしょう。今回は、レンタカーの魅力や活用方法、おすすめのレンタカーサービスについて解説します。

コロナ禍でレンタカーが注目されている

コロナ禍でレンタカーが注目されている

コロナ禍における3密回避の移動手段として、レンタカーの利用に注目が集まっています。また、交通手段が発達している都心部で自動車を保有することは、駐車場料金やガソリン代などの維持費を考えると非経済的であることも理由のひとつです。長期間の旅行などの機会にしか自動車を利用しないのであれば、レンタカーの利用で充分だと言えるでしょう。

複数人で1台の自動車を使う「カーシェアリング」という利用形態もあります。しかし、先に利用の予約が入っている場合には長時間利用することができない、車内清掃がきちんと実施されていないなどのデメリットがあり、清潔な自動車を好きなタイミングで使いたい方はレンタカーを選んでいるようです。

レンタカーの魅力とは?

レンタカーの魅力とは?

マイカーを保有すれば、いつでも好きな時に車を利用できます。しかし、乗らない間も、維持のためにコストや手間がかかるのはマイカーのデメリットだといえるでしょう。レンタカーなら、そのような心配は不要。ここでは、レンタカーの魅力を詳しく説明します。

好きな車種に好きなタイミングで乗れる

軽自動車から高級外車まで、自分の好きな車種を選んで利用できるという点が、レンタカーの大きなメリットでしょう。マイカーやカーシェリングの場合は、たまには違う車種に乗りたくなっても実現できません。レンタカーの場合はレンタカーサービスで用意されている車種であれば、自分の好みの車種を選ぶことができます。

また、レンタカーは、レンタル前に清掃やメンテナンスがしっかりと施されています。いつどのタイミングで利用したとしても、メンテナンスの行き届いた車を使用できるのもメリットです。

経済的な負担が少ない

マイカーを所有する場合、車両の購入費用の他にも自動車税や重量税といった税金、自賠責保険や任意保険の保険料、駐車場代、車検代など、さまざまな維持費が発生します。

金額としては、5ナンバーの小型乗用車の場合で年間40~50万円程度。毎月約4万5千円が必要と考えると、レンタカーであれば同等の車種を、6~7日間利用できる計算になります。

また、レンタカーの点検整備は、省令により一般車両よりも短いサイクルでの実施が義務となっています。そのため、安心して利用できるでしょう。

レンタカーの活用法

レンタカーの活用法

レンタカーを利用する場面というと、旅行先や出張先というイメージを持っている人が多いかもしれません。実際には、日常的な買い物や定期的な送迎など、日常的に利用されているケースも少なくありません。ここでは、レンタカーの活用方法をご紹介します。

旅行・レジャー

レンタカーは、利用目的や乗車人数などに応じて車種を選べることも大きな魅力。シーンや同乗者ごとにおすすめなレンタカーをご紹介します。

・家族旅行や大人数の旅行
多くの人数でもゆったり乗ることができ、サイズに余裕があるミニバンやワゴンなどがおすすめです。

・キャンプやスキーなどのアウトドア
大容量のミニバンや走行性能が高いSUVなどがおすすめです。

・ちょっとした買い物やデート
小回りがきいて運転しやすいコンパクトカーや軽自動車などをおすすめします。また、ちょっと奮発したデートで利用するのであれば、非日常感を演出できるスポーツカーや高級車を利用してみるのもよいでしょう。

引越し

引っ越しなどの荷物を運搬する場合には、引っ越し業者に依頼するケースが多いかもしれません。しかし、場合によってはレンタカーで済んでしまうこともあります。「引っ越し費用をかけずになるべく安く抑えたい」「近い距離へ引越しする」「運ぶ荷物の量が少ない」「引っ越しを手伝ってくれる人がいる」といったケースでは、レンタカーを利用した引っ越しがおすすめです。

また、引っ越し業者の繁忙期にかかると予約ができなかったり、引っ越し費用が高額になったりすることがあります。レンタカーなら、自分の引っ越しのタイミングに合わせられるのでとても便利です。

レンタカーを利用するときのポイント

レンタカーを利用するときのポイント

主要な駅の近くにはレンタカーサービスを営む会社も多いことも、レンタカーの大きなメリットです。借りた店舗と異なる店舗に返却する「乗り捨て」ができる場合も多く、車両の空きさえあれば、都合に合わせてレンタル場所と返却場所を選べます。乗り捨てできれば、旅行や出張の行程を大きく変更する必要がありません。

たとえば、遠隔地の旅行先において自動車を利用する場合、行き帰りの移動は公共交通機関を利用して手早く移動し、旅行中はレンタカーを利用して移動する、といった使い分けも可能です。

おすすめのレンタカーサービス

おすすめのレンタカーサービス

カーシェアリングサービスが拡大している環境下においては、レンタカーサービス各社の利用者獲得競争も激しくなっています。そこで、レンタカーサービス各社は様々なキャンペーンなどを打ち出し、顧客の獲得に繋げようとしているのです。

ここでは、ニッポンレンタカーとタイムズカーレンタルの2社のレンタカーカーサービス会社を取り上げて、それぞれのおすすめポイントを解説します。

ニッポンレンタカー

ニッポンレンタカーは全国に850拠点もの店舗を保有しており、扱っている車種が多いのが特徴です。国産車と外車の乗用車はもちろん、バスやキャンピングカーなどもレンタル可能。レンタル店舗と返却店舗を都合に合わせて選びやすいのもメリットです。

スマホなどのモバイル端末からでも申込可能となっており、インターネット予約であれば1時間前の申込も可能です。また、No.1クラブメンバー制度に登録すれば、マイレージのポイントに加えて、基本料金が5~10%割り引かれることになり、クーポンの特典なども受けることができます。

タイムズカーレンタル

タイムズといえば、駅前にある時間貸しのワンコイン駐車場で断トツのシェアを誇るタイムズカーシェアで有名ですが、実はセットでレンタカーサービスの提供も行っています。レンタルできる車種は、コンパクトカーからSUV、ワゴンなど多岐にわたり、マイクロバスやトラックなどもレンタル可能です。

全国に約440拠点の店舗があり、タイムズカーシェアのカーステーションである約2,000もの拠点を活用した「ピッとGoデリバリーサービス」や、空港までのワンウェイサービスといった独自のサービスを展開。マツダ系の車種が多いのが特徴です。

まとめ

まとめ

いかがでしかた?マイカー保有に比べ、利用頻度によってはレンタカーサービスの方がコスト面で有利になる場合が少なくありません。また、レンタカーサービスなら、利用目的や利用人数などによって適した車両を選択できるという点もメリットです。次に遠出をする際は、ぜひレンタカーサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

関連記事